平成15年4月に茨城県内で女性を暴行したとして、水戸地検は30日、強姦罪と強姦未遂罪で茨城県小美玉市の解体業、富田和広容疑者(43)を起訴した。富田被告は今月10日に別の女性に暴行しようとしたとして茨城県警石岡署に強制わいせつ容疑で逮捕されていたが、DNA鑑定により犯行が発覚。4月1日午前零時の時効成立目前での起訴となった。

 同地検によると、富田被告は15年4月1日に県内で女性に暴行、20年11月30日にも別の女性に暴行しようとしたなどとしている。石岡署は20年の事件で富田被告を逮捕したが、15年の事件は今年2月19日に容疑者不詳のまま、書類送検していた。

 同地検は20年の事件の慰留物をDNA鑑定したところ、15年の事件のDNAと一致。時効が迫っていることから30日に起訴した。

【関連記事】
防衛大生3人逮捕 女性に暴行未遂容疑
スタッフ女性暴行 イラン人俳優賠償命令
女性10人暴行の男を再逮捕 大阪
女性暴行・致傷の男を起訴 宇都宮地検
韓国人選手が女性暴行 野球独立リーグ
あれから、15年 地下鉄サリン事件

鳩山首相の母が上申書「子を助けるのは当然」(読売新聞)
「日韓併合まで朝鮮近代化できず」枝野行政刷新相(読売新聞)
<蘭越母子殺傷>被告に無期懲役の判決 札幌地裁(毎日新聞)
“昼宴会” ちょっとお得・集まりやすい…人気(産経新聞)
<立山黒部アルペンルート>雪原にくっきり「蛇」(毎日新聞)
AD