東京・浅草の三社祭(14~16日)の見物客から財布を盗んだなどとして、警視庁は17日、東京都台東区日本堤2、無職三戸康司容疑者(70)ら男女計3人を窃盗や窃盗未遂の疑いで現行犯逮捕したと発表した。

 逮捕は15、16日。主催者発表によると、三社祭は3日間で昨年より約17万人多い約162万人の人出を記録。同庁はスリが多発する恐れがあるとみて警戒を強めていた。

 発表によると、三戸容疑者は15日午後1時20分頃、同区の浅草寺境内で、神輿(みこし)を見学していた男性(61)のズボンの尻ポケットから現金8000円入りの財布を盗んだ疑い。

 他の2人は財布を盗もうとした瞬間を捜査員に見つかり、窃盗未遂容疑で現行犯逮捕された。

 三戸容疑者は約50年前から電車内でのスリを専門にしており、同庁の捜査員の間では名を知られた存在だったという。調べに対し、「最近は体力の衰えから、雑踏でのスリに切り替えていた」と供述しているという。

<口蹄疫>カバと触れ合い中止 人気イベントお預け(毎日新聞)
国会法改正案 野党が対応協議(産経新聞)
小沢氏、消費税増税の参院選への影響「そういう議論してない」(産経新聞)
口蹄疫 10キロ圏の全家畜処分 政府決定(毎日新聞)
回転ずしで魚離れ阻止=国産ネタで自給率向上―水産白書(時事通信)
AD