自民党の舛添要一前厚生労働相は17日午前、離党届を提出した鳩山邦夫元総務相との連携に関し、「政治家にとって政策が基本。政権を倒すためにどうするかが主眼で、新党をつくるとか、誰と組むとか先にやるからおかしくなってしまう」と述べ、距離を置く考えを示した。党本部で記者団に語った。
 これに先立ち、舛添氏は自らが主宰する「経済戦略研究会」の会合を開催。出席者からは「考え方の違う鳩山さんから秋波を送られて、あたかも応えているかのような印象(を与えること)は避けてほしい」(山本一太氏)と、構造改革路線に否定的な鳩山氏とは同調しないよう求める声が相次いだ。 

【関連ニュース】
新党結成へ持久戦覚悟?=自民内からは批判噴出
総務相が再び遅刻=野党側の反発で流会
首相、離党の邦夫氏にエール=本会議場で会話
同調者確保に本格着手=与謝野、平沼氏らに接触
園田氏インタビュー要旨

外国人医師の規制撤廃、仙谷氏が検討表明(読売新聞)
青魚でPTSD緩和 DHA摂取 予防効果?(産経新聞)
<たまゆら>「申し訳ない」理事長、保釈後初めて語る(毎日新聞)
月末の日米外相会談で提示せず=普天間移設先-平野官房長官(時事通信)
「エコポイントは私の理論」??? 巨額詐欺事件のL&G元会長(産経新聞)
AD