志村新八

テーマ:
銀魂?> 銀魂の登場人物一覧?> 志村新八志村新八(しむら しんぱち)は、空知英秋作の漫画『銀魂』に登場する架空の人物で、本作の準主人公。アニメ版の声優は阪口大助。プロフィール身長:166cm体重:55kg8月12日生まれ年齢:16歳人物性格侍魂を学ぼうと銀時の元で働く、眼鏡をかけた一見気弱そうで地味な少年。登場人物の中では貴重なツッコミ担当。通称は「ぱっつあん」、女装時の名称は「パチ恵」(その時の髪型はおさげだが、吉原炎上篇では前髪を結んでいるだけ)。一人称は基本的に「僕」で敬語を使うが、たまに「俺」になることがある。基本的に純粋で優しく、誠実な心の持ち主だが、万事屋の他の二人と一緒に悪ノリをする事もある。銀時の最高の理解者でもあり、作中では語り部になることも多い。万事屋の面々の中では一番常識人なので依頼人の交渉にあたる事も多い。普段は礼儀正しい少年であるが、ツッコミに関しては容赦がない。なお単行本ではあらゆるキャラは新八をベースにしてできている事が明かされている。非凡な人間が多い環境のせいで、自身の存在を忘れられたり、「ダメガネ」(「駄目なメガネ」の略)や「ヘタレ」などと揶揄される存在。最近では周囲からメガネの方が新八の本体だと認識されるありさま。しかし、数少ない常識人としてのツッコミを入れる能力に長けており、銀時達も重要視している。実家が「恒道館」という剣術道場で幼い頃から修行していた為、剣術の腕前はなかなか高い。[1]銀時からも「お前(新八)は遣れば出来る子だと思った」と言われるように、一人の侍として認められている面もある模様。加えて真選組の面々からもそれなりには評価されている。不意打ちとはいえ、真剣で紅桜ごと似蔵の片腕を斬り落とし、銀時の窮地を救った事もあった。その反面、神楽からは「産まれ立ての仔馬より弱っちい」と貶されている。また竜宮城では一般人の戦闘力が360K(1Kにつき昆布1枚分の戦闘力)なのに対し、362kと一般人より昆布2枚分強いことが判明した。真剣での勝負は経験不足が難点。また鼻フックが得意技で応用技も多い。極度な近視ではなくメガネが無くても行動出来ない訳ではないが、対戦などでは掛けて居た方が実力が出せるようである。また、寺門通OFC篇では、ポケットにタバコを入れていることや口調などから、トッシーに扮した土方であると見抜いたことから、観察、洞

<器物損壊>墓石44基壊される 名古屋(毎日新聞)
夜景も自然も堪能 六甲山に新展望台(産経新聞)
大阪・和泉市 市道整備事業で違法支出 入札、議決なく新グラウンド(産経新聞)
【島の風景2010】隠岐・島後 島根県(産経新聞)
前原氏「自浄能力必要」=千葉氏「刑事責任なら重い」-小沢氏進退(時事通信)
AD