新潟県の泉田裕彦知事は10日、今月末で任期満了となる小熊博副知事の退任を認め、後任に国土交通省の大野裕夫運輸安全政策審議官を起用する人事を固めた。2月議会での選任同意を経て、4月1日付で発令する予定。 

【関連ニュース】
路線バスにひかれ3歳児死亡=運転手を現行犯逮捕
無罪判決に検察側控訴=大分強盗殺人
当て逃げ事故で3人死傷=逃走の男、パトカー盗み逮捕
民主党の公認・推薦候補

2010年度診療報酬改定を告示(医療介護CBニュース)
小沢氏関連団体 4億超、現金で保管 7~19年 資金移動隠す?(産経新聞)
<朝まで生テレビ>田原氏発言「問題あり」BPO(毎日新聞)
日本アイ・ビー・エム、証券監視委が強制調査(読売新聞)
三遊亭楽太郎さん 六代目円楽を襲名(毎日新聞)
AD
 日本医療政策機構は3月10日、同機構が実施した「がん患者意識調査」に関するメディアワークショップを開いた。同機構の市民医療協議会がん政策情報センターの埴岡健一センター長は、「なかなか現場には、がん医療のトータルなケアが届いていない。それを急いで巻き返す必要がある」と述べ、今回の調査結果を参考にしながら、政策を立案していく必要性を強調した。

 「がん患者意識調査」は、がん関連の患者団体に所属しているがん患者・経験者とその家族・遺族を対象に、昨年11月13日-12月末に実施。がん患者の声ががん医療政策に反映されているかや、がん患者が必要と考えるがん施策などについて質問し、有効回答数は1618件だった。

 この中で、昨年3月に厚生労働省のがん対策推進協議会が取りまとめた「平成22年度がん対策予算にむけた提案書~元気が出るがん予算~」に掲げられた70本の施策について、「あなたが必要性が高いと思われるものを10項目まで選んでください」と質問したところ、最も多かった回答は「がんに関わる医療従事者の計画的育成」(629人)。以下は「副作用に対する支持療法のガイドライン策定」(562人)、「長期療養病床のがん専門療養病床への活用(モデル事業)」(555人)などと続いた。

 調査結果は、11日に開かれるがん対策推進協議会のワーキンググループの提案書の参考資料として提出される予定だ。

 埴岡氏は、同日のがん対策推進協議会に、同じ70本の施策について医療従事者などを対象に行った別のアンケートの結果が提出されることを明らかにし、「それを突き合わせると非常に面白い」と指摘。両方で上位に選ばれているもの、片方のみで選ばれているものを検証し、両者が対話することの必要性を強調した。


【関連記事】
疼痛ケア「受けたことない」が約6割
がんの情報提供、「上から目線」から「患者目線」へ
がん診療連携拠点病院、新たに15施設を指定へ
がん「患者必携」、5割超が「有料でもほしい」
「がん情報サービス」認知度は2割-内閣府のがん対策世論調査

女子高生につきまとい容疑、警部補を逮捕(読売新聞)
海を渡った日本の絵本(産経新聞)
額賀派がパーティー=野党になって出席者半減-自民(時事通信)
自民党 執行部批判、身内から続々(毎日新聞)
<阿久根市長>毎日新聞など5社を名指し批判 議会出席拒否(毎日新聞)
AD
 鳥取地裁で2日に判決があった鳥取県米子市で起きた強盗殺人事件の裁判員裁判で、裁判員を務めた30代の会社員男性が毎日新聞の取材に応じた。被害者が2人のため、裁判員裁判で初めて死刑求刑の可能性があったが、求刑は無期懲役。判決も同じだった。男性は「裁判から離れた今、遺族、被告それぞれの立場を考えると胸が締め付けられる」と複雑な心境を吐露した。

 男性は選任前、「不安しかなかった」と振り返る。だが、実際に法廷に出て、報道では知り得なかった証拠や資料などに目を通し、被告や遺族の話を聞いた後は、「『もし死刑が求刑されたら』とかいったん迷いが出たら、裁判員の責務が果たせない」と覚悟ができたという。「被告の立場を理解したうえで、遺族の悲しい気持ちも分かった。でも、それにとらわれすぎると迷いが出る。公判を重ねるうちに、すべてを公平に見ようと思うようになった」と話す。

 延べ3日間の評議では、裁判員同士で量刑に関する疑問などを打ち明け、裁判長に質問するなどしたという。

 裁判終了後、地裁から、心のケアのための相談電話の番号が書かれた紙を渡された。男性は「自分には必要ない」としながらも、「裁判員によっては、1人の生を終わらせてしまうかもしれないことに、恐怖を感じていたかもしれない」と思いやった。【宇多川はるか】

【関連ニュース】
裁判員裁判:初の「心神喪失で無罪」主張 東京の放火事件
裁判員裁判:強殺事件の被告に無期懲役判決 鳥取地裁
裁判員裁判:裏切られた 保護観察中に窃盗、実刑に
裁判員裁判:検察側は無期懲役求刑 鳥取強殺事件
サンデーらいぶらりぃ:小林 照幸・評『死刑の基準 「永山裁判」が遺したもの』堀川惠子・著

【1都4県週刊知事】神奈川 松沢成文知事 求職高校生を激励(産経新聞)
北教組幹部逮捕 日教組書記長「法令遵守呼び掛けたが残念」(産経新聞)
インフルでの入院、6週連続で減少(医療介護CBニュース)
A香港型、4か月ぶりに検出―インフルエンザ(医療介護CBニュース)
吉本興業に再び脅迫状「どこに居ても、いつでも 手は届くぞ」(産経新聞)
AD