小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる事件で、東京地検特捜部による元公設第1秘書大久保隆規被告(48)に対する18日の事情聴取は、約4時間にわたり行われた。大久保被告が起訴前の取り調べでの供述を維持し、小沢氏の関与を否定したため、供述調書は作成されなかったという。
 小沢氏側関係者によると、事情聴取は東京地検で、午後5時45分ごろまで約4時間行われた。
 大久保被告は起訴前の取り調べで、衆院議員石川知裕被告(36)らによる虚偽記載を了承したことは認めたが、小沢氏の関与は否定したとされる。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

暴走投稿の男に有罪=動画サイトで違反判明―和歌山(時事通信)
田島みわ氏が三社祭で始動(スポーツ報知)
フラれそう。距離を置かれた。浮気された。・・・・・・それでも、まだ間に合います(マーチン)
小沢氏、3回目聴取=事件関与、改めて否定―陸山会虚偽記載・東京地検(時事通信)
暴力団と不適切交際で警官2人を懲戒免職 奈良県警(産経新聞)
AD