千葉県茂原市のごみ処理施設「長生郡市環境衛生センター」で、コンクリート壁とアスファルトの地面のわずかなすき間から伸びたシクラメンが濃いピンクの花を咲かせ、職員らを驚かせている。

 計量所の一角で、吹きだまりのような場所。運び込まれるごみに種が入っていたのか、いつの間にか雨水を頼りに根を張った。数年前からこの時期になると毎年開花するという。

 「内気」「はにかみ」「遠慮」という花言葉を思わせる場所に咲いたシクラメン。世話する人がいなくても、名曲の歌詞にある「疲れを知らない子供のように」たくましく育っている。【吉村建二】

【関連ニュース】
菰野町のシクラメン農家・増田康典さん /三重

全日空機が引き返す=新千歳空港(時事通信)
東北の歯科技工士、嘆息 薄利と長時間労働で若手離職(河北新報)
<押尾被告事件>MDMA譲渡の友人に実刑 東京地裁判決(毎日新聞)
事前面接の解禁見送りを正式決定、派遣法改正案(産経新聞)
石川県知事に谷本氏5選=茨城の橋本氏と並び現職最多(時事通信)
AD