民主党の輿石東(あずま)参院議員会長は10日午前の参院議員総会で、外務省の有識者委員会が核の持ち込みに関する日米間の「密約」を認めたことについて、「政権交代の成果の一つだ」と自賛した。

 また、廃止した党政策調査会に代わる議員政策研究会の設置が決まったことについて、「政策研究会という形で(党内の)不満を吸収していこうと役員会で決定した」と報告し、党所属議員の間で政策決定に関与できない不満が高まっていたことを認めた。

【関連記事】
「日米関係に影響ない」 密約問題、米政府は静観の構え
「密約」報告書 非核三原則の見直し図れ 検証を同盟の未来に生かそう
ギリギリの交渉 72年のニクソン-佐藤会談
核密約を追認?否定? 鳩山政権の「軽さ」象徴
密約暴くことが目的? 非核三原則見直さず
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

日弁連会長に宇都宮氏、路線転換訴え主流派破る(読売新聞)
沖縄振興、新計画は期間短縮=前原担当相(時事通信)
調査捕鯨妨害 「昭南丸」侵入容疑で拘束の男逮捕へ 海保(毎日新聞)
桜植樹、月内にも300本達成へ、大阪の実行委(産経新聞)
「ヒト型」に変異で患者増も―新型インフルで感染研・安井主任研究官(医療介護CBニュース)
AD