鳩山由紀夫首相は26日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設に反対する沖縄県民大会に約9万人が集まったことについて「民意の一つの表れだと理解している」と語った。その上で、「沖縄の皆さまの負担軽減、そして普天間の危険除去を何としても実現したい」との考えを重ねて強調した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】沖縄と米国海兵隊~普天間問題の背後にあるもの~
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

【高速道路新料金】前原国交相反論「方針通り進める」(レスポンス)
「陸山会」事件で民主、検察審査会の判断注視(読売新聞)
愛子さま「毎日ご通学」(産経新聞)
<参院選>ネット選挙解禁に向け協議機関設置 与野党一致(毎日新聞)
<愛知5人殺傷>ネット競売で借金300万円 警察に父相談(毎日新聞)
AD