防衛省の長島昭久政務官は20日午前の参院外交防衛委員会で、10日に沖縄近海を通過した中国艦艇のその後の動向について「沖ノ鳥島(東京都小笠原村)の西方海域で引き続き活動している」と述べ、艦艇が同島の近海にいることを明らかにした。その上で、「自衛隊の艦艇や航空機が必要な警戒監視体制を継続している」と述べた。

  [フォト]沖ノ鳥島近海に「本格進出」 中国海軍が長期演習

 一方、中国艦艇が同島を1周するように航行していた問題には「防衛省として事実は確認していない」と述べるにとどめた。佐藤正久氏(自民)への答弁。

【関連記事】
沖縄通過の中国艦艇、その後に沖ノ鳥島近海へ
防衛省、中国艦艇通過で警戒・監視を継続
戦略概観 中国が地球規模の大国に台頭
増強中国 「2位」の脅威
中国の「沖ノ鳥島は岩」に対抗を 国交相講演

18日も16便欠航=火山噴火の影響続く-日航・全日空(時事通信)
一部が殺害ほのめかす=一家3人遺体事件-長野県警(時事通信)
住商、JCOMの筆頭株主に(産経新聞)
NPOなど先遣隊派遣=相次ぐ医療支援の動き-中国青海省地震で(時事通信)
窓口の明細書発行、入金機利用が大半なら希望者のみで可(医療介護CBニュース)
AD