能楽シテ方観世流の人間国宝、片山幽雪さん(79)の長男清司さん(45)が来年1月1日、十世片山九郎右衛門を襲名することが16日、明らかになった。

 京都市内であった幽雪さんの文化功労者顕彰を祝う会の席上で発表された。「九郎右衛門」は江戸時代から続く京都の能の名門、片山家の当主の名前。幽雪さんが昨年末まで九世を継いでいたが、観世流宗家から贈られた「幽雪」を今年から名乗っていた。清司さんは気鋭のシテ方として将来を担うホープ。芸術祭新人賞などを受賞。

【関連ニュース】
狂言:250人が堪能 ミッドランド3周年で
訃報:河村禎二さん86歳=能楽シテ方観世流職分
訃報:仙田理芳さん71歳=能楽師、金春流シテ方
訃報:仙田理芳さん 71歳=能楽師、金春流シテ方
遊ナビ:能 /東京

<東アジア共同体>5月末にまとめ 首相が指示(毎日新聞)
<訃報>葉山峻さん76歳=元民主党衆院議員、元藤沢市長(毎日新聞)
【Web】18歳未満にみえるキャラ=「非実在青少年」?(産経新聞)
JR脱線で重傷の近大生卒業 長いリハビリ乗り越え 「人の役に」新たな一歩(産経新聞)
「エネファーム」家庭で夢の発電 エコ+高い熱効率…低価格化に課題(産経新聞)
AD