野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いは資格の認定団体の違いになります。

野菜コーディネーターは一般社団法人・Whole Food(ホールフード)協会が認定します。

野菜ソムリエは日本野菜ソムリエ協会が認定します。

「野菜コーディネーター」資格は、「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すればもらえます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は通信教育講座なので、ライフスタイルや勤務スタイルに合わせて受講できます。

通信教育講座のメリットは、会社勤務・家事・育児に忙しい女性でも受講を続けられることです。

野菜ソムリエの資格を取得する方法は、日本野菜ソムリエ協会の講座を修了することです。

野菜ソムリエの資格取得には、野菜コーディネーターのような通信教育講座はありません。

次に、野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いについて紹介します。

1)ホールフード協会の野菜コーディネーター

野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いを知るためには、野菜コーディネーターの資格について知ることが大切です。

野菜コーディネーターは一般社団法人・Whole Food(ホールフード)協会が認定する民間資格です。

野菜や果物の種類や選別・保存・調理の方法や美味しいレシピの知識と技能を持っている証明になります。

資格の認定を受けるためには、一般社団法人・Whole Food(ホールフード)協会が認める講座を修了する必要があります。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座(通信教育)は、ホールフード協会の認定講座です。

「がくぶん」の通信教育教材は、一般社団法人・Whole Food(ホールフード)協会代表の「タカコ ナカムラ」が監修しています。

2)日本野菜ソムリエ協会の野菜ソムリエ

野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いを知るためには、野菜ソムリエの資格について知ることが大切です。

野菜ソムリエは日本野菜ソムリエ協会が認定する民間資格です。

野菜ソムリエの資格を取得するために必要なことは、日本野菜ソムリエ協会が実施する通学講座を受講して会場試験に合格することです。

野菜ソムリエコース(通学講座)を修了すれば受験資格が得られます。

野菜ソムリエの一次試験と二次試験を会場で受験します。

野菜ソムリエコースの受講資格はジュニア野菜ソムリエ資格を所持していることです。

3)認定資格の比較検討

野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いは、通学講座受講と通学講座が大きいですね。

資格取得の違いは、通学&通信講座スタイル・受講資格・会場試験の有無・取得費用・認定資格更新などです。

・通信教育講座は野菜コーディネーター、通学講座は野菜ソムリエです。

・野菜コーディネーターには受講資格無しですが、野菜ソムリエの受講資格はジュニア野菜ソムリエになります。

・通信教育講座の修了で野菜コーディネーターを取得できます。

・野菜ソムリエ資格取得には、指定講座修了と一次&二次の会場試験の合格が必要です。

・野菜コーディネーターには更新はありませんが、野菜ソムリエは1年に1度の更新があります。
野菜ソムリエには更新料が必要です。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座(通信教育)で野菜や果物のことを学びませんか。

通信教育講座は、ライフスタイルや勤務スタイルに合わせて受講できるのがメリットです。






AD
野菜コーディネーターの通信講座は「がくぶん」にあります。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば「野菜コーディネーター」資格を取得できます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は通信教育講座です。

通信教育講座なので通学は不要です。

講座時間に勤務スタイルやライフスタイルを合わせる必要もありません。

自分の都合の良い時間に自宅で受講できます。

会社勤務・家事・育児などで通学制の講座に通う時間がない人でも通信教育講座ならばOKです。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で、野菜や果物の種類や選別・保存・調理の方法や美味しいレシピを学びませんか。

次に、野菜コーディネーターの通信講座について紹介します。

1)ホールフード協会認定

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は、一般社団法人・Whole Food(ホールフード)協会の認定講座です。

マイペースで野菜や果物の種類や選別・保存・調理の方法や美味しいレシピを学べます。

家事や育児に忙しい女性や会社勤務の女性におススメの通信教育講座です。

自宅でマイペースで、食育・生活習慣病対策・健康・美容・ダイエット・アンチエイジングに役立つ野菜や果物の調理方法を学べます。

通信教育講座で「食」の資格を取得してください。

2)マイペーススタイル

「がくぶん」の野菜コーディネーターの通信講座は自由な学習スタイルで講座を進められます。

自宅でのマイペース学習で資格取得をしたい人は、「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を始めてください。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座(通信教育)をおススメしたい人は次のような人です。

・家事や育児で忙しいので資格取得は無理だと諦めている人

・会社勤務なので通学制の講座へは通えない人

・自宅で資格勉強をしたい人

・子供の食育に関心がある人

・高齢者が元気になる美味しい料理をつくりたい人

・美容・ダイエット効果のある料理をつくりたい人などです。

3)野菜と果物のスペシャリスト

野菜コーディネーターの通信講座で使用する教材は、「タカコ ナカムラ」が監修しています。

野菜と果物のスペシャリストの「タカコ ナカムラ」は、一般社団法人・Whole Food(ホールフード)協会の代表になっています。

「タカコ ナカムラ」のような野菜や果物のスペシャリストになって、「食」の仕事で活躍しませんか。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座(通信教育講座)の教材は、

・カラーテキスト5冊・DVD2巻

・サブテキスト「オリジナル野菜レシピ」

・野菜学習ノート・指導課題集・質問用紙

・学習のためのガイドブックになります。


「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座(通信教育講座)で野菜や果物の種類や選別・保存・調理方法やレシピを学んでください。

養成講座を修了すればWhole Food(ホールフード)協会の認定資格を取得できます。







AD
野菜コーディネーター合格率・合格ラインは、「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座と一般社団法人・Whole Food(ホールフード)協会のホームページで確認できます。

具体的な合格率などは表示してありません。

講座の中の課題の内容から合格ラインなどはだいたい予測できます。

「がくぶん」野菜コーディネーター養成講座を修了してください。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は、一般社団法人・Whole Food(ホールフード)協会の認定講座です。

Whole Food(ホールフード)協会代表の「タカコ ナカムラ」が監修する通信教育教材を使った4ヶ月の講義になります。

多くの受講生は標準受講期間の4ヶ月で野菜コーディネーター養成講座を修了しています。

養成講座を修了すれば「野菜コーディネーター」の資格を取得できます。

次に、野菜コーディネーター合格率・合格ラインについて考えます。

1)野菜コーディネーター養成講座の修了

野菜コーディネーター合格率・合格ラインをクリアするポイントは、野菜コーディネーター養成講座を修了することです。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は通信教育講座です。

通信教育講座の内容は5つのステップに区分されています。

・野菜や果物の基礎知識を学ぶ

・野菜の特徴を学ぶ

・その他の食材の特徴を学ぶ

・野菜とエコライフを学ぶ

・栄養満点の調理方法を学ぶ

・健康レシピを学ぶの5つのステップをクリアすれば講座を修了できます。

ステップごとにレポートの提出があります。

5冊のテキスト内容で学べばレポート作成クリアできます。

2)課題レポートの合格ライン

野菜コーディネーター合格率・合格ラインは、ステップごとの課題レポートに合格点をもらうことです。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は一般社会法人・Whole Food(ホールフード)協会認定なので、学習ステップごとの課題レポートと修了課題があります。

「野菜コーディネーター」の認定資格取得のポイントは、Whole Food(ホールフード)協会の認定試験に相当する「課題レポートの提出」をクリアすることです。

3)資格の合格率・合格ライン

野菜コーディネーター合格率・合格ラインは、Whole Food(ホールフード)協会と「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座の資格紹介で確認してください。

合格率や合格ラインを心配することはありません。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座の課題レポートと修了課題を提出して受理されればOKです。

レポートや修了課題の内容は、

・野菜や果物などの種類

・美味しい食材の選別方法

・長持ちの保存方法

・栄養を効率よく摂取できる美味しい調理方法

・美味しいレシピになります。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了するためには、レポートと修了課題をクリアすることです。

野菜コーディネーター養成講座を修了すれば、一般社会法人・Whole Food(ホールフード)協会の認定資格を取得できます。




AD