• 24 May
    • 画像の無断使用で損害賠償6万円を請求された事例

      写真の無断使用で損害賠償を請求された事例の記事が公開されていましたのでご紹介します。NAVERまとめのライターに無断転載の損害賠償を支払っていただいた件昨年、NAVERまとめにぼくの写真が無断転載されているのを発見し、使用料(損害賠償)を支払っていだだくために発信者の連絡先を問い合わせていることは、これまでにブログで何度か書いてきました・・・ TwitterやFacebookでもたくさんシェアされていますので、きっとご存じの方もいらっしゃるでしょう。この事例は、プロの写真家の方がNAVERまとめのライターに損害賠償請求をしたというものですが、僕は、今後こういうことが頻繁に起こるのではないかと予想しています。つまり、今まで知的財産の権利侵害に耐えてきたクリエイターが、当たり前のように一般のブロガーや記事ライターに使用料や損害賠償請求をするようになるだろうと思います。もしかすると、次はアメブロのブロガーが損害賠償請求されるかもしれません。先日も記事に書きましたが、既に知らなかったでは済まない時代。『画像の無断使用はヤバい!知らなかったでは済まない』写真など著作物の無断利用に関して前は故意でなければセーフな面があったんですが、今はもう知らなかったでは済まない時代になってるんですね。クリエイティブ業務に関わ… 使っていいのかどうかが分かっていない写真をブログで使って、写真家から損害賠償請求される。使っていいのかどうかが分かっていないイラストをブログで使って、イラストレーターから損害賠償請求される。使っていいのかどうかが分かっていないデザインをブログで使って、デザイナーから損害賠償請求される。使っていいのかどうかがわからない文面をブログで使って、著者から損害賠償請求される。そういうことにならないためにも、・自分で撮った写真・自分で描いたイラスト・自分で作ったデザイン・自分で考えた文面以外は、基本的に使わない。それら以外を使う時は、使っても良いと分かっているものを、使っても良いと分かっている形で使うよう心掛けたいですね。ちなみに僕は、有料会員になると、権利侵害などのトラブルが発生した場合、1トラブルにつき50万円まで補償してくれる写真素材サイトの写真を使いまくってます^^

      130
      2
      5
      テーマ:
  • 23 Apr
    • アメピの新規ユーザーの募集を終了しました

      アメピのユーザー様にお知らせです。アメブロのhttps:化と同時に進められているフリープラグインの仕様変更に伴い、https:のページからアメピを呼び出せなくなりましたので、ご利用ユーザー数、リクエスト回数ともに順調に減ってきております。今後は、更にその方向へと進んでいくと思われますので、これから新規でご利用を開始いただいても、長くは使っていただけない可能性が高いと思われます。そこで、本日、アメピの新規ユーザーの募集を終了させていただきました。既にご利用中のユーザー様は、そのままご利用いただけますが、新規ユーザー募集の終了に伴い、貼り付けタグ作成ページの提供を終了させていただきましたので、もし、タグの再作成が必要な場合は、元々のタグ作成ページに記載しております方法をご確認の上ご対応下さい。よろしくお願いします。なお、新規ユーザー募集の終了により、今後は、芸能人ブログでの利用による一日数百万アクセスといった負荷によってサーバー会社様にご迷惑をおかけしてしまいお叱りを受ける心配も無くなりましたので、かねてよりあまり評判のよくなかったアイコンやバナー画像の表示も終了とさせて頂きました。アメピ以前に提供していた幾つかのプラグインで、何度もこういった事態があったため、アメピではこれら画像の表示とリンク(つまり広告)を必須とさせていただいていました。おかげさまで、この出来の悪い広告達は、芸能人ブログでの利用を抑制するには十分な働きをしてくれました(出来が悪いことは関係がないかもしれませんが^^;)。ですが、長らくこれら広告のブログへ表示を甘んじて受け入れてくださった述べ10,000人を超えるユーザー様には、大変ご迷惑をおかけしましたとともに、大変感謝致しております。どうもありがとうございました。なお、現在は、ユーザー様であることの確認の便宜上、タグ貼付け位置に小さな(60X12px)の「amepi.jp」という画像が表示されますが、これも、以下のようなタグを削除していただくと消すことが可能となっております(日本語の部分は文言が違う場合があります)。<a id="amepi_link" href="http://amepi.jp/" target="_blank">簡単便利で無料のアメブロ用プラグイン</a>もし、大きなバナーが表示される場合は、キャッシュの影響と思われますのでF5キーなどで再読込みしてみて下さい。それでは、今後いつまでご利用いただけるのか、アメブロの仕様変更次第となってしまいますが、提供終了まで、どうぞよろしくお願いいたします。

      56
      テーマ:
  • 15 Apr
    • アメブロで利用可能なプラグインは・・・

      アメーバヘルプの「常時SSL化以降、ご利用可能なプラグインについて」に載っているプラグインを色々と試してみたんですが、使えると思って設置してみても、https:で表示すると使えないというものが多すぎで、ちょっと参ってしまいました。Amebaヘルプ|常時SSL化以降、ご利用可能なプラグインについて以下に許可された提供元サービスのプラグイン以外の設置は禁止となり、外部会社が提供するブログパーツなどは設定が行えなくなります。許可された提供元サービスは、随時追加して参ります。 [ブログカード風リンクタグ作成]試したもの動画とか、地図とか、そういうのはたぶん大丈夫なんだろうと思うので、その他の実用ツール類をいくつか試してみました。いずれも、ヘルプの「ご利用可能」の一覧に載っている会社のものです。・Google・Amazon・楽天・サムライファクトリー(忍者ツール)←正しくは、忍者ツールズアクセス解析まず、サイト運営者にとって、非常に大切なツールの一つである、アクセス解析です。アクセス解析は、「アメーバブログの常時SSL化に伴う仕様変更について」という運営の記事で、引き続き使えますと告知された「忍者アクセス解析(忍者ツールズ)」は使えました。でも、「忍者アクセス解析」は、ページ毎の集計が自動でできないため、使いづらいんですよね。なので、同じ忍者ツールズの中にある、ページ毎の解析もちゃんとできる「NINJA ANALYZE」を、当然使えるだろうと思って試してみたんですが・・・、残念ながら使えませんでした。さらに、同じく使えるだろうと思っていた、Googleの「Analytics(アナリティクス)」もダメでした。一応、他社のもいくつか試してみましたが、当然ダメ・・・。というわけで、僕が試した範囲では、まともに使えるアクセス解析は一つも見つかりませんでした。困ったなぁ・・・。アフィリエイト関連次に、アフィリエイト関連です。以前、書きましたが、忍者ツールズの一つ「忍者AdMax」はOKです。ですが、それ以外で、試してみたものは全く使えませんでした。Googleの「AdSense(アドセンス)」→NG。Amazonの「おすすめウィジェット」→NG。楽天の「モーションウィジェット」→NG。アドセンスは、これまでと同様、フリープラグインにタグを保存することもできません。Amazonと楽天は、保存はできますし、何となく動いているようにも見えますが、実はタグの一部分が消されてしまって、まともな広告が出ません。というわけで、使えるのは「忍者AdMax」だけでした。もちろん、単にバナーやリンクを貼るだけのタイプの広告は、Amazonも楽天も問題ありません。「ご利用可能」に入っていない会社のタグもいくつか試してみましたが、それらも問題なく貼れました(貼っていいとは言いませんが^^;)。その他その他、アクセスカウンターや逆アクセスランキングは、忍者ツールズのものが使えます。ただし、リファラが全部アメブロトップ(http://ameblo.jp/)になる仕様変更がありましたので、アクセスランキングには、アメブロユーザーからのリンクは正常に記録も表示もされません。結局のところ結局、「ご利用可能」とされていても、使いたいものは殆ど使えないという結果になってしまいました。できれば、もう少し何が使えるのかを詳しく書いてくれると助かるのですが・・・。というわけで、ブログとしては何とも自由度が下がり、住み辛くなったと感じてしまいます。それでも、まぁ「SNS」と考えれば、他のSNSとくらべても、できることはたくさんあり、自由度も高いです。以前から「アメブロはSNS」と言われることも多いですが、今後は、ますますその方向に行くのかもしれませんね。なので、今後、そういう使い方を工夫していけばいいかな?と思います。

      89
      2
      テーマ:
  • 10 Apr
    • アメブロトップ(http://ameblo.jp/)からの訪問が増えた理由

      メールで相談を受けたのでシェアします。(前略)アクセス解析を見てみたら、最近、私のブログにアメブロのトップ(http://ameblo.jp/)からの訪問がすごく増えたんですが、これは、私のブログがアメブロのトップページで紹介してもらえたということですか?(以下略)何の前触れもなくそんな紹介があったらビックリですが、残念ながら、たぶん違うと思います。理由は恐らく↓これだと思います。『アメブロからリンクしても、もう相手には届かない?』どうやら、アメブロからページごとのリファラが送られなくなったようです。 ブログカード風リンクタグ作成どういうことになっているかというと、アメブロの設定が、アメブロの、あらゆるブログに貼ってあるリンクからの訪問が、すべてアメブロトップ(http://ameblo.jp/)からの訪問であるとリンク先に通知されるように変わったということです。アクセス解析などは、リファラ(referer)という情報使って、どのWebページに貼ってあるリンクからの訪問なのか?を見ているのですが、今のアメブロの場合は、どのユーザーのブログに貼ってあるリンクをクリックしてもリファラの値は「http://ameblo.jp/」になるように設定(正確には指示)されています。つまり、僕のブログに貼ってあるリンクでも、あなたのブログに貼ってあるリンクでも、そのリンクをクリックすると、リンク先にはアメブロトップ(http://ameblo.jp/)に貼ってあるリンクをクリックして訪問したかのように伝わります。別の言い方をすると、僕のブログに貼ってあるあなたのブログへのリンクでも、Aさんのブログに貼ってあるあなたのブログへのリンクでも、どちらのリンクをクリックしてもあなたのブログのアクセス解析には、アメブロトップ(http://ameblo.jp/)に貼ってあるリンクをクリックして訪問したかのように記録されます。よく考えると「ひどい話だなぁ・・・」とも思いますが、そうなってしまっているものは仕方がありません。ちなみに、リファラをどう送るかはブラウザが決めることができますが、一般的な、まともなブラウザなら、まず間違いなくアメブロの指示に従うと思いますので、たいていはここまでに書いたようになるはずです。でもまぁ、中にはそうでないブラウザもあるようですので、そういうブラウザでの訪問は、リファラに本当のリンク元ページが入っていたりすることもあるかもしれませんが^^というわけで、リンクしたことを(アクセスランキングなどで)相手に知ってほしいなら、アメブロからリンクしても無駄だから、別のところからリンクしましょう(笑)

      135
      8
      1
      テーマ:
  • 08 Apr
    • アメブロのhttp:とhttps:のURLはどちらも残りますか?

      メールで相談を受けたのでシェアします。(前略)常時SSL化したのにhttp:とhttps:が両方残っているのはおかしいと聞きました。普通はhttp:にアクセスしたらhttps:に転送されるものなんだそうです。アメブロのやることにはいつもガッカリさせられます。いつか転送されるようになるのでしょうか?それともこのまま両方残るのでしょうか?(以下略)うーん・・・・。たぶん、転送(301リダイレクトと言います)されるようになると思いますよ。今はまだhttps:なURLにアクセスできるようになったというだけで、ブログ管理画面もhttps:になっていませんし、マイページはhttps:からhttp:へ転送されている状態です。完全移行には程遠い状態でしょう。個人的には、管理画面の方を先にhttps:化し、公開サイト(つまりameblo.jp)は後回しにすべきだと思いますが、このあたりは何か運営さんの方で都合があったのでしょう。一般的に(特に規模の大きいサイトほど)http:からhttps:への移行は、問題が発生しないことを確認しながら、そして発生した問題を潰しながら、慎重に、慎重に行います。なので、常時SSL化、つまりhttps:への完全移行までにはまだ暫くかかると思います。そして、管理画面も含めたSSL化対応が完了した時点で、最終的にhttp:からhttps:へ301リダイレクトされるようになるのではないでしょうか?その時点で、https:に一本化です。まぁ、まだ殆どの人が確認したことがないであろうhttps:の方のページが、既に正規のページとしてGoogleの検索結果に出てきていることに関しては疑問ですので、僕が思っていることと運営さんが思っていることには大きな隔たりがある可能性も無くはないですが。

      79
      5
      テーマ:
  • 07 Apr
    • アメブロは既にSSL化した「https://ameblo.jp/~」が正式なページ

      昨日アクセスできるようになったのを確認できたばかりのアメブロのSSL対応(https://)ページですが、既にこちらが正式なページということになっていますね。上の画像のように、当ブログもGoogleで「https://ameblo.jp/wazameba/」というURLが表示されるようになっていました。つまり、Google検索からは、SSL対応ページに訪問されるということです。記事ページのソースを見てみても、「canonical」にhttpsなURLが設定されていますので、今後は、記事のURLも、どんどんhttpsの方がGoogleにインデックスされていくと思います。実際、昨日アップした記事は、httpsの方がGoogleにインデックスされていました。というわけで、いわゆる常時SSL化に向けて、アメブロは着実に進んでいます。この感じだと、恐らくどこかのタイミングで、非SSL(http:)なページへのアクセスが、SSL化されたhttps:なページへ自動転送されるようになるでしょうですので、まだ非SSLな(http://の)ページにアクセスはできるものの、既に全てのページで『SSL化した「https://ameblo.jp/~」が正式なURL』になったと考えて、今後は、投稿後の記事のチェックは、必ずURLがhttps:で始まるSSL化したページもやっておく必要があると考えたほうが良さそうですね。

      73
      テーマ:
  • 06 Apr
    • アメブロが「https://」でアクセスできるようになったのでどう変わるのか確認してみた

      今日、アメブロが「https://」でアクセスできるようになったのを確認できたました。ブログのURLをhttps://ameblo.jp/アメーバID/と入力すると誰でもどのアメブロでも見れます。カスタマイズのしかたによっては表示が激しく崩れる可能性もありますので、是非確認しておくことをお勧めします。なお、まだアメブロ運営側からの正式な仕様発表があったわけではありませんので、今後変わる可能性もありますが、以下の様なことを確認できましたので、常時SSL化後に、どう変わるのか(変わりそうなのか)の参考にしていただければと思います。アメブロにアップロードした画像は問題なく表示されるか?まず、アメブロの画像フォルダにアップロードしてある画像ですが、最近の最新版エディタで貼り付けた場合などのように、「https:で始まるURL」で貼り付けてある場合は、当然問題なく表示されました。また、「http:で始まるURL」で貼り付けてある画像は、表示時に「https:」に変換され、これも問題なく表示されました。ありがたいことに、このURLの変換は、記事だけではなく、メッセージボードやフリースペース、フリープラグイン内も対象になっているようです。ですので、アメブロにアップロードした画像に関しては、URLの修正をする必要性が発生することは殆どないと思われます。ただし、CSS内は表示時の変換はないようですので、今後、CSSに画像のURLを記述する際は、「https://」または「//」で始まるURLを使う必要がありそうです。外部のサーバーにある画像は問題なく表示されるか?次にアメブロではない外部のサーバーにある画像ですが、SSL化対応(つまりhttps:で始まるURL)の画像は、もちろんそのまま表示されました。問題は、SSL化非対応(http:で始まるURL)の画像ですが、もしそのまま表示されると、ブラウザに地味に警告が表示されて少し問題があります。ですが、これらは自動的に以下のようなURLに変換されて問題なく表示されました。<img src="https://img-proxy.blog-video.jp/images?url=元画像のURL">どうやらアメブロ運営さんの方で画像キャッシュ&プロキシをやってくれて、ユーザーが自分でURLを書き換えたりしなくても、また、恐らく今後貼り付けるSSL非対応サーバーにおいてある画像も、ちゃんとSSL化して表示してくれるのだと思われます。ただし、サイズ制限などがあるかもしれませんので、そのあたりは今後調べてみたいと思います(先に運営から発表があるかもしれませんが)。ちなみに、アメブロ運営さんのサーバーにキャッシュされる副作用として、元の画像を変更しても、ブログに表示される画像はすぐには変わりませんでした(いつ変わるかは未確認)。また、元の画像を削除しても、すぐには表示から消えませんでした(いつ消えるかは未確認)。ですので、画像の種類によっては、扱いに気をつけたほうが良いかもしれません。フリープラグインのスクリプトは読み込まれるか?それから、常時SSL化と同時に進められているフリープラグインの仕様変更が気になったので、こちらも確認してみました。残念ながらアメブロが許可していないスクリプトは、ブログ表示の時に読み込まれませんでした。フリープラグインに保存できても、ブログ表示のときには削除されてソースにも表示されません。アメブロが許可済みスクリプトに関しては問題ないようですが、「許可」の範囲は、思っていた以上に狭いようです。許可されていると思っていた、・Google社製アクセス解析である「Google Analytics」・サムライファクトリー社製の「NINJA Analyze」のタグもフリープラグインから削除されました。これは改善されるでしょうか・・・。アメブロのアクセス解析と、忍者アクセス解析では心許無い・・・。ちなみに、忍者AdMaxは今のところ表示されています。SSL化の問題があるかどうかはどうすればわかる?最後に、ご自身のブログが常時SSL化に対応しているかどうかの確認のしかたを、当ブログの読者で最もユーザー数が多いGoogle Chromeで見た場合でご紹介します。いずれもアドレスバー(検索バー)の表示で確認できますので、ご自身のアメブロのURLを、https://ameblo.jp/…の形に変更して確認してみてくださいね。完全に常時SSL化に対応している場合まず、問題がまったくなく完全に常時SSL化に対応している場合ですが、上のような表示になります。「鍵マーク」「保護された通信」「https:」が緑色で表示されます。常時SSL化に対応していない場合これに対して、何か常時SSL化に対応していない場合は、以下の3つの画像のような表示になります。これらは、要素は全て表示はされていて単に警告が出ているだけだったり、何かが読み込まれなかったり、何かが表示されていなかったりと様々ですが、何れも常時SSL化後のページの表示に何かしらの問題があるということですので、できれば解消しておきたいですね。でも、必ずしも対応する必要があるかと言うと、実はそうもでもない場合も多いですし、専門知識がないと、原因を排除することは難しいかもしれません。まとめ以上、https:でアクセスできるようになったアメブロで、常時SSL化後にどうなりそうかを簡単に確認してみました。冒頭にも書いた通り、まだ正式発表の前なので、今後変わる可能性もありますが、事前に対応状況を確認しておく方法として、もし参考になりましたら幸いです。なお、ほかにも「古い動画のURLは自動変換されるのか?」「フリープラグインがどうなるのか?」など、疑問点はまだありますので、今後、機会があればまた確認してみたいと思います。

      111
      2
      1
      テーマ:
    • アメブロからリンクしても、もう相手には届かない?

      何だか変なタイトルになってしまいすみません。どうやら、アメブロからページごとのリファラが送られなくなったようです。今日見たら、↓こんなタグが追加されていました。<meta name="referrer" content="origin">意味は、このページからリンクした時は、リンク先にはこのページのURLではなく、ドメイン名(ameblo.jp)だけを通知します。というようなものです。実際の動作はブラウザの設定次第なんだろうと思いますが、少なくともGoogle Chromeのデフォルト状態では「http://ameblo.jp/」しか通知されないことを確認済みです。リファラスパム対策でしょうかね?(対策になるのかどうかよく考えず書いてます^^;)ちなみに、ここ最近僕が取り入れた3つのカスタマイズが、全てこのリファラを使うものだったので、一瞬で全滅してしまいました(ので、記事も消しました。まさか、運営さんが僕の記事ごとき見てないと思うので、それへの対策なんてことはないと思いますが^^;なお、ページごとのリファラが送られなくなると、リンク先のアクセス解析や逆アクセスランキングにはリンクしたことが伝わりませんので、もし伝えたい場合は、アメブロ内ならリブログを使いましょう、ということになりそうです。あ、リブログを積極的に使って欲しいから、変わったんでしょうか?

      48
      4
      テーマ:
  • 05 Apr
    • ブログカードっぽい紹介リンクタグジェネレーターを作ってみました

      ブログカードっぽい紹介リンクタグジェネレーターを作ってみました。ブログカード風の紹介リンクタグ作成ブログカード風の紹介リンクのタグを簡単に作成できます。 はてなのブログカードやEmbedlyなどと比べると、とてもショボいですが、もしよかったら試してみて下さい(_ _)使い方は、1.『ブログカード風の紹介リンクタグ作成』を開く2.「リンク先WebページのURL」にリンク先のURLを書く3.「読込」ボタンをクリックする4.作成されたタグを記事にコピペするという感じで、たぶん簡単に使ってもらえると思います。実は前にも似たようなジェネレーター(これ)を作ったことがあるんですが、そこで使わせてもらっているサムネイルAPIがSSL非対応なので、SSL対応のを作れないかと思ってやってみました。で、一応SSL対応はできたんですが、画像の部分で外部のサービスに依存するのは前と同じなので、このあたりがなんとか解消できるといいんですが・・・色々と検討課題が多くて、なかなか難しいですね。ただ、この機能を拙作「AmeCare」に組み込めば、アメブロユーザーさん向けだけは外部サービスに依存しないようにできそうなので、それに関しては実現できるよう検討してみたいと思います。

      71
      テーマ:
  • 03 Apr
    • アメブロはアフィリエイト禁止?

      「アメブロは商用利用禁止だからアフィリエイトも禁止です」といった話をよく見聞きしますが、これって誰が言い始めたんでしょうね?許されてるのは、アメブロの記事エディタで貼れるアメーバ経由の「楽天」と「Amazon」の商品だけとも聞きます。でも、アメーバヘルプのアフィリエイト項目を見てみると、既存の他社アフィリエイトサービスのIDを使えますか?はい。今までどおりの手順で自分のブログにアフィリエイトリンクを貼り付けてご利用ください。ただし、禁止タグを含む一部アフィリエイトリンクはご利用いただけませんのでご了承ください。[既存の他社アフィリエイトサービスのIDを使えますか?]よりという記述があって、これは、「アメーバとして、原則他社のアフィリエイトも認めてますよ」ってことのように見えます。実際のところどうなんでしょう?(「さっさと運営に聞け」と言われそう^^;)というわけで、わからないときはやってみましょう!サイドバーに、簡単なアフィリエイトリンクを貼ってみました。アメブロさんが常時SSL化以降も利用可能なプラグインに含めている「サムライファクトリー」さんの、貼り付けとくだけで小遣い稼ぎができる『忍者AdMax』というアフィリエイトです。一回貼り付けとくだけで自動的にアフィリエイト広告を表示してくれる、GoogleのAdSenseのような、いわゆるPPC広告というやつですね。実は、AdMaxは最近までSSL化したサイトには対応していませんでした。それが先日、アメブロの常時SSL化に合わせるようにSSL化に対応しました。そして、アメブロもフリープラグインの仕様変更後のサムライファクトリーさんのプラグイン利用を許可してます。これって、AdMaxをアメブロに貼れってことじゃないの?(勝手な解釈^^;)さて、どうなりますか・・・ダメならたぶん何かお叱りがあるでしょう^^

      97
      4
      テーマ:
  • 02 Apr
    • 無料なのによく分かるWindows10初心者向けガイド

      Amazonで、Windows10の初心者さん向けのガイド本を見つけました。いまからはじめるWindows10|ダウンロード版今更ですが、僕も読んでみました。めちゃくちゃ詳しいわけではないものの、これまでもWindowsを使っていた人が、Windows10を使い始める時に引っかかって来そうなところが、いい感じで説明されています。しかも無料です。プライム会員じゃなくても無料です^^Amazonで「0円で購入」し、PDFをダウンロードして読みます。ページ数は、表紙も含めて26ページ。ちょっとの時間でサクっと読めます。「そろそろWindows10にしようかなと思うけど、操作が変わってしまってわからなくなってしまいそうで不安」「Windows10にしてみたけど、これまで使っていたWindowsと違う部分が多くてわかりにくい」というWindows10初心者さんが、ふだん使いそうな操作を一通り覚えるのにピッタリじゃないかと思いますので、興味があったら読んでみてくださいね。いまからはじめるWindows10|ダウンロード版

      69
      テーマ:
  • 01 Apr
    • 楽天やAmazonの埋め込みタグをアメブロの記事に貼り付けできるって?

      先日、アメブロの記事に貼り付けできる外部サービスのタグについてスタッフブログで記事が投稿されていたのが気になったので少し試してみました。記事に貼り付けられる外部サービスの一部アップデートを行いました。下記の外部サービス内で提供されている埋め込みタグを記事に挿入することが可能です。参考:【お知らせ】記事に貼り付けられる外部サービスについて一覧には、動画とかSNSとかいろいろありますが、気になったのは、ショッピングサービス:・楽天市場・Amazonの部分。気になったからには試してみようということで、「楽天市場やAmazonの埋め込みタグを挿入できるってどういうこと?」「もしかすると、モーションウィジェットとか貼れるようになった?」と、淡い期待を持ってチャレンジしてみました。試してみたのは、■楽天モーションウィジェットと、■Amazonアソシエイトの「お買い得ウィジェット」の2つ。手順はどちらも、1.会員サイトで埋め込みタグを作成2.作成したタグをアメブロの新規記事に貼り付け3.記事を公開です。結果・・・・ダメでした・・・(T_T)禁止タグだと怒られて、残念ながら公開できませんでした。やっぱり無理なんですね。となると、「楽天市場やAmazonの埋め込みタグって何?????」ちなみに、普通のアフィリエイトリンクタグはこの記事に貼ってみたので、この記事が投稿できれば貼り付けOKです。が、これはただのリンクだから埋め込みタグじゃないと思うし。謎です・・・。

      57
      テーマ:
  • 13 Mar
    • 記事に貼り付けた画像の常時SSL化後の表示について

      【2017/04某日追記】非SSL(http:)の画像は、自動的に運営サイドで用意された画像プロキシを経由してSSL呼び出し(https:)されるようになりましたので、記事に貼り付けた画像に関して、当記事の警告が出ることはなさそうです。近々予定されているアメブロの常時SSL化(https://化)後、記事に貼り付けた非SSL(http://)な画像の表示がどうなるのかがすごく気になったので、実際に調べてみました。アメブロは、現時点でまだ常時SSL化していませんので別サイトでのテストですが、たぶん同じだと思いますのでご参考に。まず、結論まずは、結論から。問題は無いわけではないが、表示はされる。ということで良いと思います。実際にどのようになるのか、スクリーンショットを取って確認してみましたのでご覧ください。Google Chromeの場合まずはGoogle Chromeで見た場合です。画像の上側が常時SSL対応状態、下側が非対応状態です。非対応状態は、https://~なウェブページに、http://~な画像を貼ってあります。アメブロが常時SSL化した時点で自動変換されないであろう外部の画像などがこれに当たると思います。違いを見てみると、常時SSLに対応していない場合は、・https://~なページなのに「保護されたページ」と表示されませんでした。・アドレスバーの右端に警告アイコンが表示されました。一応、警告が出ているわけですが、あまり目立たないですね。で、画像は常時SSLに対応していないページでも表示はされています。以前は、派手に警告が出たり、画像が表示されなかったりしていたイメージがありますが、今はそういうことはないようですね。もちろん問題がないわけではありませんが、移行期間中の状態としては許容できるのではないでしょうか。IE11の場合次は、Internet Explorer 11(IE11)で見た場合です。Google Chromeと同様、アドレスバーに地味な違いがあります。・https:の表示が薄い・鍵マークがないGoogle Chromeの場合よりも更に警告っぽくない地味な違いです。ですが、ページ下には、派手に警告ダイアログが表示されました(このあたりはブラウザ設定によるかもしれません)。そして、画像はやはり表示されました。Firefoxの場合次に、Firefoxで見た場合です。やはり、上記ブラウザたちと同様に、アドレスバーに地味な警告が出ています。鍵マークに、オレンジ色の警告アイコンが付いています。地味ですが、Google ChromeやIEと比べて警告らしい表示ですね。それでも、ほとんど気づく人はいないレベルかもしれません。もちろん、画像はちゃんと表示されています。スマートフォンの場合最後に、スマホで見た場合です。僕が使っているAndroidスマホなので、iPhoneの場合は違うかもしれませんがご了承下さい。で、表示ですが、アドレスバーに少し違いがあるものの、比べてわかるレベルで、画像も表示されていますので、知らなかったら警告とすら感じないでしょう。ブラウザのセキュリティ設定を強くするとちなみに、ブラウザのセキュリティ設定を強くすると、この画像のように、全く画像が表示されなくなりました。以前は、これに近い状態が普通だったように思いますが、最近SSL化するサイトが増えてきたことで、画像だけは緩和されるようになったのでしょうか?まとめというわけで、アメブロの常時SSL化(https://化)後も、記事に貼り付けた非SSL(http://)な画像は、警告は出るものの表示はされそうです。なので「画像が表示されなくなる!!」と大慌てする必要までは無さそうです。実は僕は、そう思って全記事を書き換えました。知識が古かったんでしょうか(^_^;)もちろん、上の例でも紹介したように、セキュリティ設定を変えると全く画像が表示されなくなりましたので、セキュリティ意識の高い方の画面には表示されないというようなことは起こるかもしれません。あと、同時にCSSの読み込みも試してみたんですが、画像と違い、CSSはhttp://~になっていると読み込まれないようです。フリースペースなどで、追加で外部のCSSを読み込んでいる方はご注意下さい。以上です^^

      98
      4
      テーマ:
  • 24 Feb
    • アメピの提供終了時期について

      アメピの提供終了時期について先日、2017年3月からアメブロでフリープラグインの大幅な仕様変更が実施されることが発表されました。まだ内容や実施時期が明確になったとは言えない状況ですが、記事には以下のような記述があります。フリープラグイン内にJavaScript等を利用して表示や動作をカスタマイズしている場合は正常に動作しなくなります。すでにアメブロ内に設定されているプラグインに関しましては、正常に表示や利用がされなくなりますので、タグの削除や許可されたプラグインへの差替をお願いします。この記述から、僕が無料提供させていただいているアメピなどのJavaScriptを使ったプラグイン類も全て使えなくなることが予想されます。特にアメピについては「いいね!してくれた人」「コメント欄プロフィール画像」など利用してくださっている方が多いので、事前にお知らせしておこうと思い、本記事を書かせてもらうことにしました。アメピは、現時点で積極的に提供を中止することは考えていません。ですが、アメブロで使えなくなってしまうと提供する意味が無くなってしまいます。なので、使えなくなった時点で公開終了ということにさせて頂くことにしたいと考えています。また、他の僕が提供させてもらっているプラグイン類についても同様に、アメブロで使えなくなった時点で公開終了とさせていただきます。(アメケアはアメブロのプラグインでははく、Google Chromeの拡張機能であり、この仕様変更の影響は受けませんので提供を継続する予定です)どうぞ宜しくお願いします。ほかの方が提供中のプラグインについてまた、アメピとは関係ないのですが、アメブロでは、多くの個人・法人が公開してくださっているプラグインが利用されています。上記運営の発表を見る限り、今回のフリープラグインの仕様変更で、それらプラグインも、ほとんどが利用不可となると思われます。例えば、・多くのアクセス解析ツール・逆アクセスランキングパーツ・非オフィシャルなSNS系パーツなどなど・・・また、・jQueryの読み込み・かわいいWebフォントでの表示・ヘッダー画像のスライドショー化・JavaScriptを使ってのグローバルナビの設置・マウスカーソルの追尾といった、コピペでフリープラグインに貼り付けた、ちょっとしたJavaScriptの処理も・・・全て利用不可となる可能性が高そうです。極端な話、フリープラグイン内が全て消えてしまうと思っておいたほうが良い方も多いと思います。ですので、「もしフリープラグインが完全に無くなってもご自身のブログが破綻なく表示されるか?」は、事前に確認しておいたほうが良いのではないでしょうか。ちなみに、僕は既に許可された提供元サービス以外はフリープラグインから削除しました。ある意味、スッキリです・・・^^;

      153
      テーマ:
  • 15 Feb
    • 2017年春のアメブロ仕様変更について

      2017年春のアメブロ仕様変更についてこんにちは、松本です。今年(2017年)の3月から、アメブロ常時SSL化(https化)に伴う仕様変更があるようです。かなり影響範囲が大きいと思いますので、ご自身のブログが大丈夫か?についてもチェックしておいたほうが良いのではないかと思います。ちなみに、SSL化に関しても、SSLに対応していないプラグインが使えなくなったり、フリースペースや記事内に「http://」があると色々と問題が出たりしますが・・・更に今回は、フリープラグインの扱いが大きく変更されます。フリープラグインは、今までは、基本的に何でも書ける、他でできないことでもイザとなったらフリープラグインを使えばできるという便利なカスタマイズ場所でした。ですが、今回の仕様変更により、許可されたサービスのプラグイン以外の設置は禁止となります。現時点ではまだ、ここで言われている「プラグイン」が何なのか?「禁止」がどういう状況なのか?がハッキリしませんので、ここからは推測ですが・・・フリープラグインにscriptタグやiframeタグを設置する場合、今後は、記事やフリースペースのように、事前に許可されたタグしか設置できなくなるということでしょう。そして、それら以外を使うことは禁止、つまり、事前に許可されたタグ以外のscriptタグやiframeタグを使っているブログは規約違反ということでしょう。規約違反ということは、消されても文句を言えないということ。僕が提供しているアメピのような野良プラグインは許可されるはずもありませんので、当然禁止でしょう。AdMaxなどのJavaScriptを使った広告タグもダメでしょう(そもそもAdMaxはSSL非対応だと思いますが ←2014/04/08時点でAdMaxはSSL対応となりSSL化後のアメブロで動作することを確認)。FC2やアクセス解析研究所のアクセス解析タグもダメかもしれません。極端なことを言えば、フリープラグインでjQueryを読み込んだり、ヘッダースライドショーやグローバルナビをJavaScriptを使って実現することもダメかもしれません。どこまで許可されるのか、今後暫く様子を見ないとわかりませんが、使いたいものがことごとくダメとなったときの対応はちゃんと考えておいたほうが良いかもしれませんね。

      278
      2
      1
      テーマ:
  • 01 Sep
    • スマホ版アメブロのページが変わりました(不具合あり?)

      昨日あたりでしょうか?スマホ版アメブロの記事ページの仕様が変わったようです。     印象としては、ヘッダー周りがややスッキリしたように思いますが、見た目はそんなに大きく変わった感じはしませんね。 でも、中身(HTMLタグ)は大きく変わっていますので、僕のようにスマホ版のページをカスタマイズしている方は、修正が必要になってくると思います。 まあ、あまりいないとは思いますが(^_^;) ページ内リンクがうまく動かない さて、新しいスマホ版アメブロですが、どうやら現時点(2016/09/01昼時点)で、ページ内リンクがうまく動作しない不具合があるようです。 【2017/05/07追記】いつの間にか、ページ内リンクはうまく動くように改善されたようです。【追記ここまで】 ページ内リンクというのは、Aタグのリンク先として「#名前」という文字を指定することで、ページ内の「名前」の位置が直接表示されるようにできる仕組みです。 「名前」は通常「id」という属性値で指定します。 あ、すみません、HTMLがわからない人は「何のこと?」と思われる内容ですね(^_^;) でも、記事内の目次機能などでこの方法を使っている人は、実は少なからずいらっしゃいます。 読者さんにとっても便利な機能なので、WordPressでもこの機能を使ったページ内目次作成プラグインが人気があったりして、何というか、読まれる人のことをよく考えている人ほど使っていたりする印象ですね。 で、どうも新スマホ版アメブロのページ表示の仕組みの問題なのか何なのか、まだ僕には原因はハッキリとはわかってないんですが、新しいスマホ版のページでは、このページ内リンクがうまく動作しません。 「これはちょっと問題じゃないかなぁ?」 と、思うので良い方法がないか考えてみたんですが、どうもうまく行きません。 というわけで、この記事を読まれた方で、もし「こうやったらうまくいくよ」という方法をご存じの方がおられましたら、ぜひ教えて下さいね。 でも本当は、 「できれば、運営さんの方でなんとか対応していただきたいな」 と、ちょっと思っています^^    

      125
      8
      テーマ:
  • 19 Dec
    • アメブロのデザインで使われているWebフォントを調べてみました

      アメブロのデザインで使われているWebフォントを調べてみました松本です、こんにちは。最近、アメブロのPC向けやスマホ向けのデザインで、ウェブフォントがアイコンとして使われるようになりましたね。例えば、最近のアメブロ運営さんが用意しているデザインでも、ボタンのアイコンに使われたりしています。これらは画像ではなく文字なので、通常の文字と同様に・・・、小さくしたり・・・大きくしたり・・・色を変えたり・・・影をつけたり・・・と、CSSで色んな事ができます。ざっと見てみたところ、アメーバ運営さんが用意しているウェブフォントで、以下の様なアイコンが表示できるようです。ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZabcdefghijklmnopqrstuvwxyz0123456789!"#$%&()=-~^|{}[]:;+*@`<>,.?/_'GHbcfghilrsw12345689!"#$%&){+↑こちら、RSSフィードから見ている人など、ウェブフォントが見えない人には意味のわからない文字の羅列になっていると思いますが、ウェブフォントが見える人には、以下の画像のようにアイコンが並んで見えています。これらのアイコン、コピーしてメモ帳などに貼り付けてみるとわかると思いますが、実はどれも通常の文字です。例えばA(アメーバのロゴマーク)は、アルファベットの「A」です。「A」がA(アメーバのロゴマーク)として表示されるようにスタイル設定されているわけですが、この設定ができていないと、普通に「A」と表示されてしまいますので、記事内で使う絵文字の代わりとしては使いにくいですね。ですが、ページデザインでアイコンとして用いると、いちいち画像のURLを指定せずにアイコンを表示できますので、手軽で使いやすくなります。今後は、アメブロでも、これらのウェブフォントのアイコンを用いたカスタマイズ案がたくさん提案されるようになるのではないかと思っています。僕も機会があれば、何か提案させてもらいますね^^

      6
      テーマ:
  • 18 Jun
    • ブラウザが覚えているパスワードを見る方法

      ブラウザが覚えているパスワードを見る方法わざめーば、こと松本です。先日、ある方と話をしている時、「パスワードを忘れてしまって・・・一応ブラウザが覚えてくれてるので今の所は大丈夫なんですが・・・」というお話を聞きました。パスワードを設定したものの、・メモし忘れた・メモしたけどメモをなくした・メモしたけどメモした内容が間違えてた・覚えてる自信があったのでメモしなかったら忘れてしまった^^;など、何を設定したのかわからなくなって・・・、「ブラウザが覚えてくれてるので今は大丈夫」でも、コピペもできないので、見る方法がなく・・・、「いつかヤバいことになるかも・・・」という人ってほかにもたくさんいらっしゃいますよね^^;実は、ブラウザが覚えてるパスワードって、見ることができます。たぶん、Googleなどで検索すれば、見る方法がたくさん見つかると思いますが、僕の方でも簡単に見れる方法を作ってみました。アメブロの記事では禁止タグになるタグなためここには書けないので、もし必要な場合は、↓こちらからご覧ください。ブラウザが覚えているパスワードを見るブックマークレットただし、ログインフォームの仕組みによっては見えない場合もあり、万能ではありませんので、その点についてはご了承下さい^^

      154
      テーマ:
  • 01 Nov
    • Googleクロームで2つ以上のアメブロを同時に管理する方法

      Googleクロームで2つ以上のアメブロを同時に管理する方法アメブロカスタマイズの松本です。こんにちは。アメブロを2つ以上持っている方は多いと思いますが、2つのIDをいちいちログインしなおして切り替えたり、別々のブラウザを使って管理するのも操作を別々に覚える必要があったりして不便ですね。実は、Google Chrome(グーグルクローム)というブラウザの機能を使うと、2つ以上の(基本的にはいくつでも)アメブロを、ログインし直すことなく同時に管理することができます。アメブロのカスタマイズを試すブログを別に作っておきたい場合などにも便利ですね。実はこちらの方も紹介してくれているのですが、もう少し詳しく書いてみることにしました。Googleクロームのユーザーを作成するまず、Googleクロームで、普段使っている設定とは別の「ユーザー」を作ります。ここでいう「ユーザー」は、「別々の設定」のようなニュアンスで、もともとは家族などが一つのPCでブックマークやアドオンなどを別々の設定で使えるようにと用意されたもののようです。これを利用すると、アメブロのIDも「ユーザー」毎に別々のものを、それも同時に使えます。ではやってみましょう。まず、Googleクロームを起動して、右上の漢数字の「三」のようなアイコンをクリックし、表示されたメニューから「設定」を選択します。Googleクロームの設定ページが開きますので、「ユーザー数」という設定のところにある「新しいユーザーを追加」ボタンをクリックします。すると、「ユーザーを作成」という小窓が開きます。ここでは、まず新しく作成するユーザーの識別に使用するアイコンを選んで、次にユーザーを識別するための名前を入力し、そして「作成」ボタンをクリックします。(もし「このユーザーのデスクトップショートカットを作成」がチェックされていない場合はチェックしておいて下さい)これでユーザーの作成は完了で、新しく作成したユーザーでGoogleクロームが起動します。起動すると、Googleアカウントにログインするよう促されますが、特にログインする必要はありませんので、ログインしたくない場合は「スキップ」をクリックしましょう。あとは、新しくGoogleクロームをインストールしたのと同様に新しいユーザーのGoogleクロームを利用できます。実際に複数のアメブロの管理画面を開いてみるでは、次に、実際に2つのアメブロの管理画面を同時に開いてみます。ユーザーを作成すると、デスクトップに、元々あったGoogle Chromeのアイコンに加え、新しく作成したユーザーのアイコンも表示されます。(元々のアイコンも名前が変わって識別用の白い「のっぺらぼう」のアイコンがくっついています)これら両方をダブルクリックで起動して、アメブロのマイページ「http://mypage.ameba.jp/」へ移動してみてください。ふだんから使っている方は、普通にマイページが表示されると思いますが、少なくとも、新たに作ったユーザーの方はアメーバのログインページが表示されると思います。既に2つめのIDを取得している場合はそのアメーバIDとパスワードを入力してログイン、ない場合は新たに作成してみて下さい。すると、このように、別々のマイページを同時に管理することができるようになります。ちなみに、ウィンドウの左上には、起動したアイコンと同じ識別用のアイコンが表示されますので、ひと目で別のユーザーであることがわかるようになっています。作成したGoogleクロームのユーザーを削除したい場合さて、最後に、不要になったユーザーを作成する方法についてもお伝えしておこうと思います。まず、Googleクロームを起動して、右上の漢数字の「三」のようなアイコンをクリックし、表示されたメニューから「設定」を選択します。Googleクロームの設定ページが開きますので、「ユーザー数」という設定のところで、削除したいユーザーを見つけて選択肢、「削除」ボタンをクリックします。すると、削除するか確認されますのでもう一度「削除」ボタンをクリックします。これで削除完了です。削除すると、デスクトップのアイコンも消えて、ユーザーが最初の一つだけになると識別用の顔アイコンも表示されなくなります。ちなみに、この「ユーザー」削除では、アメブロのIDなどは削除されませんので、それらも必要ない場合は、別途削除しておく必要がありますのでご注意下さい。以上、Googleクロームの複数ユーザーを作成する機能を使って2つ以上のアメブロを同時に管理する方法をご紹介しました。(ついでに、不要になったユーザーの削除方法もご紹介しました)よかったら参考にして下さいね。☞ アメブロカスタマイズと読者を増やすブログ運営 初心者でもかんたん

      136
      24
      テーマ:
  • 24 Aug
    • 私は「これ」でアメーバから警告が来ました!!

      私は「これ」でアメーバから警告が来ました!!アメブロカスタマイズの松本です。こんにちは。今日、アメーバから警告メッセージが来ました。↓こんな警告メッセージです。↓送信者もヘルプに書かれているのと同じです。なので、イタズラとかではありません。内容は、ザックリ要約すると・・・、「あんたがメッセージで規約違反やったの知ってるよ!そんなことやってたら使えなくしちゃうよ!!」ということですね。で、考えてみたんですが・・・こころあたりがありました。実は、ある方にユーザーIDとパスワードをメッセージで教えたんです。↓それが、規約の第5条に引っかかったものと思われます。でも、実はこれ、完全な誤解なんです。なぜかと言うと、今回僕が教えたのはアメーバとは別のシステムのユーザーIDとパスワードですから。それを、アメーバのIDとパスワードを教えたと誤解されてしまい、警告メッセージが来たようなんです。で、何を言いたいかというと・・・、今回は、今のところ警告だけで済んでるようなので良かったんですが・・・、たとえ、規約違反と判断された原因が誤解であったとしても、今回届いた警告文にも書かれている通り、通知なく削除されたり強制退会になったりする可能性もあるということです。なので僕は、「いつアメブロが削除になっても手詰まりになってしまうようなことにはならないよう備えておくべきだ!」と強く思います。例えば、他にもブログを持っておくとか、Facebookでも繋がっておくとか。ぜひ検討してみて下さい。☞ アメブロカスタマイズと読者を増やすブログ運営 初心者でもかんたん

      327
      36
      テーマ:

このブログの読者

読者数: 9,416

読者になる

プロフィール

松本

性別:
男性
お住まいの地域:
兵庫県
自己紹介:
.

続きを見る >

読者になる