ブログは見た目が100%

テーマ:


ブログは、見た目がとても大切です(ブログに限りませんが)。

スマートフォン全盛の時代になって、

「見た目なんかどうでもいい。内容が全てだ!」

という意見も聞かれますが、そう言っている人たちでも、たいていは、ちゃんと見た目にこだわってブログをカスタマイズしてあります。

・どんなデザインを使うか?
・文字サイズはどのくらいか?
・改行はどう入れるか?

などなど。

個人的には、むしろこのように言っている人のほうが、読者が記事を読むことに集中できるように、不要と思うものを極限まで削ぎ落とすということに非常にこだわってカスタマイズしている人が多い気がします。

タイトルには「見た目が100%」と書きましたが、実際そうです。

そうである瞬間があります。

読者がブログを開いた時に、パッと見た一瞬の印象で、記事が読まれるかどうかが決まってしまいます。

・親しみやすいか?
・わかりやすそうか?
・信頼できそうか?
・読みやすそうか?
・おもしろそうか?
・自分に合っていそうか?

など、読者ごとに、記事を読み始めるまでのハードルがあり、そのハードルを超えることのできる「良い印象」を与えなければ記事を読んでもらえません。

極端な例ですが、例えば、黒背景に黒の文字で書いたブログは、多くの人は、一文字も読むこと無く閉じてしまうでしょう。

なので、自分のブログを読者が見た時にどのように感じるのか?を考えておくことが、とても大切です。

今は、ブログに派手な装飾や凝った仕かけは不要になって、邪魔にすらなることも多いですが、そういうものでは無い部分で、ご自身のブログの読者に合わせた最低限のカスタマイズは、やっておくほうが良いでしょう。

考えた結果、何もカスタマイズしないのがベストという人もいるかもしれませんが、それは、もうそれがベストにカスタマイズされた状態と考えれば良いと思います。

ただ、アメブロの場合、パソコン向け画面は良いのですが、スマホの画面をカスタマイズするのは敷居が高いのが痛いところですね^^;