アメブロの新機能「リブログ」について調べてみました

アメブロに「リブログ」という新しい機能が追加されました。

リブログは、他のアメブロユーザーの記事の一部を自分のアメブロに貼り付けて投稿する機能です。

ただし、一般的な引用とリンクによる「紹介」とはかなり趣の異なる仕組みになっています(ツイッターやFacebookの記事への貼り付けとも違います)。

というわけで、この「リブログ」についてちょっと調べてみましたので、ご紹介したいと思います。

(リリース直後の内容ですので、今後、改善されて仕様が変わる可能性も十分に考えられます)

記事下に「リブログする」ボタンと「リブログ」リンク

まず、記事下に「リブログする」というボタンと「リブログ」というリンクが表示されるようになりました(新しいデザインでは、リブログされるまで「リブログ」リンクは表示されません)。

他のアメブロユーザーの記事を自分のアメブロで紹介する(つまり「リブログする」)場合は、この「リブログする」ボタンをクリックします。

すると、紹介したい記事の内容の一部が貼り付けられた状態から新しい記事を作成することができます。

また、リブログ機能を使って紹介される(つまり「リブログされる」)と、リブログされたアメブロ記事で、記事下にある「リブログ」というリンクの横の数字が増えていきます。

そして、この「リブログ」というリンクをクリックすると、リブログしてくれたユーザーの記事へのリンクが一覧表示されるようになっています。

なお、「リブログする」ボタンや「リブログ」リンクは、記事ごとに非表示することができるほか、基本設定画面でどちらか片方、もしくは両方を全記事で非表示にすることが可能です。

具体的には、「リブログの受付」を「受け付けない」にすると「リブログする」ボタンが非表示になり、「リブログされた記事表示」を「表示しない」に設定すると「リブログ」リンクが非表示になります。

ただし、「リブログする」ボタンを非表示にしても以前リブログされたものはそのままで、過去に遡って完全にリブログ禁止の状態にはできないようです。

それから、リブログするときに最初から貼り付けられているタグを削除してみたら、リブログしてくれた一覧には表示されませんでした。

リブログで貼り付けられる内容

次に、リブログする方ですが、リブログすると、記事にリブログされる記事の内容の一部が貼り付けられます。

リブログした記事に貼り付けられる内容は、一般的な紹介で用いられるような「記事タイトル+記事の一部引用+画像+リンク」というものではなく、リブログ用に用意された専用の(?)記事ページがiframeというタグを使って埋め込まれる仕組みになっています。

例えば、当記事をリブログするとこんなページの内容が記事に埋め込まれます

このページの内容は、元のリブログされた記事の内容がリアルタイムに反映されるようですので、リブログされた記事が変更されると、貼り付けられている内容も代わります。

例えば、以前リブログで作成した記事に貼り付けた内容が、いつの間にか全く別の内容に書きかわっていたなどということも必ず起こるでしょう。

自分のブログに表示されるのはとても許容できるようなものではない内容に変わる可能性も大いにありますので注意が必要だと思います。

あと、貼り付けた元記事が削除された場合は、「削除または非公開された記事なので表示できません」という内容に変わり、クリックしても元記事に移動しないようになります。

それから、リブログした記事を更にリブログすることもできます。

その場合、ちゃんと元記事の内容が含まれるようになっているようです(ただし1階層のみ)。

 

まとめ

以上、アメブロの新しい機能「リブログ」について調べてみました。

よく出来ている部分もある一方、スパマー(迷惑ユーザー)が喜びそうな部分も散見され、今後の改善が望まれるのではないかと感じます。

参考になれば嬉しいです。

ちなみに僕は当ブログからリブログ機能を外しました(^^;)

コメント(6)