アメブロには読者登録というユーザー間の繋がりをサポートする機能がありますが、この読者登録って

「何をするとどうなるのか?」

そのしくみについて、あまりちゃんと調べていなかったので、ちょっと調べてみました。

なお、ここで読者登録と言っているのは、あくまでも「相手に知らせて読者になる」を選んだ場合です。




「相手に知らせず読者になる」場合は、ただただヒッソリと相手のアメブロの更新情報を受け取れるようになるだけです。

読者登録申請すると


まず、読者登録申請をすると、申請先が「すべて承認する」設定になっていれば即座に承認されますが、承認するかどうかを「選択する」設定になっている場合は、以下のようになります。

申請では、
・「読者になったブログ」の状態は・・・申請中
・チェックリストには更新情報が届く。
・申請先のアメブロのお気に入り一覧に表示されない。

申請では、
・「あなたのブログの読者」の状態は・・・(承認待ち)
・申請元のアメブロの読者一覧には表示されない。

読者登録申請が却下(削除)されると


もし、読者登録申請が承認されずに却下(削除)された場合は以下のようになります。

申請では、
・「読者になったブログ」の状態は・・・申請中のまま
・チェックリストには更新情報が届く。
・申請先のアメブロのお気に入り一覧に表示されない。

申請では、
・「あなたのブログの読者」の状態は・・・申請は一覧から消える(以後、承認もできない)
・申請元のアメブロの読者一覧には表示されない。

つまり、削除されたのか、それともまだ承認されていないのかは、読者登録申請では知ることができません。

読者登録申請が承認されると


そして、無事に読者登録申請が承認された場合は以下のようになります。

申請では、
・「読者になったブログ」の状態は・・・承認済み
・チェックリストには更新情報が届く。
・申請先のアメブロのお気に入り一覧に表示される。

申請では、
・「あなたのブログの読者」の状態は・・・承認済み状態になる
・申請元のアメブロの読者一覧に表示される。

既に承認済みの読者が読者登録先で削除されると


なお、もし、一度承認された読者登録申請が、何かの都合で読者登録先で削除された場合は以下のようになります。

申請では、
・「読者になったブログ」の状態は・・・申請中に戻る
・チェックリストには更新情報が届く。
・申請先のアメブロのお気に入り一覧に表示されなくなる。

申請では、
・「あなたのブログの読者」の状態は・・・読者が一覧から消える(以後、再承認できない)
・申請元のアメブロの読者一覧にも表示されなくなる。

これは、読者登録申請した時に、承認されずに削除された場合と同じ状態になったということです。

ちなみに、管理画面の「あなたのブログの読者」に「読者の削除は相手の方に通知されません。」と書かれていますが、一度承認した読者を削除した場合は、こんな形で地味に通知されてしまいます。

読者登録申請(承認待ち・承認済みとも)が読者自身に削除されると


さて、最後に、読者自身がもう読者であることをやめた場合です。

申請では、
・「読者になったブログ」の状態は・・・読者登録先は一覧から消える
・チェックリストには更新情報が届かなくなる。
・申請先のアメブロのお気に入り一覧にも表示されなくなる。

申請では、
・「あなたのブログの読者」の状態は・・・読者は一覧から消える
・申請元のアメブロの読者一覧にも表示されなくなる。

ふつうですね。

この場合は、綺麗さっぱり読者登録という縁が切れることになります。

まとめ


以上、アメブロの読者登録申請が、申請先、申請者それぞれで、アメブロの管理人のアクションに応じてどのような状態になるかをご紹介しました。

ただし、手短に調べただけなので、時間の経過とともに状態が変わる可能性もあります。

もし、何か違う動作を発見したら教えてもらえると嬉しいです。

それからちょっと余談ですが、当記事の内容から、スパム読者登録、迷惑読者登録への対応に関しては、どうやら「放置しても削除しても迷惑登録してきた相手にとっては同じ」ということになりそうです。

なので、精神衛生上は「間髪入れずに削除!!」が良さそうですね。