著作権侵害は犯罪です!が・・・

こんにちは、松本です。

著作権といえば、東京オリンピックのエンブレム問題などもあり、最近は以前に増してずいぶん多くの人が意識するようになったのではないでしょうか。

もちろん、アメブロの運営者も、著作権に対する考え方をちゃんと公開しています。

アメブロの記事エディタに、アメーバ運営の著作権に関する考えを書いた記事へのリンクがあるので、見たことがある方も多いかもしれませんね。

でも、現状ネットなどを注意して見ていれば、まとめサイトや、アメブロも含めた個人のブログなどで、

「これってきっと著作権侵害になるんだろうなぁ・・・」

と思うような投稿に頻繁に出会います。

著作権侵害は犯罪ですが・・・

また、「著作権侵害は犯罪である」ということが広く知られるようになってから、ブログの記事などで、

「こいつは著作権を侵害しているから犯罪者だ!!」

といったバッシングを名指しで、しかも著作権者でない他人がしているのも、よく見るようになりました。

こういった投稿に触れたとき、法律の素人の僕から見ても、

「これは、逆に危険なことをしてませんか?」

と思うことがあります。

というのも、現時点では著作権侵害は親告罪

つまり、著作権を侵害された被害者(著作権者)が告訴しなければ罪には問えません。

もちろん、著作権を無視するような行為は、倫理的にもやるべきではないでしょう。

でも、かといって、当事者でもない、著作権侵害らしき行為を見つけただけの他人が、

「こいつは犯罪者だ!」

などと名指しで言うと、逆に侮辱罪や名誉毀損罪で訴えられないとも限りませんので注意したほうが良いかもしれませんね。

そういう場合は、著作権を侵害されていると思われる被害者にそっと教えてあげるにとどめたほうが良いと、個人的には思います。

アメーバヘルプの著作権の考え方にもそんな感じのことが書かれてますね。

もちろん、著作権者本人が「著作権侵害を受けている!」と公言しているのであれば、それを応援する気持ちは持っていいとは思いますが。

著作権侵害が非親告罪になったら

それから、TPPへの参加にあわせてか、著作権侵害が非親告罪に、つまり、告訴がなくても検察が自由に訴追できるようになるという話を聞いたことがあります。

実際のところ、

  • 親告罪のままなのか
  • 一部(海賊版など)に対して非親告罪とするのか
  • 全面的に非親告罪とするのか

など、僕にはまだわかりませんが、もし全面的に非親告罪になるようなことがあれば、ずいぶんと窮屈になるんでしょうね。

たとえば、アニメや漫画のパロディも危ないでしょうし、記事の引用なども非常に慎重に行うことを要求されるようになるかもしれません。

人によっては、過去にブログに投稿した内容なども、全面的に見直しが必要になるかもしれませんね。

僕も、そうなる前に、今後しっかりと著作権侵害をしない行動を心がけていきたいと思います。