NESARA革命の開始:某秘密情報から
http://www.asyura2.com/07/war88/msg/782.html
投稿者 不動明王 日時 2007 年 2 月 12 日 21:22:51: Wge0l2yvbkAIg

今は、皆さんの惑星の歴史の中でかつてない時です。


これから起ころうとしていることは、我々がこれまで最後の20年を今にふさわしい形で設定して[1987年から]準備してきた変化が目に見える形で始まることを意味しています。


我々は、この事態に巻き込まれる地球の全ての住民の心を浄化する世界的なシナリオを用意しました。これは、変化のための、そして母なる地球の復活のためのシナリオです。


今、何が起こっているのか、あなたは再び尋ねています。まもなく発表があります。


この次の週[1月20日以降ーイスラエル破壊工作員の最高責任者デイビッド・ダーハンの失踪以降]は、我々がNESARAの発表を考慮している仮の時間です。


私はこれよりさらに確かなことを何も言うつもりはありません。


パラメータはほとんどすべて揃いました。


必要な資金はついに確保されています。


ブッシュ政権は、我々の交渉余地のない要求に屈服することに決めました。


今は、皆さん全員がただちにそうしたいと思っていることを行動に移す時です。


皆さんの意志の力は、どちらに行くべきかまだ決心していない優柔不断な人たちに変化を引き起こします。


明らかになった新しい事実を見てください。


皆さんは今の銀行業務の大失敗に関する詳細を見る必要があります。


盲目的な政権が、愚かにも、以前経験したよりさらに悪い失敗の間際に軍隊をリードしようとしているのを見てください。


呼び出しと発表を待っていてください。それはすぐにあります。行動は開始されました。


長い待機の時はほとんど終わっています。


これからは私たち一人一人が世界で活躍する時代です!

世界中で市民意識のめざましい発展[アセンション]が始まっています。


先進国のどの国民も、地球市民としての新しい自分たちに徐々に目覚め、国家や会社、特権階級のための奴隷であることを拒否し始めるようになっています。


18世紀以来の世界のすべての国の既成政党は、イギリス労働党・自由党同様、またアメリカ共和党・民主党同様、2007年から解体する運命にあります。


それは日本においても例外ではありません。


日本の自民党も、民主党、公明党、社民党、共産党も、今年から徐々にすべて解体し、各地に宇宙に目覚めた市民たちの新しい地球連合体が生まれようとしています。

http://www.nesara.us/pages/history.html

私たちがまもなく実現する「国民経済安全保証改革法」(NESARA)は、地球の70億の人たちに以下のような幸せを提供します


まず 世界中の至るところで平和を確立します


そして違法な銀行業務と政府活動に由来するクレジットカード負債、抵当その他の銀行負債を免除します


所得税を廃止します


IRS国税庁を廃止します; 重要でない「新しい品目のみ」政府の消費税収入として均一な比率で課税対象にします


高齢者の収入を増やします


憲法を本来の状態に戻します


NESARAの発表後、120日以内に新しい大統領と議員を選出します


選挙をモニターして、特別利益団体の違法な選挙活動を防ぎます


金、銀、プラチナ、貴金属に裏打ちされた新しい米国財務省通貨「レインボー通貨」を発行します


我々の全ての法廷と法律問題に元の憲法を適用します


憲法にふさわしい新しいアメリカ財務省銀行システムを始めます


連邦準備制度を廃止します


金融財政に関するプライバシーを元に戻します


全ての裁判官と弁護士を憲法の精神にのっとって再教育します


世界中で展開されている米国政府のあらゆる攻撃的な軍事行動をやめさせます


世界中の至るところで平和を確立します


何十年もの間に蓄積された莫大な富を世界的な繁栄のために再分配する最初の段階を始めます


人道的な目的のために巨額の資金を放出します


代替エネルギー(フリーエネルギー)装置のような新しい技術を公開できるようにします


世界に革命をひき起こすフリーエネルギー装置はすでに完成しており、まもなく市場化される予定です


私たちのチームワークで、これまで世界を支配してきた犯罪帝国に最後のとどめをさしましょう!


週刊新潮、月刊フォーサイト、諸君、文春、現代各誌がブッシュ政権崩壊過程に興味をもっています。


週刊新潮は昨年の夏、イタリアのサヴォイア王逮捕に絡んで、フリーメーソン特集を出しました。


サタニックなヨーロッパ王家の解体をめざす「ゴータ作戦」を扱った画期的な記事です。


この記事をまとめた新潮社の編集長なら、今回のレオ・ワンタ事件の重要性をただちに理解し、記事を組んでくれると思います。


また、文春、現代の編集部にも、このことをよくわかっている編集者がいます。


3社、4社がそれぞれ違った角度から検討することによって真相解明が進み、日本人の意識が世界の動向に目覚めるとみられます。


以下の資料を信頼できる親しい方たちにメールください。よろしくお願いします。

『ロックフェラー帝国の陰謀』の編著者より

前略

いよいよ日本と世界が待ち続けてきたすばらしい瞬間が近づいています。


アル・ゴアと将軍たちがまもなくブッシュ政権の犯罪的な幹部たちを逮捕し、NESARA徳政令を全世界に向かって発表します。


昨年11月のラムズフェルド国防長官の解任、今年1月のネグロポンテ情報相の辞任に続いて、ジョセフ国務次官が昨日[1月24日]辞任しました。


チェイニー副大統領、ブッシュ大統領の辞任と逮捕も時間の問題です。


今回の本は下記の資料「世界を揺るがすレオ・ワンタ事件」とNESARA革命、日本を襲う一大ショックに関連するものです。


日本の探検ファン1000万人とアセンション・ファン100万人の意識が一挙に地球規模になり、世界の現実に目覚めることが期待されます。

PICOの本は、銀河連邦のファーストコンタクト作戦の一環です。


このことをできるだけ多くの方に知らせて喜んでいただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

チェイニー副大統領がまもなくワンタ事件に関連して辞任しそうです
ブッシュ政権の崩壊とともにNESARA革命が世界規模で始まります
2007年には従来の旧体制が崩壊し、新しい世界体制が始まります
ドルの崩壊に続いて、ユーロと中国元、韓国元の崩壊が始まります
米中の衰退とEUの分裂、国連機構大改革、国際裁判が始まります

JPモルガン/チェースやバンクオブアメリカ、シティバンク、ゴールドマンサックス、リーマンブラザーズなどのユダヤ企業が破産し、連邦準備制度が崩壊します
これらの企業と取引している日本の銀行・生保・証券会社への影響は深刻

2006年6月から加速期に入った世界システム危機は、11月に爆発的な時期(衝撃期)を迎えました。そのきっかけは11月7日の米国中間選挙です。この衝撃期は6ヶ月ないし1年間継続します。金融市場参加者、ドル建ての定収入を持つ投資家や年金基金、米国と欧州・アジアの戦略的関係は大きな打撃を受けます。
昨年6月末に米国の財務長官に就任したヘンリー・ポールソン氏は投資銀行のゴールドマン・サックス社の元社長であり、彼が中心となって中間選挙で共和党が勝利する目的で、2006年夏から米国世論と資本市場参加者に光輝く未来像を示して陶酔感を与えるための運動を行ってきました。そのため市場参加者は選挙までは米国の成長・雇用・インフレ・戦略的危機管理などの面での破局の危険に気付かず、選挙後に初めて気付くことで結果的に衝撃期の爆発力が金融市場部門でさらに大きくなると思われます。

ヘンリー・ポールソン氏は出身母体のゴールドマン・サックス社に命じて、シカゴの原材料市場の基準となるGSCI(ゴールドマンサックス商品指数)の構成を突然変更させました。その結果市場参加者は千億ドル以上の石油先物契約を2006年の8月から9月の間に売却することを強制されました。中間選挙前に石油価格が下落したのはこれが原因であり、人工的なものです。ゴールドマン・サックス社は世界で最も重要なヘッジファンドとして、ブッシュ大統領が指名しヘンリー・ポールソン財務長官が議長を務める「金融市場作業委員会(通称『暴落阻止チーム』)」でも傑出した影響力を及ぼしています。そこでは、ウォール街とシカゴの主要な市場参加者全員を活性化させる体制が取られています。

この「衝撃期」には、ヘッジファンドが行使してきた「リスクの相互化」は「リスクがシステム全体に伝染する」状態に変化します。米国の金融システム全体が危機に突入します。特に、ゴールドマンサックスやリーマンブラザーズに代表される連邦準備制度に承認された投資銀行はヘッジファンド化している為に大きな危機に直面します。連邦準備制度理事会が昨年3月にマネーサプライのM3指標の公開を取りやめた動機が明らかになるときが来ました。この戦略の結果、米国の11月の選挙のためにつくり上げられた広範な陶酔感を愚かにも共有した人たちは「足元がぐらついている」のを知るようになり、その時から世界システム危機の衝撃期が本格的に始まります。

2007年の春からドルは確実に大暴落します

参考

http://www.ohnichi.de/Toki/toki133.htm

2006年にドル・クラッシュ?

アメリカは何年も前から、ヨーロッパに重大な影響を及ぼす経済政策を行って来た。
アメリカ準備銀行(FRB)グリーンスパン前総裁は大量のドル札を印刷させ、利子を大幅に低減し、借金をして税金を下げるといった政策を実施していたため、輸入が大幅に増大した。
このため慢性的輸入超過となり、国庫の歳入不足を補うため、
国債を外国銀行に買わせ、1日に20億ドル以上の投資資金がアメリカに流れ込み、国際収支が底なしの赤字となり、2004年の対中国貿易収支だけでも1610億ドルの赤字となっている。

歴史的に見てもドルは過去100年間、アメリカの戦争資金調達のため絶えず価値を失ってきた。敗戦国から賠償金を取り立てたり、地下資源の採掘によっても、ドルの価値は再浮上せず、負債増大及び貨幣発行量の劇的な上昇により、価値の下落が続いている。

アメリカ準備銀行(FRB)の母体となっている巨大銀行は何十年も前から、ドルを使って世界中から系統的に有価物件を買いあさっている: 具体的には原料倉庫、工業施設、不動産、株式会社等で、市場セグメントを丸ごと買い取り、市場を独占している(原料、テレコム、プリントメディア、テレビ、軍事産業の大部分)。エネルギー市場でも同様で、アメリカ巨大金融資本は遅くとも20年後には世界の水道事業の独占を狙っている。

現在でも、アメリカ巨大金融資本は価値のなくなっているドルで有価物件の買いあさりを続け、投資家は高収益を要求し、石油の投機売買すら行い、このため物価が高騰し、経済を窒息させている。収益性の良い投資を求めて世界各国に資本の洪水をもたらし、国民経済を深刻なリセッションに陥れている。アメリカは過去の経験から少しも学ばず、証券市場に金があふれ、株価を押し上げ、投機バルブが形成され、いつ何時深刻な金融危機が生じてもおかしくない状況になっている。----パニック触発の直接のきっかけは石油価格の高騰、ドル換算レートの暴落、テロ事件かも知れない。

1929年の再来が目前に迫っているようだ。
今回も技術関連株が大当たりしている。当時もアメリカでは生産、雇用が増大し、技術革新機運が盛り上がりを見せ、新たな発明により自動車産業、化学産業の雇用が拡大した。
アメリカ大統領Hooverが「貧困との戦いにおける最終的勝利」を口にしていたほどである。
そうした楽観的傾向を目下のドイツでも経済予測、ファンドマネージャが振りまいている。
技術関連株はここ数年来、証券市場のトレンドセッターとなり、加えて、統合、合併により、証券市場バブルが膨らんでいる。今回はクラッシュがなしくずし的に進行していることが、1929年の世界恐慌との違いをなしているようだ。

2000年前後にテレコム業界の自由化が開始し、新たな投資分野を形成し、何十億ユーロもの資金が技術革新のために投入された。携帯電話、インターネット等の技術革新が収益展望を開き、ヴォーダフォーンとマンネスマンにみられるように投資・買取熱が蔓延し、株価が上昇を続けた。しかし、こうした「ニューエコノミー」フィーバーは長続きせず、2000年には大きな投機バルブが破裂した。褒めちぎられていたインターネット株が急暴落し、2002年7月、《Nasdaq》は2000年3月に比べ約80%価額を下げた。同じ期間に《Nemax》も95%値段を下げている。だが、こうした間違いから証券市場は全く学んでいない。またアメリカの技術関連株を取り扱っている《Nasdaq》はロンドン証券取引所(LSE)の買取を考え、目下統合交渉が進行中である。また、ドイツ証券取引所もEuronextとの合併を考えている。
....
ドイツ証券取引所の投資家の多数はアメリカ及びイギリス(企業)である。2001年には68%を占めていたドイツ人投資家の割合は2005年末には10%に落ちたが、英米投資家の割合は69%を維持している。Euronextとドイツ証券取引所はNasdaqがLSEを買い取ることで、アメリカの巨大金融資本がヨーロッパにおいて支配的となり、各国政府は自国の影響が限定されることを恐れている。今までは外国投資家に一定の資本参加限度を超えてはならないという足かせがはめられているが、それがなくなることになる。しかし、メルケル首相もフランスのシラク大統領も統合に賛成の意を示しているので、すべての工業国----まず欧米諸国----の証券取引所が一つに集約される可能性が強い。

投機バブルが破裂すれば、将棋倒しのように経済破綻が各国に波及し、アメリカ経済も短期間のうちに崩壊する。一般家庭、企業が支払能力をなくし、それがまた株価の下落を生む。
これはヨーロッパにも波及し、証券クラッシュと結びついたドル暴落の結果、輸出経済が打撃を受け、株価が暴落し、経済成長が下落し、人員整理につながる。
....「ブームの規模に比例して、崩壊の規模も大きくなる」と《エコノミスト》誌は書いている。ちなみに1987年のクラッシュ(Kurzsturz)の損失は3兆3000億ドルと推定されている。現在、ドルを一番多く保有しているのがアジア諸国----特に日本と中国----である。ちなみに、2004年末現在、日本がアメリカ国債の形で保有しているドルは8000億㌦以上に及ぶ。

現在では多数のアジア諸国がドルに対する信頼を失っている。ドル安の結果、保有しているドル国債の実質価値が低下し、加えて買い支えのために多額の費用が必要となる。このため中進国の中央銀行は外貨準備をドルからユーロに徐々に切り換え、世界の中央銀行の70%が準備金に占めるユーロの比率を引き上げている。これがユーロ値上がりの原因である。特に産油国がユーロへの切り換え傾向を強め、ロシア、インド、韓国、マレーシア、シンガポール、台湾もユーロ重視政策をとっている。外貨をユーロで保有する国が増えることにより、基軸通貨としてのドルの地位が揺るぐ。国際通貨システムは紙の上に構築され、この紙の価値はアメリカ経済の信用度に依存しているためだ。現在、OECDが迫りくるドル危機に警鐘を鳴らしている。

OECDの予測ではアメリカの国際収支赤字が2006年にはWirtschaftsleistungの7%に達する。目下、キーポジションを握っているのが、高度な成長力と膨大なドル準備金を保有している中国である。中国中央銀行が保有しているドルを手放した時点で、ドル危機が開始するとOECDは考えている。ドルの価値は30%ほど低下し、インフレが急激に上昇すると予測される。アメリカ準備金銀行はこれに対し利子の大幅引き上げで応えるであろう。株価、債券が下落し、その結果経済成長が停滞し、歴史上最大のクレジット不足が生じると思われる。こうした状況はすぐにヨーロッパ大陸にも波及し、株価の下落、経済成長の急激な低下を引き起こすであろう。ヨーロッパ中央銀行は大幅な利子低減でこれに応えるが、これにより経済成長が止まり、ヨーロッパは何年にもわたり景気停滞を経験するであろう。グリーンスパン前アメリカ準備銀行(FRB)総裁はドル札の乱造とそれに伴うドルに対する信頼が失墜していることを知っており、不用意に「多分2007年までに」「原則的なドル修正」が必要になり、「ドルとユーロを合体し新たな世界通貨《ユーロ・ドル》」づくりが必要----と発言している。新通貨をつくり、旧ドルの切り下げを行えば、債務を半減出来るかも知れないからだ。アジア諸国はこうした状況を知っているため、早急にドルを手放そうとしているのである。

(要約《MATRIX3000》7-8/2006)

http://www.nesara.us/pages/history.html

PICOの暫定予定表
2007年:ブッシュ政権崩壊/臨時政権誕生/各国政権交替/国際司法裁判/ 911情報機関ディスクロージャー/*イスラエル消滅/朝鮮崩壊

アメリカ連邦準備制度理事会の資産は、今、閉鎖前の『焼け残り品特価』で売却されています
世界中の銀行がまもなく閉鎖される場合に備えて、自宅に若干の現金を用意しておいてください!

・アメリカの財務長官ポールソン[前ゴールドマン・サックス最高経営責任者]がレオ・ワンタ大使から預かった4兆5000億ドル[現在の1ドル=120円の為替レートで換算すると540兆円]の現金を横領しイスラエルに横流しした容疑で昨年12月24日にドイツで逮捕されました。チェイニー副大統領もまた、ワンタ資金の横領に関与した関係者の1人として国際司法裁判所から召還命令を受けています。

・今やアメリカ合衆国で政府の権力を制御してきた犯罪的な幹部たちは決定的に逃走中です。

・主要なヨーロッパの政府、我々の知る限りではドイツ、フランス、オランダとイタリアはヨーロッパの総体的な通貨ユーロがドルに連動して崩れる場合に備え、すでに国家の銀行券を彼らの銀行に配分し始めました。

・ゴールドマン・サックスに代表されるユダヤの世界的な銀行と証券会社はその犯罪によって潰れます。アメリカの連邦準備制度理事会はまもなく消滅し、これまで連邦準備銀行が発行してきたドル紙幣は紙くずになって新しい財務省通貨に替えられます。

・イラクでのアメリカの力の破滅的な不足は、ブッシュII政権の破滅的な失敗と同時です。大部分のアメリカ人の生活水準は急速に低下し、米軍は解体に向かいます。それは革命的な結果となります。

・中国に導かれるその他の世界は、アメリカ合衆国とともにこれらの犯罪者たちの行動の直接的な結果として肥溜めの世界に投げ込まれます。格下げされた米国のドルに対する評価の後、EUの総体的な通貨ユーロは欧州連合集団に吹きつける圧力を吸収できません。そして欧州連合集団自体を内部分裂させます。

・アメリカの人々がブッシュ政権幹部の国際犯罪の現実を理解するようになったなら、本当に4兆5000億ドルのワンタ資金にしがみつこうとしてきたイスラエルとゴールドマン・サックスの貪欲さに対して激しい反ユダヤの巻き返しがあり、何か[イスラエル国家の消滅]が起こるのではないかとみられます。

AD

コメント(4)