複雑思考・シンプル志向

マーケティング・ビジネス教養を中心として思ったことを綴る日記。

仕事やプライベートで日々感じたことを、マーケティングやアカウンティングの切り口などでつづります!読書好きなので本の書評も含めて。
NEW !
テーマ:
先日、 USJが東京ディズニーシーを抜き、入場者数が世界第4位になったというニュースを見ました。

当然、外国人観光客等のインバウンド需要も多いのでしょうが、テーマパークの入場者数ランキングを見ると、世界3位が東京ディズニーランドとなっていおり、世界上位5位のうち、3つを日本のテーマパークが独占しています。
2015年の上記3つのテーマパークを全て合算した入場者数は約4,500万人なので、相当数の日本人が休暇を使ってこれらテーマパークに訪ずれている計算になります。

1位:ディズニーワールド・マジックキングダム(アメリカ)
2位:ディズニーランド(アメリカ)
3位:東京ディズニーランド(日本)
4位:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(日本)
5位:東京ディズニーシー(日本)
6位:ディズニーワールド・EPCOT(アメリカ)
7位:ディズニー・アニマルキングダム(アメリカ)
8位:ディズニー・ハリウッドスタジオ(アメリカ)
9位:ディズニーランドパーク(フランス)
10位:ユニバーサル・スタジオ(アメリカ)
11位:ディズニーCAアドベンチャー(アメリカ)
12位:アイランド・オブ・アドベンチャー(アメリカ)
13位:チャイム・オーシャン・キングダム(中国)
(出典:http://www.teaconnect.org/images/files/TEA_160_611852_160525.pdf)

リゾートとは娯楽とか行楽といった意味なのですが、著名デザイナー原研哉さんが、衣食住の次にくるのは「休む」ということを香港人のデザイナーに話したら、「行く」であるべきだと語っていたというエピソードを著書「日本のデザイン」で披露しています。

狭い香港に住んでいる人たちからすると、そこから抜け出して好きなところに羽ばたきたいという欲望が、潜在的にあるのだそうです。

衣食住の次にくるのは、原研哉さんが言う「休む」にしろ「行く」にしろ、どちらも満たしているテーマパークは、日本人やアジア人のリゾート感を満たすものなのでしょう。(当然、商圏が圧倒的に大きい、アメリカは別ものですが)。

日本のデザイン――美意識がつくる未来 (岩波新書)/岩波書店

¥864
Amazon.co.jp

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


表題は伊坂幸太郎の作品です。

内容は、他の書評に譲るとして、ここでは、モテる、ということについて、考えてみたいと思います。

男性なら、いや女性でも、ほとんどの人がモデたい!と思っていることでしょう。

本作品にでてくる主人公の一人である河崎は、世界中の女性とセックスするのがある種の義務感となっているようで、それを誰それ構わずあっけらかんと話します。

で、この河崎は容姿端麗、女性にとても優しいので、モテまくるのです。

現実の世界で小説に出てくるような完璧な人物にはほぼお目にかかれないのですが、同じようにモテる人って結構いるんですよね。

その秘密はなんだろうとかんがえたのですが、河崎もモテる僕の知人も、共通するしているのは異性に対してよい意味で隙があるというところ。

つまり、この人私のこと好きなんじゃないか?と思わせるような。態度や行動をさらっとできる人なんですね。

モテたい!と思ったら、いかに上手く隙を作れるかを考えてみたらいいのかなとおもおました。

それにしても、伊坂幸太郎は、言葉の使い方が上手いですね。例えば、屁理屈が上手いとか、言わずに、下記のように
以下、引用。
[屁理屈を盾にして突き進んでくる兵隊。
その盾が強固なものだから、僕は簡単に弾き飛ばされる。]

これも、言い訳する気持ちを例えたもの。以下、引用。
[被告に有利な証言が飛び出して、そうはさせじと必死に反論をはじめる検事の気持ちが、完璧に理解できた]
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
伊坂幸太郎のアイネクライネナハトムジークを読みました。
全体的な感想としては、小気味良いテンポで話が進み、おしゃれで思わずクスッとする表現満載の、とても楽しめる作品でした。

いつも物事を深刻に考えてしまう私は、この手の作品を読むと社会の見方が、より楽観的になれるので、気分転換にはとても良いです。

伊坂作品で必ず出てくるちょっと空気読めないけど、憎めない人物として、今回は「織田一真」が登場しますが、彼は、大した取り柄もないのに、とても美人な奥さんを持ち、優しい友達に囲まれて、楽しそうにやりたいことをして生きています。

私はこのような生き方にとても憧れるのですが、これは、いろいろな人がそう思うのではないでしょうかね。

なぜそう思うのかは、深いところもまでわかっていないのですが。アイネクライネナハトムジーク/伊坂 幸太郎

¥1,512
Amazon.co.jp

織田一真、彼女と別れてソロ活動している友達に対して出会いについて語る。以下、引用。
「ようするに、外見が良くて、性格もお前の好みで、年齢もそこそこ、しかもなぜか彼氏がいない女が、自分の目の前に現れてこねえかな、ってそういうことだろ?」


「そんな都合のいいことなんて、あるわけねーんだよ。しかも、その女がおまえのことを気に入って、できれば、趣味も似ていればいいな、なんてな、ありえねえよ。どんな確立だよ。ドラえもんが僕の机から出てこないかな、ってのと一緒だろうが」

AD
いいね!(0)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日、波頭亮さんのベーシックインカムの記事をみた。news pics経由の。ベーシックインカムは全ての人に5万~10万程度のお金を毎月渡す制度。恣意性がなくシンプルな制度なんだけど、違和感を感じた。

例えば、実際に1人5万円に決まったとして、それで生きていくのって至難の技でしょ?今の生活保護状態にある本当に困っている人は救われないよね。少しでも働けるならいいけど。

で、結局、他の補助も必要になって、複雑なシステムが出来上がる。

本当に必要かな。ベーシックインカムは。
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、自分のアウトプットの質の低下に悩んでいます。そうこう考えている中で、
出会った本がこれ。ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング/ダイヤモンド社

¥1,470
Amazon.co.jp

この本では日々10枚のアウトプットを書くことで「深く考えること」から「ココロの安定につながる」といったことまでの様々な効果があるということが書いてあります。
著者に赤羽さんはマッキンゼー出身ですが、マッキンゼーの中にも、何か言われたときにすぐに答えられないような頭の回転が遅い人がいるようですが、ゼロ秒思考に書かれているノウハウを実践することで、誰もが深く考え、言葉を自由自在に操ることができるようになるそうです。

つまり、「深く考えること」やその結果を「すばやくアウトプットすること」はトレーニング次第で誰でもできるといったことなのですが、翻って見ると、私は最近仕事以外の場面でアウトプットを行うと行ったことがなくなっています。

やはり、アウトプットを常に考えていなければ、日々の読書の効果も半減してしまうということが改めて分かりました。しばらくゼロ秒思考に書かれているノウハウを使いながらトレーニングするとともに、このブログの更新も再度してみたいと思います。
いいね!(8)  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。