どもw


今日の昼過ぎから携帯を見失いましたΣ( ̄ロ ̄lll)

掛けると鳴るんだけど、どこで鳴ってるかわからん。

こういう時だけ音にしとくと楽だなぁと思いますね。


adoria-no1


話は本題に。


インテル勝ちました!!

2-1で先勝したわけですが、

何が嬉しいって点を決めたのが悩める皇帝アドリアーノとマルティンス!!


この2人が揃って得点したのって何時振りだろう。。。


準決勝からblogにしようかと思っていましたが、

まぁ相変わらずインテルは危なっかしいので先走って書いてみました。


まぁ

一応勝ちました。


けど

awayゴールされてるのが気になりますね。


ぽいっつったらぽいな。


次で負けないことを祈って!!


ではでは

AD

shunnsuke


いつも寝起き最悪なのに

本日朝3:30、目覚まし前に起きれたワタルデス。


早起きしてみる甲斐がありましたね。

コンフェデ杯予選リーグ第3戦 日本×ブラジル。


戦前はブラジルがスタメン温存だとか言ってましたが、

やっぱりほぼレギュラーできました。


なんともまぁブラジルのスタメンが豪華なコト。

ゲーム並に反則な布陣ですね。

現在世界最高のファンタジスタとされるロナウジーニョに

ACミランで活躍中の天才カカ

僕の大好きな怪物アドリアーノ

ペレの再来とされるロビーニョ


この前線4人で崩せないディフェンスはありませんね。


まぁ、こんな選手たちと同じ芝生の上でサッカーをする日本代表に嫉妬の嵐でした。。



ここらへんで試合の寸評を。


この試合の僕の戦前予想は、

日本はギリシャ戦で徹底したワンタッチまたはツータッチプレイを基本にして

勢いそのままにリスクを犯したパスを織り交ぜながら王者に挑むが、

ブラジルが1枚や2枚どころじゃなく10枚ぐらい上手で

点数が入らないように祈る試合になると予想。



結果、んー当たってるような当たってないような。。



試合内容に関しては今日は得点シーンから。



ブラジル1点目。

ブラジルのカウンターでロナウジーニョ、ロビーニョと

日本のディフェンスの2人の2対2になって決められたんだっけかな。

個人のレベルの高さが際立ってた。

2人だけでも崩せる能力の高さとゴールを確実に決める決定力がありましたね。

今の日本代表に足りないトコロ。

先取点をとられたところで負けかなって思いました。



しかーし。

日本1点目。

希望の光を与えてくれました。

中村俊輔がミドルエリアでディフェンスがいないスポットでもらった振り向きざま。

いやぁ、いいシュートでした。

アドリアーノとまではいかないけど、無回転系の落ちるシュート。

こんなキョシュー(強シュート)うてたんですね。

この人ホントにレベルアップしてます。

正確な技術によるキープ力があるからボールも持てる。ブラジル相手でも。

この試合、ボールを持つと危うさがある日本代表の中で彼と中田だけは安心させてくれました。



ブラジル2点目。

ここらへんまではブラジルの華麗すぎるボール回しに

翻弄されまくってて、その美しさに魅せられてました。

ロベカル・カフーがいないってのに、

あの国はサイドバックに人材だらけ。

サイドバック養成学校が存在してんじゃないかと思うぐらい。

隙あらば駆け上がってきてた。


んで、ロビーニョだっけかな。

左サイドをドリブルで突破してマイナスのグラウンダーのセンターリングが

これまた、どんぴしゃでロナウジーニョに合わせて余裕のゴール。

この1点で応援の士気がガックリ下がりました。



日本2点目。

いやぁ、けどこの日の日本は一味違いました。

FIFAランキング18位がリアルに思えたぐらい。

ペナ付近のシュンスケゾーンからのセットプレイ。

フリーキックがゴールポストに当たったのを大黒が押し込んでゴール。

この2点目は後半40分ぐらいだっけかな。

もう諦めていただけあって、一緒に見ていた弟と朝5時なのに大絶叫。

日本強くなりましたね。



終了間際にも大黒のアーリークロスからのヘディングシュートがありました。

あれを決めていたら歴史に残る試合だった。

ニアじゃなくてファーにシュートして欲しかったなぁ。


最後に。

ギリシャ戦から突然日本が強くなった。

別にフォーメーションが変わったからとかじゃなくて

個人の意識と、リスクを犯す所とリスクヘッジする所がきちんとしてた。

保守的な日本人とは思えないぐらい。

あと、やっぱり日本人はテクはあるとか言われてたけど、

ブラジル相手はやっぱ全然違った。

なんかスゲーきれいな女の人を見ている気分になったからね。

華麗な展開だったり個人技だったり。

サッカーがなんてすばらしいスポーツかを再認識しました。

負けてしまいましたが、とても収穫のある大会でした。



なんか、こんな記事を書いてると

自分がサッカーヲタに思えてくる。


ホントはそんなに熱狂的でもない冷めたオトコなんだけどね。。。


AD

inter2


インテル勝ちましたw


敵地オリンピコで行われたコッパ・イタリア FINAL 1st leg。
30分、36分とたて続きにアドリアーノが2ゴールを奪い、2-0と快勝!

アドリアーノのシュートは反則ですね。。
アウェイで2-0だったので、2nd leg は8割方大丈夫かな。

1988-89シーズン振りの国内タイトルに向け、好発進でした。


以上。



\


えー、多分に漏れずサッカー日本代表の記事を書きたいと思います。



簡単に昨日の試合の寸評を。


昨日の試合は日本代表にとって引き分け以上でワールドカップ出場決定というたいしたタスクもなく、

北朝鮮代表はこの試合に負ければ3位通過によるプレーオフの道も閉ざされるため、

北朝鮮の背水の陣の攻めを日本がかわしながら隙をつく、

みたいな試合展開が予想されました。


まぁ、蓋を開けてみたら全然違いましたけどね。


だって北朝鮮も単発的なプレスぐらいしかかけてこないし、

日本のほうが50%後半ぐらいの割合でボール支配してたし。


北朝鮮やる気あんの?って拍子抜けしました。


この試合良かったのはやっぱり柳沢。

前回の試合からの好調を維持してましたね。

ボールのないところでの動きがよかった。

安定してたし、コンスタントに前も向けてゴールに向かう姿勢も見えたし。

点も奪えてよかったですね。

結果が残せて。


稲本も久々の出場でした。

パスミスだったりっていうケアレスミスもあったけど、

攻めてるときは良かったんでは。

相手ゴール前でペナサイドに抜けた時は光ってましたね。

十分及第点でした。


点数を決めた大黒。

彼はとってもいいと思います。

監督に好かれるタイプですね。

だって、常にゴールを見据えている姿勢と安定した技術、

ディフェンスの裏をとる動き。

フォワードのお手本ですね。



んで、いまいちなのが鈴木と加地。


昨日の試合に至っては加地は別に悪くなかったんだけど、

やっぱり蹴る・止めるっていう基本的なクウォリティーがちょっと低いかな。

具体的に言うとトラップしたりしてもなかなか足元につかないし、

センターリングなんかのキック精度も物足りないなぁ。


鈴木はねぇ。

なんだろう。

光る部分があまりない。

前線で精力的に動き回るってところは評価できんだけど、

それ以外は平均レベルだね。


んで、昨日の試合で一番印象的なので中田英。

観客席で観戦をしていたけど、なんだろうね。

先生が頑張ってる生徒を微笑ましく見るような目で見てたよね。

「よくがんばってるなぁ、お前等」みたいな。

COOLすぎですね、 あの人。


まぁ、いずれにせよW杯出場はきまりました。


8年前の初出場時は決定した瞬間は飛び上がるほど喜んだけど、

今回はある程度落ち着いて見れました。


よかった。よかった。



でも、本大会ではこのままでは勝てないでしょう。


とりあえず、久保と高原が帰ってきて、

両サイドを変えて

チームとしての成熟度を上げる必要がありますね。



とりあえず、もうすぐ始まるコンフェデを楽しみに。。


ではでは。












どもっ。

日曜日の昼下がり、横浜のNISSANスタジアムでJリーグ観戦

年甲斐もなくサッカーの格好で行くことになりS君にジャージを借り、

サッカーボールを蹴りながらキャプテン翼くん気分で行ってきたとです。

僕は久々にサッカーボールが蹴れてテンションは高かったんだけど、

S君何故かダウン気味。。

まぁ、明け方まで飲んでたからしょうがないといえばしょうがない。

けど主催者なんだから、テンション上げろと言ってもダメ。

若干、機嫌が斜めになりながらも東横線の菊名に到着して、

買出しをしようとスーパーに入店したとです。

S君がカゴを持ってビールを詰めているとだんだんS君のテンションが上がってくる。

これからビールを飲むことを想像しただけで調子が良くなってきたらしい。。

マジかよっ(怒

ビール見ただけでテンションあがんのかよ。。

あんたアル中だよ!w


まぁ、そんなことがありつつもスタジアムに到着。

スタンドに上がってみると30分前なのにもうレッズサポーターでいっぱい。

なんとか席を探してスタジアムを見回してみ見る。

AWAYなのにレッズとマリノスのサポーター数は五分五分。

勢いはやっぱりレッズが1枚も2枚も上手でした。

なんだか知んないけどポケーっとレッズサポーターを傍観してたら涙が出てきた。

んー、なんでだろう。

自分でも意味が分からずちょっと恥ずかしい。。


んで、友達カップルとかとも合流して試合を観戦しました。

結果は1-0でレッズの勝利。

鈴木啓太のロングから途中出場の永井が決めてくれました!w

試合終了してからもレッズサポーターは誰も帰らない。

勝利の歌なんかをずーっと歌っているんですよ。

この前他でAWAYチームが勝ってずっと騒いでたらHOMEのサポーターと乱闘事件があったけど、

レッズサポーターには誰も向かってこないんだろーなぁ、なんて思いながら見てました。

We are REDS !!

以上。

すごくないですか?この写真!?

 

サッカーの試合中の写真なんどす。

 インテル

 

昨日行われた、欧州CLのベスト8「インテル×ミラノ」 2nd leg。

 

1st legでミランに2-0で負けているインテルは、ミランをHOMEに向かえ何が何でも勝たなくてはならない試合だったのです。

 

次へ進むためには最低でも3-0で勝たなくてはならないインテルは、

前半30分 ミランのシェフチェンコにゴールを決められてしまう。

 

怪我から復活したシェフチェンコは調子良すぎてちょっとヘコむ。

 

この時点であと4点取らなきゃならなくなったからサポーターは多分むかついてたんだと思う。

 

んで、後半25分くらいにカンビアッソのゴールがファウルで取り消されたらサポーター爆発!!

 

発炎筒とかビンとか手当たりしだい投げまくった。

 

 結果、上の写真のような状態になったわけです。

 

そっから10分後ぐらいに没収試合となって、結局0-1でインテルの負け。

 

インテルのサポーターがこういうことをすると、インテルにペナルティになるからサポーターとしてやっちゃいけないことなんだけど、

見方を変えるとそこまでインテルに夢中になれるということがとってもすごいと思う。

 

多分、インテルと共に生きているんだろう。

 

どちらにせよ、インテルが負けてヘコんでます。。

インテル×ポルト戦

テーマ:

今夜はチャンピオンズリーグのインテル×ポルト戦。

僕のいま一番好きなチームってインテルなんだよね。

小さい頃からサッカーやってたから、サッカーだけはよく見る。

Jリーグに関しては何があっても!浦和レッズ!ってカンジなんだけど、
欧州の各国リーグに関しては特定のチームに対してそこまでの執心はない。

だからチームとしても選手個人としても、やっぱサッカーって楽しいなぁって思わしてくれるチームが好きだね。

んで、チームとして今シーズン一番いいサッカーしてるのはやっぱりバルセロナ。
ロナウジーニョとエトーのコンビはやばいよね!
ホント見ていて楽しい。
っていうよりもやってるロナウジーニョとかのほうが楽しそうにしてるけど。。
今現在世界最高のチームでしょう。
だってほとんど毎試合ボール支配率60%以上ってありえなくない!?

オレの弟って結構なバルセロニスタで、バルサの試合を見るためだけにWOWOWを引いたんだよ。
1週間にバルサの試合を1試合につき2.3回ぐらい放映してるんだけど、ほとんど全部みてるからね。最初の試合以外は録画なのにだよ。
ビデオ録って見ろよ!って突っ込むんだけど、いまだにそれが続いてる。
まぁ、それぐらいハマる気持ちも分かるけどね。。

そんなバルサよりもやっぱりインテルのほうが僕は好きなんだよね。。
なんでかっていうと、やっぱりインテルに所属している選手が好きなヤツばっかりだから。。

そのなかでもサイコーなのが「レコパ」と「ビエリ」。

「レコパ」はブタみたいな顔した、レフティ。

「ビエリ」は牛みたいな顔してる、ブルドーザーみたいなパワー系。


元々、どちらもジャンル的には好きなタイプではない。。。


なのに、この2人は僕を虜にさせる。

多分、生理的に受け付けない部分や嫌いな部分っていうのもその部分を極められると逆に好きになっちゃうのかも。

それにインテルってこの二人だけじゃないんだよ。
レコパ・ビエリ以外にも、アドリアーノ・マルティンス・ベロン・ダービッツ・・
全然銀河系軍団にも負けてないメンツなのになぁ。

ホントに勝てない。負けないけど勝てない。。

セリエAの優勝の可能性もなくなってきたので、チャンピオンズリーグでの優勝を祈って。。

ってなカンジで今日はお終い。

ではでは。