FUKUOKA EXPEDITION

テーマ:

やるっちゃ やるっちゃ

ワタルです


福岡行って来ました

福岡に転勤した高校時代の友人に会いに同級生達と


語尾に「たい」を付けるのかと思っていましたが「ちゃ」をみんな付けるんですね

初めて知りました



土曜日にお休みをもらい

金曜日の最終便で福岡まで


仕事の都合でみんなそれぞれのタイミングで行った訳です


僕、飛行機恐怖症かもしれません


てか

久々に再確認しました。


みんなあんなに揺れてるのになんでビビらないんでしょうか

僕の右前で御菓子を食べながらDUOで英単語覚えてる学生に尊敬の念を抱きました



すごいっちゃ



まぁ

そんな訳で初めて乗るスターフライヤーにビビリながら北九州空港に着いたわけです

時間は翌日の午前1時過ぎ

外に出ると最終便だけにあまりヒトはいません


羽田を発つ前の時点で

本当は迎えに来てくれる予定でしたが


「飲みに行っちゃうから迎えに行けんくなる。バスが出てるからバスで来てくれ」


と云う事で

バス停を探しに


生まれて初めて九州に降り立ったのでわからず

近くの係りのヒトに聞くと


「バスなんてとっくに終わってるよ」


とのこと




・・・




若干の怒りを覚えながら

友人に電話をすると



「プルルルッ プルルルッ ・・・・  お客様のお掛けになった・・・・・・」




・・・・




電話に出ません

いくら掛けても

そして誰も



彼の職場が「小倉」としか情報が無い僕は

ずっと喫煙所で掛け続けていましたが

如何せん最終便で来たもので

ヒトはどんどん減り

タクシー乗り場のタクシーも残り2台

海の中にある空港よりどこかに移動するべきだと考え

家も多分近いだろうと

とりあえずタクシーで小倉へ



車内でも掛け捲りましたが

一向に出る気配がありません。。



いつの間にか小倉駅に到着

ヒトもあまり居なく閑散としてるし


とりあえず朝までやってそうな近くのバーに入る


飛行機に乗る前に飲んでてフリーズした頭を回転させ

彼の住所を手に入れる手段を模索する


ヤツの彼女しかいない


高校時代から知っている子ですが

現在の電話もしらないし

今の携帯にはヤツの地元の友達の番号も入っていません


2,3年前に僕の地元の友人に

ヤツの地元の友人を紹介した事を思い出し

僕の地元のS君に電話をする

時間は深夜2時を過ぎた辺り

彼が土曜日仕事があるのを知っていましたが

事情を話すと快く番号を教えてくれる


そしてS君からヤツの地元の友人であるK君に掛けてみる

運良く彼は電話番号が変わっておらず電話に出てくれた

深夜に知らない番号にも関わらず

彼も事情を聞くと自分のコトの様に心配してくれる



世の中いいヒトがいっぱいだ



ヤツの彼女の番号を手に入れ

電話をする


2,3回掛けても出ない


深夜に知らない番号が何回も鳴るという

自分の立場であったらありえないが

僕も後に引けないので

電話をすると

4回目で出てくれた



「は・・・い・・・・・」



寝ていたみたいだが

事情を聞いた彼女は自分がしたコトの様に謝ってくれて

住所とタクシーでの行き方を教えてくれた



やっとマンションまで到着



マンションまで来たのはいいが

出ない時を想定してタクシーの運転手の番号とビジネスホテルの場所を聞いておく


ヤツの部屋は9階しかもオートロック


想像通りいくらインターホンを鳴らしても起きない

起きる気配すらしない


この頃になると

他にも電話した高校時代の友人がみんな心配して掛けて来てくれました


ほんといいヒトがいっぱい


友人と電話をしながら

どこか2階に上がれる階段を探しなと言う助言をもらい探すと

頑張ればなんとか上がれそうな非常階段を発見


もぅここしかない


あから様に傍から見たら泥棒でしたが

ここまで来れた奇跡をムダにすることはできないので

強引に2階に上る


9階に到着


心配して掛けてきてくれた友人と電話しながら

インターホンを鳴らし続ける

時間にすると20分ぐらいかな


インターホンではなく

ヤツの彼女が掛け続けてくれた電話に反応したらしく

ようやく扉が開く


爆睡していた彼は何故自分の家の前に僕がいるのか

直ぐに理解できていませんでしたが

その後は執事のように扱ってやりました




・・・・




てか

家に行くまでで長く書きすぎたな。。。


続きは気が向いたらと云う事で


とりあえず



kyushuu

↑途方にくれている僕を隣家のヒトに激写されました





・・・・





彼の結婚式の2次会の幹事を

来年やるんですが

ちょっと考えたいと思います

今のトコロ祝える気分じゃありません








追記


途方にくれている時に寄ったバーで

帰り際

その店のマスターに


「東京からですか?」


って聞かれ

イライラしすぎてて


「ポルトガルです」


って言ってしまいました


どーもすみませんロケット







以上



AD