今回は週刊少年マガジンで連載されていた氏家ト全先生のギャグ漫画「女子大生家庭教師濱中アイ」について紹介等をしておきます。



思春期の少年には超オススメです(・∀・)






あらすじ 

 中学生である小久保マサヒコは成績不振の為母親に家庭教師を呼ばれる。

しかし、家庭教師としてやってきた濱中アイは異性との交流がない為にどうしていいのかわからずに大学の先輩である中村リョーコに様々な助言をしてもらうが、

それが逆に悪影響を及ぼし、その手のネタのことに何でも絡ませようとするようになってしまう…

 果たして小久保マサヒコの成績はよくなるのだろうか…





主要キャラ紹介

【一部ドラッグしないと見れないようになっています=w=;】


○濱中アイ

 (一応)主人公。女子大生。小久保マサヒコ(↓参照)の家庭教師。処女

最初は純粋で真面目なキャラだったが、話が重なるにつれて中村リョーコ(↓参照)の手によって毒されて、その手のネタもガンガン言ったり受けたりするようになる。

今作品で一番場の雰囲気に流されている。



○小久保マサヒコ

 話の過激さで見失いがちだが中学生。物凄い真面目。本当に真面目。エロや女に全くと言っていいほど興味がない。

数学が嫌い。w( ゚∀゚)人(゚∀゚ )ナカマー!

でも、回りにはいつも女性が集まる。 羨ましい奴め…



○中村リョーコ

 濱中アイの大学・家庭教師共に先輩。的山リンコ(↓参照)の家庭教師。
いろんな意味で「経験豊富」でその経験を生かしたボケが漫画に多数あるw

(中学の頃から教師とあんなことやこんなことを…(・∀・)ニヤニヤ)

正直彼女がいないとこの漫画の真髄は掴めません(`・ω・´)



○天野ミサキ

 小久保マサヒコの幼馴染。成績優秀。でも、家庭科は苦手。胸が小さいことがコンプレックス

実は幼馴染である小久保マサヒコのことが好き。

あと、キャラに似合わずその手のネタに過剰反応する。



○的山リンコ

 中村リョーコの教え子。メガネっ娘。かなりの天然ボケ。

中村リョーコから教えてもらったその手のネタの意味を理解せずに多用する為実は恐ろしい存在=w=;

天然だけで物凄い人気があるw



○若田部アヤナ

 委員長には1度しかなってないが、キャラ的にはずっと委員長キャラ。大人でクールな性格。

作品上一番胸が大きく、それがコンプレックスになっている。

見た目に合わず何かとその手のネタに運悪く絡まれるw






と以上6キャラで殆ど構成されている話です。

その割には笑いのネタが尽きずに最終巻である6巻まで楽しめます(>ヮ<)ノ

人によってどのキャラが好きだったりツボだったりするかが本当に違いますwww

ちなみに自分はアヤナとリンコがツボってる人です。







漫画のその手のネタ(ピンからキリまで)の紹介【ネタパレあり

(漫画を読んだ時の面白さを保つ為にコミック前半である1~3巻で選りすぐりのシーンを集めました><b)


濱中アイ1


アナタおかえり~ドキドキ

あれ?お友達?



濱中アイ2


的山リンコ:「へー 私もAはクリアしたよ。

       でも、次のBが難しいんだよね。」


小久保マサヒコ:「そうそう。オレもがんばってんだケド一人じゃなんとも…」





濱中アイ3


中村リョーコ:「やっと○○○入ったってさ… 処女は大変ラブラブ





濱中アイ


濱中アイ:「確かにネギをお尻の穴に入れるとキクとは聞きますけど、

      そっちも初めてなのでネギで喪失だけはカンベンしてくださいっ!!




濱中アイ5


濱中アイ:「しごく時は利き手じゃない方でやると他人にしてもらってる感じになってそれはそれで気持ち(略)」



濱中アイ6


中村リョーコ:「いーい?雨が降るのは、雲粒という水晶が100まんこ集まって雨(略)」


濱中アイ7


マサヒコ母:「皮むくものならまだ残ってるわよ。

       ウチの息子の ムスコ


マサヒコ:「え?


ミサキ:「小久保君、その皮 私に ムカせて!!


マサヒコ:「は?


濱中アイ8


ご想像にお任せしますm(_ _)m

濱中アイ9


ご想像にお任せしますm(_ _)m


10


マサヒコ:「天野!! 

     出る!!

     出る出る!!



ミサキ:「だめーーーーーっ!!

    中に出しちゃダメーーーーーっ」!!








と本当に少年誌の(ある意味)限界に挑戦している漫画です(;´▽`A``






女子大生家庭教師濱中アイ 1 (1)
氏家 ト全
講談社 (2004/05/17)
売り上げランキング: 6,250


さあ、皆さんも是非近所の本屋に行って是非濱中アイを購入してくださいね。(;´▽`A``

ちなみに現在氏家先生はマガジンで「アイドルのあかほん」を連載中です。


新たな旋風巻き起こします…




【+α要素(・∀・)】

 もしかして「この程度のエロ度じゃあまだまだだなビックリマーク」と思う人がいるなら、同時期にヤングマガジンのほうで連載されていた「妹は思春期」の方をオススメします。

こちらの方がネタが過激でストレート化していますが、タイトルのせいか書店でなかなか買いにくいところが難点です><;


妹は思春期 1 (1)
妹は思春期 1 (1)
posted with amazlet on 06.07.31
氏家 ト全
講談社 (2002/08/05)
売り上げランキング: 3,941
おすすめ度の平均: 4.22
5 笑い&エロ??
5 あずまんが大王なみのおもしろさ!
4 エロではなく笑い
AD

コメント(3)