浜松〜夜中編〜

テーマ:
鉄は熱いうちに。
どうも、ブラックスミスわっつです。
急かされたり、挑発?されたりなんで、後編も頑張ってすぐ書いちゃうもんねw


って事で、チェックイン。
コグマちゃんから、暫くしたら行くから部屋番号を教えてくれと。
ベッドにぶっ倒れてたら、廊下から話し声が……来たな。
え?別の人かもって?ないな。
だって、

「ピンポンないのかなぁー!」

って言ってるしw
久々の再開の俺の第一声が、「ピンポンはないだろ」だったからねw

んなワケで、浜松駅に移動。
そこで、コグナグ夫婦の友達夫婦と合流。
俺だけ一人とか、そんな事は1ミリも気にしない。
さぁ行くぜ!浜松餃子!

お店の名前は、"むつぎく"だったかな?
オープン前から並んでる!
我らも並ぶぞ!
暫く待ってると、女性店員が先にオーダーを聞きに来た……横柄な感じでw
怖いっw
みんなで、追加注文したら怒られないかな……とかビクビクw
5人いる事だし、20個×3皿で。
そして店内へ。
きた!



photo:01




豪快!
ちなみに、もやしが乗ってると浜松餃子?
そして……美味い!
中のキャベツがまぁ細かく刻んであって。
明太子か!?みたいな食感!(マジ?w)
やっぱ餃子にはビールだねぇ。
おいしゅうございました。
結構客の回転が早くて、出る頃には誰も並んでなかったよ。

さて、地元の夫婦さんとはここでお別れ。
3人で次は、鰻の串焼きを食べに行くぜ!
お店は、"ひら山"だったかな?
まだ時間が早くて、客は俺らが一番乗りだった。
ビールや酎ハイを呑みながら、串盛りを待つ。
きた!



photo:02




これは…焼酎だ!
って事で、3人で別々の麦焼酎を頼んで飲み比べるw
あぁ、ウナギ美味ぇ…。
焼酎がまたたまらん。

さぁ、次へ移動だ!
次はBARへ。
浜松で一番有名なBARって言ってたかな?
"Triangle"へ。
ここは………雰囲気がサイコーだ!
こんなBARが近場にあったら絶対通うよね。
カウンターの向こうには猛烈な数のボトルが並び、かなり薄暗い店内。
メニューとかを照らす為のライトが置いてあったりね。
椅子の背もたれなんて、座ったら頭より高いんだぜ?
王様気分だよw
こりゃ、椅子に上着はかけられないね!
さてと、俺は生意気にも挑発的にマティーニをいただこうかw
そしてここで、今回の旅のベストショットが!!



photo:03




なんか、スゲー良く撮れてね?w
撮ろうとしたら、バーテンがさっとライトを。
さすがに慣れてるw
味も申し分ないっす。
次は何を飲もうか……え?アレなの?
俺はやっぱアレをオーダーするの?w
俺の必殺技!

ガルフストリィィームッ!!!

なんか最近、俺の代名詞みたいなカクテルになってきたw
ちなみにコグマちゃんは、十四代って日本酒の飲み比べセットを飲んでた。
ちょっと分けてもらったんだけど、ンメッ!これンメッ!!

さぁ!もちろんまた移動だ!
次は、さっきウロウロしてたときにやたらと目に入ったバールとやらへ。
イタリヤ居酒屋的な?
店名は忘れたってか、見てないw
客層は8割以上が女性かね。
980円で数種類のワインが飲み放題で、ビールもあったけ?
俺はハイボールを飲んでたけど。
ここも良いね。
なんせ安い。
料理も安いんだけど、結構美味しいんだよ。
この値段でこれなら全然イケる。
こりゃ繁盛するワケだ。
さて、この店でも1枚。



photo:04




なんだ?この騒々しい目隠しはw
いや、ここもなかなかに良い店だった。

さて………移動だ!
コンビニで買い出しして、ホテルから徒歩1~2分のカラオケ店へ。
持ち込み自由な激安店w
さぁ、歌おう。
が、コグマちゃんが大分限界に近づいているような?w
多分、1曲しか歌ってないかな?
眠りにつかれました。
そこから、俺らのLIVEが始まった。
俺とナグさん、交互にCOMPLEXしか歌ってねぇ!

日曜日の夜さ!連れ出してやるぜ!!

あぁ、楽しいwww
こんな気兼ねなく選曲できるなんてw
あ、ちょっとトイレね。

そして戻ってきたら…。



photo:05




ナグさんも連結してダウンしてた。
俺はどうしたらいいんだ?
途方にくれそうになったところに、フロントから時間ですよ?の電話が。
よし!……って二人とも起きねぇ!w
ユサユサユサユサユサユサユサユサユサユサユサユサ…起きた!

撤収開始。
途中、ホテルのカギがない!
って、道路にカバンの中身を並べ出すコグマちゃんwww
あるからホテルに戻ろう、と冷静なナグさんw
あった!!!
良かったね、コグマちゃんw


今回の旅。
コグナグ夫婦に激しく感謝だ。
このリサーチっぷりに。
だって俺、ついてまわっただけでハズレなしの店ばかりw
ありがとー!!

翌朝から帰り編は…いらんかなw
AD

コメント(4)