生みだす人になる(旧:watoのメモ帳)

サービスをメディアを事業を産業を生み出す人になりたい

株式会社WOODY Founder&CEO中里祐次です。
http://thewoody.jp/

6年半務めたサイバーエージェントから独立して、2013年11月会社設立。
現在、事業の準備中です。

誰でも簡単に電子書籍が作れるサービス『WOODY』は事前登録中です↓


↓サイバーエージェント社の藤田ファンドより投資して頂きました↓
サイバーエージェント 投資事業本部よりWoodyへの出資を実施 ~サイバーエージェント出身起業家への投資・支援~

・Facebook
https://www.facebook.com/wato8282

・メールアドレス
wato8282★gmail.com
※★を@にかえてください。

<良く読まれている記事>
・[Facebook]サイバーエージェントを卒業/起業いたします
・[Blog]サイバーエージェントを卒業/起業いたします
・[Facebook]仲間集め ※拡散希望
・[Blog]仲間集め ※拡散希望
・[Facebook]3つ報告 ※拡散希望
・[Blog]3つ報告 ※拡散希望


テーマ:
オイシックス高島社長の『ライフ・イズ・ベジタブル』を読みました。


続きはこちらから
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


今週の水曜、木曜と新経連サミットに参加してきました。
チケットを手配して下さった、サイバーエージェントのみなさまありがとうございます。
(特に、武田さん、おのてつ、あすぴーありがとう!)

そこで学んだ事を忘れないうちに3つほどまとめておきます。


続きはこちらから

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
藤田社長の言葉に

最高か最速

という言葉があります。

サービスを出す時は

・後発の場合、最高のクオリティで出し
・世に出ていない場合はとにかく最速で出せ

というものです。
(僕はそう認識しています)

この最速仕様の場合は、
ゴールをいかにフォーカスできるかが非常に重要だと思います。

最近自分の判断が甘かったな、と思ったのがまさにこれです。

初期構想からはかなりミニマムに削ったつもりだったのですが、もっと削れた。

ゴール設計を
週に数百件ずつアカウントを解放して検証していける事
にしてたのですが、
よりミニマム最速仕様にするために、
友人10人にまず触ってもらえる状態
という形に定義し直しました。

似ている様で全く違うのですが、
僕たちの場合はこのフォーカスポイントをずらすことにより機能を約半分まで削り落としました。

フォーカスすべき、ユーザーに体験して欲しい感動ポイントは、
あくまで
誰でも簡単に電子書籍を簡単に出せる
というポイントなので、
そこに関係無いところは友人であればかなり削り込む事が出来たのです。

このジャッジを一ヶ月前に出来ていれば、開発期間を2週間は短縮出来た気がするので、これは自分の実力不足、とかなり反省しました。

最初に、最高か最速と書きましたが、良く考えるとスタートアップの場合必然的に最速プラン、つまり世にまだ出ていないサービスを選択するしか無いですね。

最高プランを選ぶと開発期間が伸びるし、そもそも最適な人材を採用できるか分からない。
そうなると、キャッシュが無くなる可能性もあるので、二番煎じで最高プランを選ぶのはスタートアップとしてはあまり良いカードの切り方では無いのかもしれません。




誰でも簡単に電子書籍が作れるサービス『WOODY』は事前登録中です↓

 

いいね!した人  |  コメント(0)