切なさと潔さと狡猾さと

テーマ:
ベッキー復帰ニュースがyahooトップに何件掲載されている?という状態で許してあげたら派と復帰するな派が意見を戦わせているようですが。

個人的にはもうテレビでもネットでも見たくない派です。バラエティはろくに見ないのでCMとネットニュースに出て来なくなれば避けられるので一刻も早くそうなって欲しい。

不倫そのものはドラマや映画、歌詞とかにも使われている題材だし既婚者を好きになる事はまぁ仕方ないことだと思います。職場とかでも良い年して独身の人より既婚者の方が男女問わず魅力的な人が多い。ベッキーのお相手が魅力的かどうかはさておき、自分の経験でも既婚者でも素敵だなと思ったことぐらいはあります。

不倫ソングの有名どころで竹内まりやの『マンハッタン・キス』がありますが、この曲は大好きな曲のひとつです。でも不倫だろうな~と思いつつ、なんとなく歌詞に出てくる女性に感情移入するのは、ずっと一緒にいられない切なさとか、一緒にいられないのは自分が世間的に許されない関係だと一種の諦めや潔さみたいなものを歌詞から感じられるからであって、決して不倫そのものを許容している訳ではない。

一方、流出LINEメールでは離婚届を卒論と揶揄し、不貞行為が仕事に支障を来すかどうかも友達と押し通すと豪語。流出元とか流出そのものが犯罪行為かもとか以前に、自分が不貞行為に走っている罪悪感も感じさせなければ自分の行為で傷ついている人がいるかも知れない事も鑑みない内容に人として心底軽蔑しました。この人、相手の立場や気持ちを思いやるとか全くできないんだなと。今回の復帰にしろ、やたらと擁護する芸能人が多いのにも彼女の狡猾さやあざとさへの嫌悪感しか感じない。

そもそも、この騒動の前から胡散臭いイイ子キャラだなと感じていたところに一連のLINEメールのやりとりがトドメを刺したという感じで、コイツ人として信用できない。芸能人とかでなく学校や職場の人なら可能な限り近付きたくない。芸能人であるならテレビでもネットでも観たくない。

バラエティとか自分と接点の無い舞台なら別に何しようと構いません。ただしネットにもCMにも二度と出てくるな。

こういう自分本位の塊みたいな人は、自分が結婚して配偶者に不倫され、不倫相手に小バカにされながら早く離婚届書きなよ~とか言われるのを目の当たりにしない限り、自分の行動がどんなもんか理解しないでしょう。目には目をでいつか痛い目にあえばいいと思います。



AD