伊藤みどり選手でフィギュアスケートに興味を持ち浅田真央でフィギュアが嫌いになりました。

伊藤みどり選手のトリプルアクセル、え?今飛ぶの?と驚くほど短い助走からのダイナミックなジャンプ。心が踊ったし外国の観客からも惜しみない賛辞が送られるのが嬉しかったのを今でも鮮明に覚えています。

そのトリプルアクセルの代名詞と言われるのは今では浅田真央。彼女のジャンプは3回転なんだか3回転半なんだかさっぱり分からない。いつ飛ぶの?とイライラする長い助走。スピードも無ければ高さも無い。実際よく回転不足をとられる。

しかも技術点と大きく乖離した芸術点。ソチのフリーに感動したという意見が多いけれど本来ならフリーには参戦できないショートの出来だったはず。ジャンプを失敗するごとになんで高得点が出るか分からない芸術点で救済され、休養後の復帰シーズンでは本郷など他の選手の芸術点が抑えられ本郷らが浅田選手の順位を保つ為だけに不当に順位を下げられていたという印象しかありません。

そして一番理解し難いのがソチのメダルより感動の6位キャンペーン。スポーツ選手は結果が全て、特に同じ五輪で男子フィギュア初の金メダルを獲得しているのにそれを上回る異常な祭り上げ。あまりの気色悪さに心底辟易しました。

そのソチで金を獲った羽生選手や体操の内村選手の演技は同じ採点競技でも一位は確定、どこまで特典が伸びるか、という素人目にも分かりやすい強さがあります。女子フィギュアは伊藤みどりという異端とも言える選手が出てきてから彼女のような選手に不利になるようなルール改正を重ね芸術点に偏り過ぎて最早スポーツと言える競技では無くなってしまった。

キムヨナに比べてジャッジが浅田に厳しいという意見もあるようですが純粋な技術点で特にこの数年の浅田選手の成績を見ると浅田真央の芸術点がいかに異常な数字かよく分かるはず。キムヨナも浅田選手も芸術点が不可解という意味で私の中では対等な立ち位置です。浅田真央の引退でやっと正常な状態に戻るかと期待はしたいけれど、ジュニアから上がってくる本田選手が浅田選手と同じような依怙贔屓採点扱いになるのではとの不安もあり。

引退祭りがいつまで続くか知りませんがマスコミは公平な立場で浅田祭り上げの影で実力が正当に評価されなかった若手をきちんと報道してくれるようになることを期待します。
AD