ピッチ・パーフェクト

テーマ:
新入生歓迎ムード満載の大学構内。女性アカペラサークル“ベラーズ”は昨年度全国大会の雪辱を晴らすべく、新メンバーを募っていたが、なかなかメンバーが集まらず四苦八苦。一方、LAに出てDJとして働くつもりが父親に大学入学を強いられたベッカは授業、サークル活動共に無関心。そんなベッカが口ずさんでいた歌の上手さに惹かれたベラーズのメンバー、クロエはベッカをベラーズに引き込むことに…。

女性の音楽グループに焦点を当てた映画と言われてまず思い浮かぶのは、聖歌隊を使って寂れた教会に活気を吹き込む『天使にラブソングを』。この『ピッチ・パーフェクト』は『天使にラブソングを』に比べると主人公が学生ということもあって内容が薄っぺらいと感じる部分もあるけれど、楽器を使わず全て肉声でアレンジする曲の数々は聞き応え十分。

新メンバー加入後、まだチームとして噛み合わない部分が多々ある中で歌い出すと笑顔でパートに分かれてハーモニーを奏でる様も微笑ましくて。変化を頑なに拒み仲間を威圧的にコントロールしようとするリーダーのオーブリー、斬新なアイデアはあるものの周囲の理解を得る努力はせず暴走しがちなベッカが、次第に一つの目標に向かって足並みを揃えていく様も、学園が舞台ならではの展開で。

正直言って、アカペラでカバーしている原曲を全く知らない、洋楽に興味の無い人が観ても全く面白く無い映画なのかも知れないけれど、ある程度の洋楽好きならたまらない作品。

久しぶりに80~90年代の洋楽を聴き直したい気分になること間違いなし。何も考えずに楽しんで観るのに適した一作。

公式サイトはこちら


AD

iphone修理あれこれ

テーマ:
使用しているiphoneは2代目。個人的に初めて使ったのがiphone4sで、2年後に機種変更したのが5s。
iphoneユーザーになって3年半にして、初めて壊れました。マイiphone。

障害内容としてはホームボタンが全く動作しなくなったこと。
ひとたびアプリを起動したら画面切り替えすら出来ない!と青くなったものの、代替で便利な機能がありました。それがAssistiveTouch

とりあえず急場は凌げると対処方法を調査。こちらのサイトで紹介されているような、電源オフ画面でホームボタン長押し等、色々挑戦してみたものの現象は改善されず。自力で直すことは諦めて修理方法を探しました。

結果として選んだのはAppleのジーニアスバーでの修理。いきなりAppleStoreに行っても長時間待たされると聞いたことがあったので、ネットで予約してからの訪問。家からだと一番近いのは渋谷でしたが渋谷は直近で予約できる日が無かったので表参道のストアに行きました。

対応としては、新しい機器との交換。サポート期間内だったので交換費用は無料。ネット予約していたので10分程の待ち時間で案内され、担当の方と障害内容を確認。ホームボタンは押しても反応しないが指紋認証は動作することを確認。サポート期間内であることをチェックし、修理なら2時間、交換なら15分と言われて交換を選択。

障害状況をチェックし対応方法を決定、交換機器の動作確認で所要時間は30分にも満たなかったと思います。使用していた機種の在庫があったからこその迅速な対応だったのだとは思いますが、国内メーカーのスマホに比べてアップルはサポートが対応悪いと周囲のアップルユーザーからちらほら聞いていた、そんな評価は一掃されましたとも!

4sから5sに機種変する時に、AppleCareに入るか確認され、4sは特に何の問題も無く2年間使えていたので入るか迷ったのですが、入っていたおいて本当に良かった!秋には5s機種変更後2年になるので、そろそろ発表されるであろう新機種(6s?)にまた乗り換えるとは思いますが、5sもipodとして使い続ける予定なので2年経過する直前に交換できて個人的には大満足です。

auユーザーなので、帰宅中にauサポートのアプリを落としてメールだけ先行設定。残りは家のPCのバックアップからデータ復旧。
交換機器のiosが最新では無かったので、新規iphoneとして登録→ios更新→バックアップからデータ復元の作業の流れになりました。4s使用時に比べてデータ量が増えていたので時間がかかったのは致し方無い…。

個人的に一番利用しているのは動画でもゲームでも無く電子書籍。これはアプリは復旧させてもスマホ本体にダウンロードしたデータはすべて初期化されていまうので、再ダウンロードするのが一番面倒くさいかも。。

何はともあれ、障害が起きた時はまずはアップル正規店での対応方法を確認するべきだと実感した経験でした。アップルストアは仕事帰りに行ける時間には予約を全く取れなかったので、7000円で修理!などと謳っている業者で修理するか、当初は真剣に悩んだりしたのですが。。

AD