足ツボ解毒マッサージ

テーマ:

マッサージは苦手で(揉み返しなどで症状が悪化するケースもあるので)あまり行かないのだけれど、そんな私が珍しく長期間通ったのが足ツボマッサージで有名なMattyさんのサロン で。


代表者のMattyさんは足ツボ解毒の著書も出しており、私が知ったのは昨年ファッション誌『MORE』のダイエット特集での紹介がきっかけで。Mattyさん自身は藤原紀香はじめ著名人も相手をする足ツボマッサージの第一人者で予約も取れないとのことだけれど、サロン自体はプロ養成講習が修了した方が担当しているようで、HPで定期的に募集している期間内に応募すると比較的容易に施術を受けることができる。


私は足ツボでは無く、ふくらはぎから太ももにかけてマッサージしてもらうコースに通っていたのだけれど、回数券購入では無い場合は予約はあくまで口頭ベース、特に何日何時と紙に記載される訳でも無く、サロンのPCと自分の携帯に予定を入れて終わり、なので、本当にちゃんと予約を取れているのか不安に感じたことも無くは無かったのだけれど、これまでは予約ミスのような事態は無く。けれど、先日行ってみたところ、玄関の鍵もしまっており、チャイムを鳴らしても誰も出て来ないという事態になってしまった。


人はどうしても生活する上で老廃物が身体に溜まってしまうそうで、1日の終わりに足ツボなどを押して老廃物を流すようにすることを提唱しているのがMattyさんの教え。セルフケアしていてもどうしても流しきれない老廃物(膝の裏には大抵の人がピンポン玉1個分の老廃物を溜めているそう)を流してもらうというのがサロンのメニューで、残業が続いたり仕事がハードだと寝ている時にしょっちゅう足がつる私にとっては向いている内容だったのだけれど、個室にマッサージしてくれる人と1対1になって、無防備に寝転がっている状態を、スケジュールもまともに管理できない人には任せたく無いと、これを機会に通うのは止めることにした。


仕事をしていると、顧客との信頼関係がたった一度のミスで長年積み重ねてきた物が全て崩れさる事例は多々目にしてきている。実際に自分がミスされる側にたってみると、サービスを提供する側だと「一度だけなのに」と思う事でもやはり許せないボーダーを越えることがあるのだと痛感する。個人経営のサロンで、経営者自身はお抱えの著名人が何人もいる状態のようなので、下っ端に任せている一般客の一人や二人減ったところで痛くも痒くもないとは思うが、まともな事務管理もできない社員に一応代表者の名前を冠するサロンを任せる管理体制はいかがなものなのだろうか。

AD

ミッション:8ミニッツ

テーマ:

映画通と言える程に映画を観ているわけでは無いけれど、“映画通ほどだまされる”のような宣伝文句にはミステリー好きとしてはついつい興味が湧いてしまう。今まで観た映画では、メメントしかり、シャッター・アイランドしかり。


実際騙されてしまうものなのか真偽を確かめるために観に行って来たのが『ミッション:8ミニッツ』。爆破された列車に乗車していた犠牲者の“死の直前8分間の意識”とリンクし爆破犯と探るという、ミステリーなのかSFなのか判断が付かない設定のストーリーの構成になっている。


騙されるかどうか、挑戦したい方は以下の内容は読まないで頂きたい(若干ネタバレ有)。


アフガニスタンで任務に就いていたはずが、突然列車の中で、自分とは異なる名前で呼びかけられ困惑するスティーヴンス大尉がミッションを繰り返す度に状況に慣れ、犯人特定に向け試行錯誤するのはそれなりに見応えあり。何度も死を擬似体験することで「もう止めたい」と根を上げる気持ちもよく理解できる。


ただ、ストーリーとして“既に死んでいる人物の記憶?に入るため現在進行形で動いている『今』を変えることができない”という前提条件が、結果として映画の中でどのように扱われているかが最後までイマイチ理解できず。パンフレットを購入しなかったので、パンフレットに詳細の説明が載っているのかも知れないが、「騙される」というよりは、屁理屈を捏ねて最初に提示した条件を無理矢理ねじ曲げた、という印象しか持てず。


実際に死者の記憶に入るのであれば、何度その時に戻ったとしても、自分の意思とは異なる、リンクしている人物の行動をなぞるだけになるのだろうし(その行動の範囲内で怪しい人物を推測することはできると思うけれど)、犯人を捜すために動くスティーヴンス大尉の行動に合わせ周囲も実際に取ったのとは異なる行動をするのであれば、遡った時間から見れば未来にあたる“今”が変わる方が道理なのではないか。その辺りの設定がなんだか映画の中の説明だけでは納得できない部分が。


タイムマシンとは全く異なる手段で過去にリンクするという設定そのものは面白いし、「現実を変えられないとしても乗客を爆破から守りたい」と行動するスティーヴンス大尉の志にも素直に感動できる。ただ、どうしても「捻った設定というよりも、前提条件の覆し」という感想に陥ってしまうのは私がひねくれものだからなのだろうか。


DVDが出たらもう一度観てみて、設定そのものを変更することが理屈の通った手段だったのか、確かめてみたい。


公式サイトはこちら

AD