最近読んだ本

今年に入って今更ながら話題になっている本を立て続けに読んだ。


■和田竜『のぼうの城』


豊臣秀吉による小田原攻め。北条氏の配下にある成田家は表向き北条と共に戦うべく城主が小田原入りするが、水面下で豊臣に降伏し、城を守る手立てを図っていた。しかし城主に代わり豊臣側の使者と相対した成田長親は、城主の意に反し豊臣と戦う事を宣言する―――。


映画化が前提という解説に頷ける劇画タッチのストーリー。戦国時代を舞台にした時代物としては珍しい人物とも言える成田長親に着眼しているのも面白い。非の打ち所の無い英雄どころか、馬にも満足に乗れない武士としては名折れの成田長親がいかにして豊臣勢と渡り合うかも見物。個人的には関が原の合戦など、悪者に仕立てられやすい石田三成の人物像がすごく人間的に描かれていて面白く感じた。


蛇足だけれど成田長親を演じるのが野村萬斎というのは個人的にはちょっとイメージが合わない。野村萬斎はNHK大河ドラマ『花の乱』のような見るからに抜け目の無い政治家役の方が似合う気が…。


amazonでは同じ題材を扱った風野真知雄著『水の城―いまだ落城せず』の方が評判が良いので今度こちらを読んでみたい。


■池上永一『テンペスト』


真鶴は女だてらに義兄である嗣勇に琉球王朝の役人登用試験「科試」のための勉強を教えるほどの才女。しかし父と諍いを起こした嗣勇が家を飛び出してしまい、激怒する父から義兄を庇い、真鶴は性を偽り宦官として義兄に代わり「科試」を受けることを決意する―――。


劇画タッチを通り越して絵の無い漫画のような小説。女の子が性を偽って政治の世界に挑戦する様も少女漫画か一昔前のコバルト文庫(思い出したのが氷室冴子の「ざ・ちぇんじ!」)のような展開。特に真鶴が王の側室と役人としての孫寧温と一人二役をこなし昼と夜の顔を変える展開になるとツッコミどころも満載。どう考えても無理だろうという設定で荒唐無稽なストーリーなのに勢いがあるので一気に読める。良い子過ぎるとの批判もあるようだけれど、真鶴の辣腕政治家としての活躍と男性として生きる事で周囲を騙し続ける事への葛藤もそれなりに面白い。ただ、この長さで文庫4冊に分割するのは少々ボッタクリな気も…。


■有川浩『図書館戦争』


昭和の終わりに制定された法律により、自由に本を買うことが出来ない時代、唯一自由に図書を閲覧できる場所としての図書館は、法律の取り締まり機関である良化特務機関から図書館と図書を守るために図書隊を編成する。関東図書隊に女性として初めて志願した笠原郁は研修・任務を通して本を検閲から守るだけでは無い、図書隊の存在意義を知ることになっていく。


軽いタッチで書いているが“本”をめぐる法的な規制と個人の自由についての論議について、検閲強化が法的に認められたという擬似日本での世界感が提唱するテーマは重い。作中にも登場する『本を焼く国ではいつか人をも焼くようになる』という過去の名言と、本の検閲のために人を殺しても良いのか、本を守るために人を殺しても良いのかと悩む現場の図書隊員の葛藤も読み応えがある。


ただ、テーマが重い分、読者が離れないようあえて軽い文体にしているのだろうけれど、個人的には壮大なテーマを扱うならもう少し重厚な文体で書いて頂きたいというのが第一印象。郁を始め、主要登場人物の語り口調がバカっぽいのが何だかストーリーに水を差している気がとてもしてしまった。


ベストセラーになる本が全て名作という訳では無いのは重々承知しているが、全体的な印象としては何だか軽いな、という気持ちが拭いきれない。


和田竜は上記『のぼうの城』を読んだ後で『忍びの国』も読んだが過去に読んだ司馬遼太郎の作品に比べると人物設定・背景描写が薄いな、という印象を避けられなかったし(司馬遼太郎の『梟の城』がお気に入りである事にも起因しているのだと思うが)『テンペスト』にしろ『図書館戦争』にしろ、中高生の頃にはまったコバルト文庫をこの年になって読んでいるような気恥ずかしさを読後に感じてしまった(ステファニー・メイヤー著『トワイライト』を読んだ時も同じ印象を受けた記憶が)。


最近の話題作は自分の中で「良い本を読めて本当に良かった」という感動を受ける事が少ない。“良い本”の定義は個人の好みやそれまでの読書歴にも左右されるものだとは思う。例えばこれまで読んだ本の中では宮部みゆきの『孤宿の人』や梨木香歩の『家守綺譚』を読んだ時のような、読んでいる最中は夢中で、気づいたら泣きながら読んでいたとか、毎年読み返したくなって、読む度に新しい気付きがある、というような本と出会える事が本当に少ない。『孤宿の人』や『家守綺譚』に共通するような、物語の背景や時代設定に違いはあっても、どの時代にも普遍的な人と人との繋がりの中で紡ぎだされる温もりや、それに相反する暗さを見事なまでに織り上げている世界観に浸れたという満足感と、最近の“面白い”本の中では出会うことが正直少ない。


上に挙げた3冊を始め面白い本は世に溢れているし、それを読むのも楽しいけれど、読書の秋に向け、そろそろ感想も安易に書けないような、読後何とも言えない余韻に浸れる作品と出会いたいものだ。

AD