スイカ苗定植体験☆

遥か昔に過ぎ去りし5月17日(木)に、徳良湖の畑でスイカ苗の定植体験をしました!




息子の通う保育園の同じクラスのみんなに参加していただきました☆




(…もとい、強制的に参加させたと言ってもよいかな(笑))




営業マンもこの保育園の卒園児のため、融通が良く効くとも言いますか…(笑)









前日は雨降り、当日も曇っていて天候にヒヤヒヤしましたが、




無事に楽しく土まみれになりながら、思う存分スイカの苗を植えてもらいました♪




(実は、お昼からいきなりの雨降りだった、この日。)






☆大山農芸のトクラコスイカ☆
  ↑

営業マンの説明(植え方)を先生に注意されながら

聞き入る子供たち。


ちなみに、注意されていたのは、うちの息子だけです。









☆大山農芸のトクラコスイカ☆
  ↑

実際に苗を使っての説明。


説明が長すぎて飽きていないか心配していた事務補助員。

意外にも真剣に集中して聞き入る子供たち。










☆大山農芸のトクラコスイカ☆
  ↑

みんなで1列に並んで、1人2苗ずつ植えてもらいました。

「手がまっくろ~!!」

嬉しそうな子供たち。


こういうの、良いですね☆

ちゃんと食育になってるといいですが。










☆大山農芸のトクラコスイカ☆
  ↑

「姫甘泉(ひめかんせん)」という小玉スイカ。

去年は「ひとりじめ」という小玉スイカを主として作って

いましたが、試作としてこの「姫甘泉」も植えていて、

営業マンとしては、こちらの品種の方が気に入り、

今年はこちらを主として栽培しています。










☆大山農芸のトクラコスイカ☆
  ↑

上手に植えてくれました!!










☆大山農芸のトクラコスイカ☆
  ↑

みんなの歓声をひとりじめした「運搬車」。

スイカ苗を植えた後、苗を安定させるために

苗の周りに土を盛るのですが、その土を運ぶ機械。



エンジンは切っているので、移動するためにエンジンを

かけると


「うわあ!きたー!!」

「きゃー!!」



と、何度も何度も子供たちのテンションをあげてくれていました。








☆大山農芸のトクラコスイカ☆
  ↑

作業終了後、直売所に戻り、いったん手を洗いました。

そこで、今日の御礼に営業マンからお菓子とジュースの

プレゼント☆


せっかくなので、と、ビニールを敷いたスイカ畑の中で

みんなで座って一服してもらいました。



曇っていたけど暑かったね!

お疲れ様でした!!









子供たち以外のギャラリーは、




・保育園の先生方

・新聞記者のお二人(山形新聞さん・河北新報さん)

・市役所の企画課さん、観光課さん

・地域おこし協力隊の3名



でした!!










お忙しいところ、毎度毎度うちの小さいイベントのためにわざわざ足を運んでいただきまして





誠にありがとうございます!!










そう、山形新聞と河北新報に載りました!!!










で、この小玉スイカは、今年は被災されて県内に避難してきている方に





スイカの収穫体験×スイカのプレゼントとして(勿論対象の方々は無料です)





8月中旬にスイカの収穫イベントを企画しております。





大規模な農家でもないため、こちらから送迎をすることができないため、





自家用車などで徳良湖までお越しいただけるご家族の方限定になってしまうと思います。





このブログや、営業マンのツイッターやフェイスブックに載せているだけでなく、





直接アプローチを掛けていこうと思っております。





もちろん、ご興味のある方はご連絡くださいね♪





詳細がまだ未定なところもあるので、追って情報は流して参ります。







AD