仙人OK

テーマ:


バラエティーというのか、そうしたジャンルの番組を観ることは
ほとんどないのだが、

新聞にちらっと書かれていた文言が引っかかり。


タイミングも合致し、かの人を拝見。


ええなあ、やっぱし、堂本剛氏。

わしの仲間じゃけえ(`・ω・´)ゞ←仙人だからさ


立ってるだけでなんか違う??

司会の年輩者ペースぐらぐらじゃなかったか?




冷静といえば冷静、淡白といえばそんな感じも漂うが。

なんとなく無用な力が抜けていて安定しているようにも
とらえられ。


「先生」呼ばわりされてたけどこっちの感覚としちゃ

師匠、もしくは師範、みたいな敬称つけたいと。


・・・ま、剛さんにとっちゃそんなことどうでも
ええんやろうけどな(^^ゞ




変わったかもしれないし、ホントはもともとそうだったのかもしれない。



私は特筆するほどのファンとはいえないし、知っていることすら
少ない部類に入るのだろう、とはいえ何処か通じるものは
はやい時期からかんじており、



人がいうほど明るい、元気な、というイメージはなかった。

むしろ、じんわり影をみる、そうした部分を有している
ように思えて。

無論見られる立場、その業界に身を置くからこその
悩みであったり葛藤であったりも絡み合っているのだ
ろうけれど。




それらをふまえ、ここに至るにより楽になったとこも
あるんじゃないかな。


おそらくわしゃ仙界でも不良?な輩かもしれんから
彼のほうがふさわしい器量ありやろうし・・・

どっちにしてもあの佇まいは大いに歓迎する(o^-')b




・・・人間ってのは一日やそこらで構築されるもんじゃないんで
重ねたりはずしたり削いだり、一度こわして更地にしたり。
そうする過程で原点を見つめ直したりってことも・・・



剛さんにとっての奈良、という土地


無意識かそうでないかはともかく
生命のはじまりの地点 あるいは根源
ルーツのようなもの


そこに想いを馳せるのは、ある意味自然なのだなと
かんじていた。





ドラマあるんか、

なつかしい作品の声・・・


20年、ありがとな、ホンマに。




二人に共通するのは、
中心は確かに『熱』があり、
人間味をもちながら
必要以上に誇示するのではなく
あくまでさりげなく、
自らのスタイルを貫く


その『核』に
磁力のごとく
引っぱられ



自身も生きてこられた氣がする。




突発性難聴は落ち着いたのだろうか。




難聴ではないが聴力その他に関係する症状で
近年、ドクターにお世話になったことがあった。

現代は強いストレスにさらされるし、日々が加速化
していく状況にもあり、心身への負荷は生半可なもの
ではないと推察する、

故に見落としがちな、自らのこと。


検診の受診率が上がらないデータもさまざま、
それだけでも自分のことが後回しになっている
状態が垣間見えるが、意外に落とし穴となる

たとえば上記の聴力のこと、
そして、眼に関すること、


どちらも左右両方、なので片方ずつの様子が
分かりにくかったりする。

結果、難聴となっていても、視野などに変化が
出ていても気づかずに症状が進んでいることがあり。




あまり軽んじていてはいけないことがあるから
(別の大きな病が潜んでいることもある)
半強制的に、検診を受ける時間をつくる必要も
出てくると思う。


大事になる前に、動く。

それが結果として自身だけでなく、周囲のためにもなる。



まずは自分自身を大切にヾ( ´ー`)






にほんブログ村



Amazon Kindle
楽天kobo
『君はそれ以上』  電子書籍






〈楪  書籍関連〉


 

∞『僕のたからもの』  IOS版∞

http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/



∞Android 版 『僕のたからもの』∞

http://ameblo.jp/water-lily78/entry-11747753777.html



∞文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』∞

http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp



∞『君はそれ以上~出逢い』  電子書籍について∞

http://ameblo.jp/water-lily78/entry-11886673389.html








なんねんたっても



あなたがあなたでありつづけること

AD