1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

で、MBAっていったいなんだったのか(完結編)

2010-06-20 15:18:43 テーマ:ブログ

最後の最後でたいへんあわただしい更新となりました。このブログ、気分のムラにあわせて更新のペースは大きく変動しましたが、いよいよ最後のエントリーです。


・で、MBAっていったいなんだったのか。


私にとっては、MBA課程の2年間はとても多面的な経験で、ほかの人にエッセンスをわかりやすく説明する、というのは簡単ではありません。しかしながら、一つ一つの経験を、似たようなものをまとめてグループを作ったとしたら、おおむね3つのグループができるような気がします。


一つ目は、金融ビジネスに必要とされる詳細な知識の修得です。授業では、経営全般に必要となる基礎科目13科目のほかには、企業価値評価に関するもの2科目、会計処理・税制・法令に関するもの4科目、金融商品のプライシングに関するもの3科目を履修しました。通算で上位20%の成績となり表彰も受けたので、習ったことは相応に身についたと思います。その結果、これまでの業務で知識が不十分なために十分なアウトプットを作れなかった分野について、知識の補強ができ、また、将来の変化に対応する応用力を身につけることができたと感じています。


二つ目は、ビジネス全般の遂行にかかる機微の修得です。授業や課外活動を通じて、リーダーシップ、チームワークがどのように生まれるか、プロジェクトマネジメントをどのように行うべきかを探ることができたと思っています。その結果、リーダーの役割、チームワークの育成、プロジェクトマネジメントの実施にかかる理解は、以前より確実に進みました。


三つ目は、まったく新しい体験を多く経験できたことです。たとえば、海外生活、その間の多くの旅行、趣味の活動を通じて、日本で働いていたのでは得られない、多くの貴重な体験を得ることができました。人生を彩るような多くの経験が、そのままその人間の魅力につながるとすれば、この2年間の経験は、間違いなく自分自身の人間としての魅力を向上させるものであったと思います。


・語学力?


留学というと語学力の向上が大きな目的といわれることもあります。確かに、英語によるコミュニケーション能力は確実に上達しました。以前はそれほど得意でなかったスピーキングについては、発音が改善し、時制を気にしながら分かりやすい英語を話すことができるようになりました。リーディング、ライティング、リスニングについても、以前よりも上達したように感じています。しかしながら、上にあげた三つのグループに比べたら、はるかに小さな要素でしかないような気がしています。


・これから


最後の期末試験後の連日のパーティ、卒業式、そしてあわただしい荷造りをすませ日本に戻ってきた私は、1年前に日本に一時帰国したときと同様に、急速に日本に適応していく自分を実感しています。


2年前、「MBA課程を通じて、何かを決める上での選択の基準を明らかにしたい」ということを書いたことがありました。2年間で間違いなく自分自身についての理解は進みましたが、「今後の人生で毎回使える絶対的なものさし」を得るにはいたりませんでした。


むしろ、この2年間は、選択肢を選ぶ上での制約を減らすものだった、と考えたほうがいいのかもしれません。チャンスをつかもうとするとき、準備不足では十分な成果をあげることができません。自分の興味にしたがってやりたいことを徹底的にやった2年間、この間に学んだことは、自分にとっての次のチャンスに間違いなく役に立つものになりそうです。


MBAというミッションは終わりました。来たるべき挑戦に向けて、これからも準備を進めていきたいと思います。


(乱筆乱文にもかかわらず、ここまでお読みいただいた皆様、どうもありがとうございました。)


ニューヨークの片隅にて ~ MBA留学記

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

MBA2年目の春学期

2010-06-20 15:15:09 テーマ:ブログ

まとめ第四弾。


MBAも最終学期を迎えると、皆にわかに学校の終わりを意識するようになります。授業そっちのけで毎週毎週パーティー続き。。そんな同級生もいたと思います。私はといえば、パーティーばかりではありませんでしたが、帰国に向けて、やるべきことをきっちりすませる、というのが残り三ヶ月の課題、と考えていたように思います。


・授業


税金と事業戦略、債券投資論、財務諸表論2を履修しました。自分のMBAを完成させるために必要なパズルの最後のピースです。特に、税金と財務諸表の授業は、企業の買収・合併の分析の際に重要な考え方を学ぶもので、興味をもって授業を受けることができました。


・友達との交流


MBAを取得したら日本に帰ることが分かっている自分にとっては、MBAの修了は友人達とのしばしの別れを意味します。おりしも、ジャパントリップの開催などを通じて、いっきに仲良しが増え、かつ自分の英語力も雑談を苦労せずに行えるようになってきたところで、飲み会に出かけるのがいっきに楽しくなりました。


また、今学期になってから学校のサークル主催のサルサのレッスンを受けるようになりました。友人と一緒にクラブにいったとき、また、学校のダンスパーティにかわいい子を連れて行ったとき、踊れなくて指をくわえてみているのが悔しかったりしたのですが、今度は少しは余裕が生まれるでしょうか。日本に帰ってからも続けたいと思えるものに出会いました。


・MBAの総括


MBAも最終学期になると、この二年間が自分にとって何だったのかを考えるようになります。卒業したいま、すでにこの答えは出たような気がしています。もちろん一言で表せるようなものではありませんが、次のエントリーで書いてみようと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

MBA2年目の冬学期

2010-06-20 14:57:04 テーマ:ブログ

まとめ第三弾。


二年目の冬学期は、自分では最も自分の生活をコントロールできた3ヶ月間だったと思っています。


・授業


資本取引事例研究、財務諸表分析、オプション・先物市場論を選択しました。最初の二つは、企業価値評価という共通のテーマについて掘り下げていくもので、自分の興味と重なるエキサイティングな授業でした。オプション・先物市場論では、デリバティブ商品のプライシングについて、若干コンプレックスのあったブラックショールズ方程式の導出も含めて学ぶことができました。


・ジャパントリップの企画運営


夏ごろから3月の春休み期間中にこちらの学生をつれて日本を案内する企画を立ち上げており、出発直前となる今学期は、準備の佳境を迎えました。最終的に、学生12名、副学長含む学校関係者2名の計14名がトリップに参加し、日本人同級生6名が引率者となって旅行を実施しました。主な内容は、京都の観光、トヨタの工場見学、日本銀行・楽天・ソニーの各企業訪問でした。 もちろんジャパントリップを成功させることができたのは嬉しかったのですが、それ以上に、プロジェクトを通じて学ぶべきものが多くあったように思います。特に、今回のように半年以上にわたるプロジェクトを実施するうえで大事なことを学ぶことができました。


・ギターのレッスン


ロチェスター大学にはイーストマンスクールという素晴らしい音楽学校があるのですが、そこでクラシックギターのレッスンを受けるという機会にも恵まれました。すべて英語で楽器を習うというのは簡単なものではありませんでしたが、おかげでクラシックギターについては遊びのレベルから脱することができたように感じています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。