娘は・・・。

テーマ:


こんな風におどけてくれて、甘えてくる
チョコ🐱のおかげで心を保つ事が出来
ています。



元々、義母とは赤ちゃん時代から何故か?
相性がよろしくなかった娘・・・義母も子ど
もが好きではないのか?娘の成長に無頓智
でした。何よりも自分が大切なのは、言わ
ずも知れた事でしたし。


夫も、やっぱりそんな義母に似ていたの
かな?    ほとんど娘とも私とも会話はあ
りません。


それでも、演奏会の時の事をマズいと
思ったのか? 今日は、買い物に誘って
くれました。久しぶりの家族3人での
お出掛けと。何ヶ月振りだ??(笑)


多感なお年頃・・・  そんな娘は夫が在宅
なのを煙たがる?   いや、嫌がる様子
がチラホラと。



それでも、娘は来年はこの家を出て
巣立てるから羨ましい。私も一緒に
行きたいかも(苦笑){C4911C15-947E-4426-8441-27BB2D7560B6}

{77602B8A-E0C6-4FF7-908A-689B9977D74E}



娘の部活の演奏活動があった日の事でした。
何とも言えない気持ちになったのは。



娘共々、泣きたくなるような気持ちに突き
落とされた感じと。


午前中に買い物を済ませ、午後からの娘の
動きに合わせるようにしている中で、夫が
「午後から、親の買い物に行って来る」と。


買い物だけならば、演奏活動には十分に
間に合うので、黙って聞いていた。夫に
も娘関係の時間帯は話していたし。


が・・・夫は、わかっていなかったのです。
自分が、どういう動きを取るべきなのか?
を。娘からの信頼は失墜してしまいまし
た。


開場時間に間に合うように家を出る頃に
なっても、夫が帰宅しないので夫の携帯
に電話を入れたのですが、繋がりません
でした。LINEしても駄目だったので、
最終手段として義母宅に電話をする事に
したのです。


終わってから言うのは嫌だったし、結果
論で諍いをするのも何か違うと思ったの
で。



7回コールしても出ない?どうする?と
思ったら、やっと「ガチャ」と受話器を
取る?音がして少し間が空いて「もしも
し」と消え入りそうな義母の声が。


夫に電話してくる時はのぶとい大き
な声なんですけどね。


私が名乗り挨拶するも、何でかけてき
たの?的な無言の間をおかれました。
間髪入れず「すみませんが、まだそちら
にうちのお父さんいますか?」と聞く
と、「あーまだ居ますよ。雪かきとい
うか、氷割をしてもらってますけど」と
答えたので、「えっ??娘の演奏会が
これからあるのにですか?」と凄く驚い
た反応をすると、義母もマズいと感じ
たのか?


「ちょっと待ってね」と夫に変わった。
夫に携帯に繋がらなかったと話した後
に開場時間に間に合いたいから先に
行くけど良いかな?と言うと、「何時
だっけ?行けないかも?」と。


少しだけ、語気を強め「それで良いの?」
とだけ聞くと、「あっ・・・ちょっと待って」
「何時だっけ?わかったから」と

わけのわからない言葉を並べ電話を
終わらせた。



何で?頼まれたにせよ娘の活動時間を
義母に言わなかったのだろう?   それ
に間に合うように行動しなかったのだ
ろう?   夫にとって娘って、そんな存在
なのか?


義母も居て欲しかったのは、わかるけ
れど・・・こちらに予定がある場合は、
少し融通をつけて欲しい。取り方によ
っては嫌がらせとも思われてしまうよ。



私よりも30分以上遅く・・・それでも
何とか夫がやってきた。


義母も行かないと、明らかに私に言わ
れるから行きなさいを選んだのだろう。


演奏活動が終わり娘をどちらが迎えに
行くのか?どちらでも良いのですが、
夫は明らかに行きたくない素振り。

夕食をだして食べておくように伝え、私
が車を出した。娘も私を見つけ察したら
しく、今日の事を聞いてきた。



哀しいと言うよりも、残念だね・・・と。

あれから7年・・・。

テーマ:



東日本大震災から7年が経ったのてすね。
あの日、あの時はお友達母から母を亡く
した私を慰める電話をいただいていたな
と。


私達地方も揺れました。
間一髪で娘はギリギリ帰宅していて私と
共に居られたのも心の映像と。



あの時は、すぐに行けない私に代わり姉が
父の様子を見に行ってくれたのでしたっけ。
念の為にストーブを消して電気ストーブに
切り替えて、寒さを凌いでもらってたっけ
な。


夜になってから、父の所に行った際に「怖が
りのお母さんが病院で地震に遭わなくて良
かったのかもね・・・」としんみりと話した事
も全て思い出なのですね。


あの時、居てくれた父も居なくなってから
4年半以上の時が刻まれました。


やはり父を一人暮らしさせなければ良かっ
た。夫が無理と言っていたにせよ父の生命
の終わりの時までという期間限定でも良い
から共に居れば良かった。


全てがタラレバ話しなんですけどね。


父の優しさと強さもあったから、私は通い
介護を通しきれました。時には親子なので
プンプン怒る私も居ましたが。


娘も「おじいちゃんと一緒に暮らしてあげ
れば良かったのにね」と。娘は私の父が大
好きでしたから私以上に思ったかも。


我が家の今現在の姿ですが、ほぼほぼ娘と
私の母子家庭状態かと。夫は義母に呼びだ
される週末が続いています。


義母を大事にする事は良い事と思っていま
すが、義母は認知症でもないし寝たきりで
もありません。身体のどこかが動かしづら
いわけでもありません。家族の約束が入っ
ていても、自分優先をうたいます。

遠出しない限りは断わらない夫です。


夫は、我が家には「食事」「お風呂」「寝る」だけ
のために帰宅していているだけで、娘もそん
な夫をけむたい様子と。


義母は息子である夫には会いたいらしいけど、
孫である娘の事は、どうでも良い的な感じな
のです。それが娘にも感じとれてしまって
「お母さんの方のおじいちゃんとおばあちゃん
が生きていてくれた時は幸せだったな」という
言葉まで出てきてしまいました。

フォローしたいけれど、私の心も疲労困憊中
とありフォローしきれてない感あり。


その想いは・・・私も一緒。


夫には両方をというのは無理なんです。
それならば私と娘を自由にさせて下さい。
私と娘で力を合わせて生きていきたいか
ら。