私の部屋  +++ 国際結婚 +++

結婚して3年、旦那さまに恋する新米ママの私が日々思うこと…


テーマ:
ブログ更新しようと思いつつ、しないうちに次の日が来てしまい、その繰り返しのような優子です。変化なく平穏な毎日だったのに、ここ三日はイライラしてばかりの私…。

昨日は旦那さまの仕事の手伝いをしていたけれど、些細なことで喧嘩になって、私もなんだか感情的になってしまいました。

セックスレス…自分なりに努力してマイナスに考えないように、
なんて思うけれど、それでも思ってしまう。

私の望んだ結婚生活はこんなじゃない、と。





別にsexがすべてではないけれど、

娘が起きているときはずっと母として一生懸命に動いて、

彼が帰宅したら私は夕飯を温めて、お茶を入れて、

彼が持ち帰った書類の整理をして…。

そして、一日が終わる。


彼は今、仕事が忙しいのもわかるし、色々とストレスがあるのもわかる。

彼の立場になって考えれば私は自分のことばっかり考えるわがままな女。

でも私には、旦那さまが“自分のことばっかり”考えてるように見えてしまうのです。


きっと、レスなんかじゃなかったら、

ちょっとしたことでここまで苛立ったりしないんだろうな。。


Kayちゃん、Mちゃんメールありがとう、とても嬉しかったです(*^ー^*)

*画像はAoyama Flower Marketよりサカタのタネさんが開発した
世界最小クラスのトルコギキョウです。かわいいですね^^*


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
左の画像は私の使っている
my wave手帳の一部分です。 

(とはいえここ1年近く画面を開いてなかったのでリセットされたも同然なんだけどね)

自分の体調を選んでメモ欄があって、右下にあるのがこのチェック。

最近、レ点が入るのは上の
□今日はHしたいぞ!ばかり。


でも妊娠するまでの間、レ点が入るのは□今日はHしたぞ!ばかりだったような…。 

なぜなら自分から誘うことはなく、Hするのは旦那さま次第だったから。。

自分も仕事のことを考えていることが多かったし、

旦那さまの手が伸びてきたら(笑)“ぁ、Hするんだぁ…”って

今、思い返すと(気持ち的に)とっても受身だったな…。 ←今頃気づいた

って、今も誘えないのは変わりませんが…。



レス解消したら、以前のように戻りたいって思っていたけれど

これからは両方にレ点が入ったら嬉しいな~★と今は思いますv(*^ー^*)


って、肝心なHがなければ・・・って感じですけどね(汗



AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
久々にココロ穏やかな週末を過ごしている優子です。


今週は外出が多かったのでお掃除を頑張らないといけないところなのですが、伊右衛門を飲みながらブロってます(ごめんね、旦那さま…)


最近、レスレスと考えていたからでしょうか。


決して回数ではないけれど、今月は旦那さまとのsexもあって、なんとなく心が潤っているような気がします。


そしてもうひとつ、嬉しいのは肌の調子が良いこと。


具体的には私の場合はキメが整って艶がでできます。


“別にsexがなくたって…キレイな肌を保ってやる!”なんて思って


基礎化粧、安い美容液(!?)に頼って保湿を心がけていた年末年始。


でも保湿するにも肝心な潤いが…


今の肌と比べると“やっぱりsexすると違うのかな…”と。


皆さまやっぱり自分自身で感じますか?


肌より髪の艶がよくなるという友人もいたので個々に違うんですよね、きっと。






昨日旦那さまに「さいきん かおのちょうし いいね。」


と言われました。(顔といってますが、肌の意味)


「そうかな?」と私。旦那さまに気づいてもらえるのは一番嬉しい。


「Rのおかげだよ^^」と言ってみた。


「バカヤロ~!!」と頭を叩かれた。。。



こういうことは言わないほうがいいんですかね…? 


              *かわいいお肌レシピより*

デラックス肌美人を目指そう!
 私は少し前までF:ベタベタだったような…今はC:ツルかな~(Aになりたい!!)
男が女の人の肌に触れたくなる瞬間

セックスで、きれい肌になる      二月に出版されるみたいです^^


                     
AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:



タイトル: 風の絨毯


昨日のブログに書きましたが昨日は旦那さまと二人で
イラン映画を観ましたv(*^ー^*)


昨日観たのはカマル・ダブリーズィー監督のイラン&日本の合作映画、
『風の絨毯』です。イランの世界遺産イスファハンが主な舞台となっていて、イランにまだ行ったことのない私にとってはとても美しい景色とイラン音楽で、展開もおもしろく、かなり夢中になって観てしまいました。


普段、旦那さまが友達から借りてくる映画はほとんどビデオで、画質も音声もとっても悪く、内容が理解できないこともあり、正直いっておもしろくもなんともない、というのが感想でした(爆)


でも、この作品は撮影の仕方や画質、使用している音楽からも、イランの文化、生活、そして人々が、とても美しく描かれていました。


そしてペルシャ語中心のものの、字幕は日本語で、旦那さまの通訳なく映画を楽しめて、旦那さまと同時に笑えることが単純に嬉しかったです。

きっと、彼も楽だったのではないかと…^^:


映画を観ている間、何度も二人で顔を見て笑って・・・(って、この映画はコメディではありません。)

互いの顔を見て、こんなに笑ったのも久しぶりのような…。



映画を観終わって、リビングに敷いたお布団に入った旦那さま。

娘は昨夜はなかなか寝なかったので、リビングの姫専用のお布団で就寝。


(なんだよぉ、今日は私が一人ぼっち?)


と思いながら向こうの部屋へ行こうと思いながらも、ふと旦那さまを見るとかなり右寄りに寝てるような…。

というわけで向こうのベッドから枕を持って旦那さまの布団へ…。

Hへの期待はゼロだったので、就寝モードで上を向いて目を閉じると旦那さまがゴソゴソと私のほうを向いた。


私も横を向いたら、旦那さまが抱き寄せてくれた。


(Hがないこと、悪いとでも思ってるのかなぁ…?)


そんなことを考えながら旦那さまの胸に顔を押し付けてみた。


(こうしていられるだけでも幸せ・・・)


しばらくそのままでいたら、息が苦しくなってきたので(笑)旦那さまの胸から顔を離そうとすると、旦那さまの腕が再び私を引き寄せる。


(え…Hするの・・・?となりには姫だって眠ってるのに…)


足を絡ませたりはするけれど、それだけで…

したいのか(いや、してくれるのか?)しないのか、わからない…。

というか、昨夜は私がする気ゼロだったので、旦那さまが躊躇したのか…?




私たち夫婦の場合は恋愛期間半年と妊娠までの半年ちょっと、Hは旦那さまから誘われたら(彼から腕枕してくれる等)する…という感じで、私から誘うことはありませんでした。

誘いたくても…恥かしくって。

今は恥ずかしいより、拒否されたら悲しいから・・・。



私は確かに最初はHする気ゼロな上に、抱っこ紐の使いすぎか腰が痛くて疲れて眠くて…でも、彼から誘ってくれたのは泣きそうになるほど嬉しくて…しちゃいました(^^*)

とは言っても、となりで眠る娘が気になって仕方なかったのですが…。




今月二回目のH…。

どうか、この調子で旦那さまと仲良く居られますように…



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日の涙の後に…。の続きです。v(*^ー^*)



旦那さまはリビングに私を連れてきたものの、とっとと布団に入ってしまいました。

“何…ここで泣けってこと?”

もう涙も次から次へと溢れてくる。

いつからこんなに泣き虫になったんだろう、私。



しばらくして“おいで・・・”と声が聞こえた。

気のせいか?自分に都合のいい声が聞こえてきていると思った。

再び、今度はペルシャ語で“早くおいで”と聞こえて、気のせいではないとわかり、悔しかったけれど旦那さまの布団に…


強く抱きしめられても、嬉しいというよりも、自分自身がここまで彼を愛していることが悔しくて少し意地を張った。


優しく、長い髪を撫でてくれて、それはまるで牙を向いてるを落ち着かせているような感じだった。


私は言った。
「旅行なんて行かなくてもいい。毎日家で過ごして、Rの笑顔が見れればいい。Rは私のことがわかってないよ。私は一緒にいられたらそれで幸せだと思ってるけれど、今の日々は寂しすぎる…こんな状態で旅行に行ったって楽しくないよ…。」と。



旦那さまは私のことを抱いてくれました。12月の慌しい朝以来のH…。

以前“sexしたいという気持ちにならない”と言ってましたから、

無理しなくていいよ…と思い、遠慮したのですが“無理してないよ”と。

たぶん、このを宥めるために…と思ったのかもしれません。。

私はなかなか気持ちが落ち着かず、泣いていました。 



        -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-



以前はセックスレスというと、セックスがあるか、ないか…だけだと思っていました。
でも、実際に自分たちがレス状態になって、それだけではないんだな…と。

どちらかに拒否(あるいは拒みたい、拒みたいけど拒めない、)という気持ちがある限り、一度や二度sexしたって、悩みは取り除けないし、本当のセックスレス解消にはならない…大事なのは精神的な結びつき(って表現が古いですか??)があるか否か…なんて思いました。 


少し前まで、拒否する人の気持ちがわからないなんて思っていたのですが、最近は拒否される側だけが辛いんじゃない、拒否する側だって、拒否することで精神的負担が発生するし、嫌々sexすれば苦痛でしかない…そんなことをふと思いました。

勿論、パートナーに拒否されるのは本当辛いですけどね・・・。





以前は旦那さまから求められることがごく自然だったし、それが続くのだと安心しきっていたのかもしれません。


時間がかかってもいいから、
どうか、旦那さまに“sexしたいという気持ち”が戻ってきますように…。


そのためにも、自分自身のためにも…

自分を磨いて魅力UP!!(内面も、外見も)

料理の上達(特にイラン料理のレパートリーを増やす)

ペルシャ語を真剣に勉強(今は文法を勉強する余裕はないので、まずは単語から…)

常に(は無理なので出来る限り)笑顔を心がける。


まーだまだ課題はいっぱいありそうですが、できることからちょっとずつやってみようと思います。この課題を頑張ることでレス解消に向かえるのかはわかりませんが…。




色々頑張ってる!!なんて思っていたけれど、書き出してみたら、いっぱいあるじゃん、改善すべきところ…。(汗   


今は前向きになれている優子でした。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨夜は旦那さまが帰宅した時には、もう娘はぐっすり眠っていました。



二人だけの時間…二人っきりの時間を大事にしたくて、旦那さまの笑顔が見たくて、イラン料理を作って帰宅を待っていました。

でも、テレビを見て、無言で食べる旦那さまを見てせつなくなる。

「…味、濃かったかな??」  

「ううん、おいしい。」

「そう…よかった^^」



私も彼の帰宅を待って夕食を食べてなかったので、隣で一緒に食べる。

でも、彼はあっという間に食べ終わり、“ごちそうさま”を言ってすぐに席を立ってしまってテレビの前へ移動…。


食べ終わった後、夕食の片づけをして、お茶の準備。いちごのヘタを切り取りながら、

(仕事で疲れてるのもわかる。食べたらリラックスしたいのもわかる。だけど…って色々思うのは私のわがままかな。)

というわけで、旦那さまの帰宅から30分もしないうちに私はブルーに。。。

(こんな暗い顔しちゃだめだ…頑張れワタシ!!)


できるだけ笑顔でチャイにいちご、アップルパイを乗せたトレーを持って旦那さまの横へ。



その後もほとんど会話のない状態がしばらく続き…

“月末、旅行いこっか?”なんて言い出した。月に一度だって定休のない旦那さまが。


こんな時、普通に(って普通てなんでしょ)仲のいい状態なら「ホント?嬉し~い!!」なんて可愛い言葉も出るのだけど…今日は出ない。


「R、どこ行きたいの?」旦那さまに聞いてみる。

「どこでもいいよ、ゆーこのいきたいところでいい。あなたきめて。」


なんだ、全部お任せか・・・。その、未だいつ、どこに行くのかわからないけれど、どうしても乗り気になれない。旅行に行っても、夜になればレスのことを考えてしまう。それでもちょっとは期待して、何もなく終わるんだろうなぁ…


しかし、そんな旅行の提案もしてみただけのよう。

また引き続きテレビを見てる彼。



“だいたい、どこか連れて行けば、それでいいとかって思ってるんじゃないの?”

“何度も話し合ってるけど、私の言ってること、ちゃんと理解してるんだろうか…わかってないよね…わかってないからこんな状態が続くんだよね・・・”

“私のこと、なんだと思ってるのよ。お手伝いさんじゃないんだから。私だって毎日遊んでるわけじゃない。育児と家事で疲れてる。疲れてるのはRだけじゃないんだから!!”

“こんなに想ってるのに…悔しい!!”



心の中で、自分の歪んだ気持ちが、まるでカセットテープを引っ張ったかのように勢いよく出てくる。止まらない。


洗面所で歯磨きして戻ってきたら、旦那さまはめずらしく自分で布団を敷いて電気を消してテレビを見ていた。

一緒に寝なくなって、旦那さまに触れない日が増えた気がする。
とっても寂しい。

私がぼんやりダイニングの椅子に座っていると“テレビ、消していい?”と。

「いいよ・・・」

「おやすみ」

「・・・おやすみ」




“あーぁ、こういう日々はいつまで続くのだろう。”

夜中1時を過ぎても、眠れず、結局真っ暗のリビングへ。ブログを書こうと思い、PCをオンに。

PCの前に座って少しして、タイピングの音が気になったのか、バサッと掛け布団をかぶったまま無言でリビングを出て行く。キーやマウスの音が気になったのか、娘の寝る部屋に行ってしまった。


私のこと、怒ってるんだ…。ますます悲しくなる。夜中にPCをつけてる私がいけないのかもしれないけれど、相手にしてくれないのだから、それぐらいいいじゃない、と思う。


娘の寝る部屋に行って旦那さまを起こし、リビングに戻す。
それでも寝ないで(正確に言うと寝れないで)リビングを出入りしている私に旦那さまは言った。

「あなた、なにしてるの?ねればいいじゃない。」


確かに、仕事で疲れて、早く寝たい旦那さまにとっては、私は迷惑な存在だっただろう。でも、私にとっては?その言葉は冷たくて、悲しかった。





以前なら同じ部屋に寝ていたし、甘えたいと思えばちょっとの勇気で寄り添えた。
(って、勇気を出して夫に寄り添う妻って…)

でも、一緒に寝なくなってから、夫の布団に入るのには躊躇するし、第一タイミングが見つからない。背中を向けられたら…なんて思うと、それはそれは覚悟がいる。



国際結婚って、こんなんだぁ…なんて思わないでください(笑

結婚当初はこんなじゃなかったんですから。

もっと愛が溢れてたし、幸せを感じていたのだから…。

きっと、こんな寂しいのは今だけだから…。



旦那さまの迷惑にならないように、廊下に蹲った。

思わず涙が出てきて、鼻をすする。



それでも迷惑になったのか、旦那さまがリビングから出てきた。
私の前を素通りして、玄関の扉を開ける。

タバコを吸っているようだった。

これでまた私の前を素通りしてリビングに敷いた布団に戻っていくのかと思ったら、悔しくて、鍵をかけてしまいたかった。


でも、旦那さまは素通りしなかった。

私の手を優しく引っ張り、リビングへ連れて行ってくれた。


泣きじゃくりながら言った
「Rのせいなんだからね…眠れないのだって、寂しいのだって、全部Rのせいなんだから・・・」

すべてを彼のせいにはできないのは(自分にもどこか改善すべきところがきっとあると)わかっていても、もう昨日は全部旦那さまのせいだ!と思ってしまった。


こんなに愛していて、気持ちがあるのに、どうしてそれにきづかないのか?

sexしたくない(orできない)のならそれでもいい。

言葉でも態度でも、旦那さまなりの方法で、愛情表現して欲しかった。




…かなり長~くなってしまいました。

続きはまた明日書きます。





いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
一昨日の夜、布団に入り電気を消してからの会話。



「ねぇ、結婚する前に女の子と一緒に住んだことある?」

「うーん……あるよ。にほんじゃないけどね。」と旦那さまの声。


(あるのかぁ…そりゃ、あるよね。長い独身期間だったんだし)と思わず自分に言い聞かせている私でした。どんな子?どれくらい同棲してたんだろう?と思ったけれど、なぜか恐くて聞けませんでした。でも、彼は愛情表現が得意でないのか?それとも私に原因があるのか…なんて考えてしまっていたので思い切って聞いてみました。



「ねぇ、そのときって、いってきますのチューしてた?」

「・・・うーん。ときどきしてたかな、おいしいあさごはんつくってくれたときはね。」(笑)


私は少し困惑してしまいました。



同棲、結婚、そして妊娠するまでの間、いつも先に出勤していた私は、朝食を用意して出かけていたのですが、作っても食べていないことが多く、気づいたらパンを焼いて、チャイだけになっていた朝食


私は仕事から帰っても朝食が残っていると寂しくて、自分でも意識しないうちに「あまり朝ごはんを食べない人」と彼を決め付けてしまっていたのかもしれないな・・・。でも違ったんだ、、、


「じゃぁ、○○(旦那さまの名前)にとってのおいしい朝ごはんってどんなの?」


彼は嬉しそうに、まるで朝食を想像している顔で食べたいものを言ってくれました。


それは以前共働きだった頃にも用意していた朝食メニューではあったけれど、一人で食べても味気なかったのかな・・・と恥ずかしながら初めて彼の気持ちを察したのでした。
私はなんて自分勝手に彼の行動を解釈していたのだろう。





そんなことがあって昨日今日といつもより一時間早く起きて掃除&お洗濯に加えて朝食を作りました。キッチンでじゃがいもの皮を剥きながら、ここ半年の私は妊娠や出産、育児を言い訳にして“旦那さまへの思いやり”がただ“思う”だけになっていたと気づき、彼に対して申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。


旦那さまを『想う』なら『想う+行動』じゃなきゃだめですよね。。。


自分の未熟さにまたガックリしたけれど、旦那さまへの想いを行動にうつしてみようと思います。


今日はイラン料理を作りました。彼の好きなイスタンブリ。
作ってみて、ここ最近ずーっと作ってなかったな、、と改めて気づくことばかりです。


私の旦那さま、早く帰ってきて…





いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりにテーマは“恋愛ノート"です。

今夜は仕事をしていた頃の同僚が我が家に泊まりに来るので、午前中はひたすら掃除をしていました。いつも適当にしか拭いていないところも今日は念入りに拭いて…


本当なら赤ちゃんがいる我が家の場合、毎日隅々までお掃除しなきゃですよね。とほほ。


娘が眠っている間に玄関・トイレ・洗面所・お風呂に台所、リビングと…ふと、入籍したばかりの頃を思い出しました。結婚したばかりの頃は、あまり好きでない掃除も、一生懸命やっていたなぁ…と。


(って、ブログを読みに来てくださっている方は毎日家中をピカピカにしてるのかな)


“出産後は夫への気持ちが薄れ、子供にかかりっきりになっても当然のこと”

なーんて雑誌に書いてあったのですが、私の場合は産後、旦那さまへの気持ちはより一層強く、確かなものになっているような気がします。もちろん、娘のことも愛しているし、大切に思っています。


ほとんど毎日、帰宅して私の顔をちらっと見たかと思うと、娘のところへ直行して、たくさん話しかける彼。娘をかわいがっていることはよーくわかるけれど、時々思ってしまいます。私の話ももっと聞いてよ、と。


結婚して半年ちょっとで妊娠したこともあるのかな…自分でも新婚気分(恋愛気分?)が抜けてないな~と感じることがしばしばです。(なのにお掃除は適当?)
でも16歳年上の旦那さまはというと…もう新婚とは思っていなさそうなんですよね(苦笑)新婚っていつまでなんだろうな。










いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
`*:;,.★ ~☆`*:;,.★☆`*:;,.★ ~☆・:.,;*★ ~☆・:.,;*★ ~☆`*:;,.★ ~☆・:.,;*

朝起きてから、あっという間に仕事にでかけてしまった旦那さま。

旦那さまとラブラブ~の雰囲気があれば、旦那さまが外出したら掃除洗濯…と
てきぱきとやるべきことを終えることのできる自分がいるけれど。。

ここ数日は(この想い、片思いかな…)とせつなくなってしまうことが多いです。あまりに私→旦那さまへと一方通行のような気がして。

生後二ヶ月ちょっとの娘はそんな私を和ませてくれるけれど、雨の日は憂鬱な気分になりがちな私です。。。

これでも、結婚前は彼のほうが、圧倒的に私のことを好きだ~!っていう感じで、なんというか…こんなに自分に自信がなくなったり、不安になったりって、なかったんですけどね。

でも、それでも彼はこの前の喧嘩の後はちょっとしたところで私への気持ちを表現しているようにも見えるのです。なんて気のせいでしょうか?(笑)旦那さまのことが好きなばかりに美化してとらえていたりして…

`*:;,.★ ~☆`*:;,.★☆`*:;,.★ ~☆・:.,;*★ ~☆・:.,;*★ ~☆`*:;,.★ ~☆・:.,;*

私は自分の両親を見てきて、

結婚したら愛は冷めていくもの…?

と哀しいけれど思っているところがありました。


でも、自分が結婚して旦那さまと過ごすうち、そんなことはないのかもしれない、と思うようになり、実際、日々旦那さまのことが好きになっていく自分に気づいたんです。

外国人であり、オーバーステイであり、育った環境がこれほどまでに異なる彼との結婚を決めた理由、それはただ、

ずっと一緒に居たいから…。

それが一番の理由でした。彼もプロポーズした後、いつも

「けっこんしたら、いつもいっしょにいられるね」

と笑顔で何度言ったことか。しかし旦那さまの仕事は忙しく、一緒に過ごす時間は想像していた以上に少ない現状ですが(^-^;

今の私にとっては、夜、疲れた旦那さまが眠っている、自分のとなりに彼がいる、彼のとなりに私がいる。それだけで幸せだと、ブログを綴りながら気づいたのでした。


でも私は欲張りです。どうしてももっと一緒に居たい!と思ってしまいます…。


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。