私の部屋  +++ 国際結婚 +++

結婚して3年、旦那さまに恋する新米ママの私が日々思うこと…


テーマ:
はーちゃん最近の子供事情トラバしていますv(*^ー^*)


毎日ニュースを見るたびに子供が?と思う事件が多いですよね。

旦那さまは日本にきて12年になるのですが、

“放火や殺人、この事件の多さ…10年前はこんな日本は想像できなかったよ”なんて言ってます。

本当に物騒な世の中になっちゃいましたね…。


自分自身、子供と触れ合う機会はここ数年、あまりなかったので、いまいちその子供の変化にピンとこないというところがあって…





そんな矢先の出来事でした。


当時私は妊娠8ヶ月、結構大きなお腹で母の車の助手席に乗っていました。


買い物の帰りで、母と話しながら実家の近所の交差点を曲がった瞬間。

私の目に飛び込んできたのはを持ち、その右手を上げている子供の姿…


私と目が合った瞬間にその手に握っている石を、

車の(助手席の)ガラスに向かって力いっぱい投げてきたんです!!

ガラスは割れなかったものの、すごい音と衝撃。

一瞬なに?!とかなり驚きました。




車を止めて、後ろを振り向くとその子供が歩道に立っているのです。

逃げようか迷っているようでしたが、速攻、捕まえました。

塾のバックを持った男の子。どうしてやったのか聞いても黙ったまま。

名前を聞くと、素直に答えたものの、家を聞いても「近くじゃない」というだけ。

悪いことをしたっていう自覚はなさそうな…というか、無表情でした。





それから数分して塾のお迎えバスが止まった。    

そのバスの運転手さんに聞くと、その子供は小学4年生で、家はすぐそこだという。

事情を話すと、自宅に連れて行ったほうがいいのでは?と運転手さん。

私は子育て経験がないから、どうすべきとか、正直わからなかったのですが、事故や怪我につながるようなことをしたその子供を見逃すことはできず、子供と共に家まで歩いて行きました。



「車にね、石を投げたらどうなるかと思って…」

歩きはじめて、やっと子供が喋った言葉でした。

謝らない子供にちょっと驚く。(まぁ、悪いと思っていないんですよね…)

歩いて3分もしないうちに子供の自宅に到着。玄関横には外車が二台。



「あなたのおうちの車にあんなに大きい石を投げられたらどうなると思う?」

「壊れると…思う…」(わかってるじゃん!!)

「ガラスが割れたら怪我もするし、事故になっていたかもしれないよ?」

「…ごめんなさい…」

あぁ、この子も謝れるのか、と少しほっとしました。


しかし、インターホンを鳴らして出てきた母親は私の話しを「はい、はい、」と聞くのみで謝らない…!?この親じゃ、話にならなーい!!(困)

車の修理費がどうこうと、母親が勝手に話を進めるところに、父親が出てきました。

父親は母親よりはまだまとも?な感じで、本当に申し訳ないと謝っていました。


私は修理費がどうこうという話でここまで来たのではない、この子がまたこういうことをしないように、怒るだけでなく、よく理解させて欲しいと伝えました。
(それができていれば、こんなことしないですかね…^^;)



その日の夜、私は思いました。

母が私や弟を育ててくれたように、私も自分のお腹にいる子供をちゃんと育てられるか…と。

旦那さまは“優子は大丈夫だよ”なんて言っていたけれど、私が子供だった頃とは生活環境が大きく変わっているから、やっぱり不安になります…。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
私たちの記念日…は初めて旦那さまと出逢った日と、入籍した日です(*^ー^*


私と旦那さまが出逢ったのはとあるレストラン。
その日、私は親友の誕生日を祝うために女の子数人で集まっていました。ビッフェスタイルのお店で、お料理を取りに行っていた時、私に声をかけてきた人、それが今の旦那さまです。


この話はまたいつか…
でも、あのときはまさか結婚するなんて…全く予想できなかったな。
(って当たり前ですよね。ハハハ…)



その後、連絡をとるようになり、付き合って入籍したのですが、結婚式は未だ挙げていないのです。
当初は旦那さまのビザが取れたら彼の実家(イラン)へ行って、式を挙げる予定だったのですが、娘を授かり、それも延期となりました。
果たしてこれが延期なのか、それともキャンセルなのかは定かではないですが…(笑

でも、シンプルなのでいいので一度くらいドレスは着てみたいなぁ~と思っています(*^∇^)ノ



入籍の際、日本人同士であれば婚姻届のみ記入して提出すればオーケーだと思うのですが、イラン人との結婚手続きの場合は婚姻資格具備証明書という、いわゆる“この人は独身ですよ”という証明書が別途必要です。

彼は入籍の数ヶ月前、パスポート更新の為に大使館に行ったのですが、私はプロポーズのお返事をしていないのにもかかわらず、 「きっと優子と結婚できる!」と思ったらしく婚姻資格具備証明書をこっそり発行してもらっていたのでしたw



そして、後になり結婚を決めて、27号と13号の結婚指輪を用意して(27号の指輪を作ってもらえるところを見つける、これが大変でした)いざ、入籍を予定していた日に市役所へ行くと…



なんということでしょう、彼の婚姻資格具備証明書の有効期限が一日切れていたのです!!(*_*)彼は市役所の担当の方に

「いいじゃな~い、いちにちくらいさ。」

なんて言ったものの、勿論それは無理なわけで…。そして入籍できないとわかった彼は


「どうしてあなた、まえにチェックしなかった?まったく…(怒」

「どうしてそんなに早く(書類を)発行してるのよ!(激怒」

というわけで入籍予定日に言い合いとなり、散々な一日でした。
二日後に再度、婚姻資格具備証明書を持って無事入籍したものの、指輪に刻まれた日付と実際に入籍した日付が違うという、おバカな夫婦になってしまったのです。


でも、今となってはそれもいい思い出?と思っています。


食事に行って、互いにプレゼントを渡すくらいだけれど、出逢いの日も、入籍した(できた)日も私たちにとっては大切な記念日です★





AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
happyさん* 魔法のことば *より、
「母子健康手帳はどんなですか?」にトラバしていますv(*^ー^*)


妊娠6ヶ月の頃、体重増加を指摘され、病院でばんっ!って〔食事注意〕の赤いスタンプを押されたっけ…。あの時はショックだったなぁ(笑

そのことがきっかけとなり、毎晩旦那さまと二人で散歩するようになったけれど、途中、小さくて雰囲気のいいバーでビールを飲みたがる彼につられて、私もオレンジジュースを飲んでしまい、あまり効果はなかったのです(*_*)とほほ…


でも、旦那さまとの散歩は毎晩楽しかったな。歩いているあいだ、たくさん笑って、本当に話が尽きなくて…。だから今となれば〔食事注意〕スタンプに感謝です♪

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
20歳になる年の冬、私はずっと働きたかった会社の採用試験を受け、二次面接が終わった帰りにピエール・エルメのサロンへ寄り、ミルフィーユを食べたことを、ふと思い出しました。





面接の内容はもう緊張していて忘れてしまっているのだけれど、その帰り道に一緒に受けた人たち数人でお茶を飲みに行ったのでした。(今考えるとまだ採用にもなっていないのにのんびりお茶なんて、と思う)


みんなそれぞれにケーキと紅茶をオーダーして、お互いに今どんな仕事をしているか?どうしてここで働きたいか?等とお喋り。
“どうか、ここで働けますように…”そう、強く願いながら食べたミルフィーユ。神様にお祈りするならともかく、ケーキを食べながら夢が叶うように念じる私、ちょっとおかしい?(*^ー^*)


そこで働くようになってからも何度か大好きなミルフィーユを食べたけれど、面接の帰りに食べたのが最も印象に残っています。






突然だけど、私たち夫婦をミルフィーユにたとえたら、高さは何センチくらいあるかな。1cmくらいかな。(え!Σ(・□・ )低~い?)


パイ生地クリームをどんどん重ねていきたいとは思うけれど、喧嘩もするし、努力もまだまだ足りなかったりでなかなか高さが出てこないのです(笑)
でも、私たちをケーキに例えるのなら、やっぱりミルフィーユ
この秋からいちご入りになりました(*^ー^*)wいひ。


でも、結婚して9年とか10年とか、長い月日を共に暮らしてきた人のブログ巡りをしていると、ずーーっと何も問題なくうまくいっている夫婦は少なくて、季節があり、色々なことを乗り越えて来ているんだなぁ…と教えてくれます。


来年もいろんなことがあるだろうけれど(年内もまだ何かあったりして…)これからも旦那さまや姫への思いをカタチにして、時に喧嘩したとしても、夫婦として少しずつ私たちのペースで成長していきたいな


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ついこの間、娘を出産したと思っているのに気がつけば12月。早い、早すぎます…。
12月というとクリスマスが一番のイベントですか?勿論宗教によっては全然関係ないという方もいると思います。私は誕生日が12月なので一番のイベントというと誕生日かな。ってもう誕生日が嬉しいか?って聞かれればう~んと悩むところですが。でもお祝いしてもらえることは嬉しいです。


去年の11月、私はついに三ヶ月に渡っての11キロダイエットに成功し、これからの一年で赤ちゃんを授かれたらいいね、と夫と話していました。(キレイになることはもちろん、体重を減らさないと妊娠中ピークの体重を考えると恐ろしかったので)


そして12月の誕生日を過ぎて数日後、いつもと体調が違うことに気づき、検査薬で妊娠?!と驚き喜び…やっと仕事が休めたクリスマスに初めて産婦人科を訪れ、妊娠がわかったのです。5週1日ということでした。私たち夫婦にとっては最高のプレゼントでした。




世の中には赤ちゃんが欲しくてもなかなか授かれず、不妊治療を頑張っていらっしゃる方がいると強く意識したのは、私の場合、自分が妊娠してからでした。友人の中で結婚している人は今でもごくわずかで、独身の子がまだまだ多いのです。


不妊治療の経験はないので、どのような治療か、どれくらい精神的ストレスがかかるものか等わからないのですが、私も妊娠に際しては辛いこともありました。でも、赤ちゃんを授かりたいと願っている人には、あなたを選んで赤ちゃんがやってくる日がきっと来る、そう信じて頑張ってほしいと思います。娘を授かって、心からそう思うし、私たちのところに娘が来てくれたことに日々感謝しています。



産婦人科の先生が書かれた詩『私があなたを選びました』を読んで、初めて涙したのも去年の今頃でした。


まもなく娘は生後100日です。どんな風にお祝いをしようか考え中です♪


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。