ファーマティックス トライアルセットを試してみる【1】 からの続きです。ハンドメイドソープ(ラベンダー&ローズマリー)が、乾燥肌かつ敏感肌さらにアトピー持ちのサハラにもビンゴだったので、続いて使う化粧水、美容液を使うのが楽しみになっていました。


> 続きを読む…。

AD

MARUCOLLET(マルコレ) ってご存知ですか? 百貨店の大丸が運営する化粧品サイトなのですが、大丸の実店舗では紹介しきれないブランドの中から、品質に優れた【隠れ優秀コスメ】だけを厳選している、いわばネット上の化粧品セレクトショップです。今回、MARUCOLLET(マルコレ)の中からファーマティックス トライアルセット iconを使う機会に恵まれましたので、その感想などを。


> 続きを読む…。

AD

今年の花粉症対策はパッチリだった…、はずなのに(T_T)

忘れもしない3月2日、炭焼き小屋に行った直後からくしゃみ鼻水が止まらなくなり 、風邪かな?と思い込むことで花粉症に対して知らんぷりを決め込んでいたのですが。


その日から3日ほどグッタリしてしまい、これは風邪に違いない!と思うも、発熱も悪寒もなく、ましてや節々の痛みなどまったくなく、ただただくしゃみ鼻水症状が続き、そののちグッタリ…、まさに花粉症ビンゴ状態に陥りました(ノ_・。)


そんな折も折り、救いの神が現れましてv(^-^)v

そう、「アレルケア」が届いたのです。


実はこれ、アジャイルメディアネットワークが1月に実施していた「アレルケア」プレゼント企画 に応募し、当選したものでして。当選した当時(確か2月上旬)は花粉症が全然出ていなかったので、自分よりひどい花粉症の方に届いた方がいいんじゃないかと、当選したことを申し訳なく思っていたりもしたのです。が、花粉症は甘くなく今年もしっかりサハラの中で発症し、来るべくして来たという感じ…、となりました。


アレルケア

救いの神が届いた直後のお姿。


アレルケア

さっそく開封。


花粉の時期になるとフル活動してくれるサハラの守護神的存在である空気清浄機に、新しい救いの神が乗ってるの図。


で、さっそく飲もうと思ったら、パッケージにこんな表記を発見!

↓↓↓


インターバランスL-92乳酸菌 アレルケア

●薬剤を処方している方は、念のため医師に相談してください。


今年は発症前からしっかり抗アレルギー剤を飲んでおります。薬では今まで痛い目に何度もあったことのあるワタクシ…。一刻も早く、この救いの神(アレルケア)を飲み始めたいと思うものの、やはりここは慎重にならねばと。


それから1週間後、皮膚科にて相談すると「いいと思うものは飲んでみるといいですよ」と、軽くOKが出てしまいました。医者サイドからみるとサプリメントは軽く見られている傾向がある気がするのはサハラだけでしょうか?口から入るものが体を作る、心も作る。のにね。


そんなこんなでアレルケアの服用をスタートしたのが3月10日。

その気になりやすいサハラは、服用した翌日からグッタリ感が解消してしまいました。さすがにこれはアレルケア効果とは言いがたく…。想像するに皮膚科医に言われた「いいと思うものは飲んでみるといいですよ」に対するプラシーボ効果かな、と。


【プラシーボ効果とは】

プラシーボ(Placebo)の語源はラテン語の「I shallplease」(私は喜ばせるでしょう)に由来している。そこから患者を喜ばせることを目的とした、薬理作用のない薬のことを指すようになったとのこと。通常、医学の世界では乳糖や澱粉、生理食塩水が使われる。プラシーボ効果(反応)は、このような薬理作用のないものによりもたらされる症状や効果のことをいう。


いわゆる、信頼できる医者から「これ効きますよ」と渡されると、それがうどん粉でも体調が良くなったりする思い込み効果のことですね。


サハラは以前からカスピ海ヨーグルトを食べており、乳酸菌が自分の体にいいことは体感していましたし、腸内環境を良くすることでアレルギー症状が緩和されることも体験していたので、乳酸菌サプリメントであるL-92への期待も大きかったので、飲んだ翌日からグッタリ感が解消されるという効果が出たんじゃないのかな、と。


これがプラシーボ効果だとしても、花粉症の症状が軽減されるなら喜んでその気になっていたいと思う次第!!!


だってね、ほんとにつらいんです花粉症…。

先日も某所に出かけた折、花粉症の症状が激しく出てしまい車の中でグッタリしてしまったんですね。同行者から「そんな状態になるなら、この季節のあなたは使いものにならないわね」と言われ、「ハヒ、ワタヒハコノキ、ツカヒモノニナリマヘン(はい、私はこの季節、使いものになりません)」と、ぜいぜいしながら応えたのでした。


この同行者に悪気がなかったのは100も承知で言わせていただけるなら、鼻の奥にスギ花粉を塗りたくってやりたーーーい!!!と悪魔のワタシは思ったのですが、花粉症じゃない人にとって花粉は脅威でもなんでもないんですよね。まぁ、なにごともそうですけれど、当事者じゃないと分からないものなんです、つらさって。



カルピス社独自の「L-92乳酸菌」の働きにより、カラダの内側からバランスを整えて、外部ストレスに負けないカラダ作りをサポートするサプリメントです。 カラダの中から強くなりたい方の健康力のある生活を応援します。携帯性のある乳酸菌サプリメントです。一日、2粒を目安におとり下さい。 カルピス公式サイト「インターバランスL-92/アレルケア」 より引用


アレルケアの残りは、あと10日分。

外部ストレスに負けないカラダ作り…、これが大事なんです♪ 


外部からの刺激(汗、紫外線、埃、花粉、猫、金属などなど)に、いちいち反応しアレルギー反応を起こす、がんばりすぎてしまう自分の体。もうあまりがんばらなくていいからさー、と自分自身に語りかけております。


そんなこんなで。

アレルケアのおかげもあってか、花粉症の症状が軽減しています。


桜が開花した以降、曇り空や雨模様が続いていた東京地方ですが、本日やっと青空となりました。絶好の桜撮影日和です!!!ということで、デジイチ抱えて桜の写真を撮りに出かけてきます。花粉もいっぱい飛散しているようですが、「もうあまりがんばらなくていいからね」と自分に言い聞かせつつ、行ってきまーす走る人


>> カルピス公式サイト「インターバランスL-92/アレルケア」

AD

アトピー繫がりのmayuさんから

次のような案内をいただきました。


昨日私のブログに書いたパジャマのことなのですが 、この会社の社長さんが、「サンプルが少し残ってるのでお友達を紹介していただければお送りしますよ」と言ってくださっています。サハラさんも着てみませんか~。


お断りする理由がございません(^-^)/

そのパジャマとは、↓こちら↓のLe Berceau Blanc(ル・ベルソ・ブラン)のパジャマ です。早くも届いてから1ヶ月近くが経ちました。

Le Berceau Blancのパジャマ

サハラは夏はもちろん冬でもコットン派でして、何度も何度も洗ってクタクタになってからが着やすくなるとばかりに、Tシャツは10年以上着てるでしょうか(笑)。襟口が摺りきれるほどになった頃が肌心地がいいのです♪

【関連記事】:「お父さんのももひき」と呼んでいたヨレヨレのTシャツ


アトピーが良くなった今でも、素肌に直接着るものはコットンかシルクじゃないと、肌が困っているのが分かります。ニットのタートルネックなどを着ると未だに湿疹が出てしまいます。


そんなサハラは、パジャマはあまり着ない派です。

いつもはTシャツ+スエットパンツなのですが…。Le Berceau Blanc(ル・ベルソ・ブラン)のパジャマ が来てからパジャマ派にすっかり寝返ってしまいました(笑)。これこそ、着てもらわないと分からない!と声を大にして言いたくなる肌心地の良さなのです(≧▽≦) この肌心地の良さには素材の秘密がありました。


徹底的にノンケミカルにこだわり、複合素材繊維加工技術により、肌にあたる面の約90%をシルクにすることを実現しました。表はノンケミカルなシルク、表はオーガニックコットンという新しい感覚の素材です。ふたつの天然素材が呼吸をしているため、汗をしっかり吸収・放散し、いつでもさらっとした肌触りです。ふんわりと空気を含むので温かさをキープ。「冬は暖かく、夏は涼しい」理想的な素材です。【Le Berceau BlancのHPより抜粋】


子供が口に含んでも害のない、優しいノンケミカルな素材を使って作られたパジャマなのでした。そりゃ着心地・肌心地がの極上のはずだわ~。それにプラスして、サハラを喜ばせたこだわりが数点ありました。



Le Berceau Blancのパジャマ

まずはネック部分にタグが付いていないこと。

ここにタグがあると首の後ろが摺れてしまって痛くなってしまうのです。洋服を買って始めにすることはタグを外すことです。アパレル会社はmayuさんのところのようなスタンプ タグを見習えばいいのになぁと常々思っておりました。



Le Berceau Blancのパジャマ

で、ですね。

Le Berceau Blancのパジャマのタグは左の袖口に付いておりました。肌に優しくミルキーホワイトの生地にポイントになってて素敵です。



Le Berceau Blancのパジャマ

実は、サハラは縫い目も苦手です。縫い目で肌が荒れちゃうことも多々経験しています。赤ちゃん用の肌着みたいな縫製にしてくれるといいのになぁと、この点も常々思っていました。


Le Berceau Blancのパジャマは、縫い目が折り伏せ縫いされていて、これなら柔らかくて刺激に弱い脇の下の皮膚も大丈夫です、嬉しっ♪


Le Berceau Blancのパジャマ

そして、さらに、ボタンが貝ボタンなんです~♪

これは肌心地とは関係ないのですが、実はサハラは貝ボタンが大大大好きなのです。去年の今ごろ作った魔女のコートに付けたのも、イギリスの100年前の黒蝶貝のボタンでしたし。



Le Berceau Blancのパジャマ

最後に。

ズボンのウエスト部分はゴムです。個人的にはゴムじゃなくて紐でしばるタイプの方がいいな、そう思うのですが、本製品は紐タイプのようです。(サハラの元に届いたのはサンプルで本製品ではありません)


洗濯表示には手洗いマークが付いていますが、サハラはネットに入れて洗濯機で洗っています。特に問題はありません。(が、あくまでも個人の判断ですので…)


お値段が高いので気軽に買えるものではありませんが。これからの自分の生活は、モノを少なくし、自分の好きなもの、自分にとって価値のある厳選したものに囲まれて過ごしたい…、そんな風に思っているので、もう1枚
Le Berceau Blancパジャマを購入して、長く大切に着続けていきたい、そう思っています。


アトピーや高齢者など肌弱者のことを真剣に考えていらっしゃるという、Le Berceau Blancパジャマを作っている会社の社長さま、お声をかけてくれたmayuさん、このたびは極上のパジャマをありがとうございました。このパジャマのおかげなのか、毎晩いい夢見ていま~す(*^o^*)


【関連リンク】

Le Berceau Blancパジャマ

mayuさんのブログ「ゆるっと、しゃきっと」

ピンクのパジャマが届いたmakikoさんの記事


成尾亜矢子 ピアノリサイタル in 東京


亜矢子と文子で、同じAYAKOということ。

お互い大人になってからアトピーになったこと。

このふたつの共通点が

サハラとピアニストの成尾亜矢子さんを結び付けてくれました。



成尾亜矢子 ピアノリサイタル in 東京


第一部2曲目 ドビュッシー「月の光」の最初の2音で

胸がギュッとなり、目の奥が熱くなりました。


今夜みなさんとこの時間を共有できたことは

私にとって奇跡のようなものです。

終了間際の亜矢子さんの言葉。

いい時間をありがとう。

心からの感謝をこめて。



・成尾亜矢子 公式HP




できることなら薬は飲みたくない…。


そう思うのは、薬は病気を治してくれるありがたい存在だとは思うものの、「薬は毒にも薬にもなる」とも思っているからです。過去には、服用した薬が合わなくて入院した経験 もありますし。


とはいえ。

昨日皮膚科に行って抗アレルギー剤をもらったりもしているワタシ。花粉症は症状が出る前から薬を飲んだ方が予防になるし、楽になるとも聞いているので、薬に頼ってしまう自分もいて…、う~ん悩むなぁ。


我が家は食生活のバランスは取れている(夫のおかけげです♪)と思うのですが、アレルギー持ちのサハラにとって、花粉に負けないためには今以上の免疫力が必要なのかも…。バランスのとれた食事にプラスして、なにかいい健康補助食品とかサプリメントがないかなぁと思っていたところ、あるサプリメントを友人に薦められました。


天然サプリ【ブルーグリーンアルジー】

この「ブルーグリーン・アルジー 」は、特に花粉症にいいと謳っているサプリメントではないのですが、公式HPによれば50種のミネラル、13種のビタミン、4種の脂肪酸、20種のアミノ酸などなど配合されており、その効能などを読むとサハラの免疫力アップに役立ってくれるかもと、ちょっと期待しています。


●50種のミネラル

必須ミネラルを全て含有しており、さらに50種以上ものミネラルが理想的なバランスで含まれています。高い体内吸収率と同化率が期待できます。このようなバランスを人工的に作り出すことは、ほぼ不可能です。特に多く含まれるコバルトと鉄分は、血液の質を高め、感染や病気に対する抵抗力を増すといわれます。


●13種のビタミン
ビタミンB群が非常に豊富です。さらに、ほどんどの藍藻類には含まれていないコリンが豊富です。コリンは脳神経系や肝臓などの細胞膜、神経伝達物質アセチルコリンを構成する重要な物質です。


●4種の脂肪酸
ブルーグリーンアルジーは寒冷地に生息するため、脂肪酸が多いという特徴があります。オメガ3とオメガ6は、コレステロールを減らしてHDLを増やします。オメガ3と6のバランスが人体が必要とするバランスと近いというのも大きな特徴です。


●20種のアミノ酸
ブルーグリーンアルジー乾燥重量の65~70%はたんぱく質です。必須アミノ酸を全て満たし、人体が必要とする組成に最も近いアミノ酸組成比を持ちます。また、大部分がグリコ蛋白で、非常に吸収効率が高いと考えられます。さらにアミノ酸ペプチドに富んでおり、脳と神経システムの栄養補給源となります。

ブルーグリーン・アルジー 】の公式HPより引用



天然サプリ【ブルーグリーンアルジー】

自分の手帳のメモによれば、1月23日から飲みはじめていました。早くも2週間が経ったことになります(物忘れが多いので、スケジュールをはじめ、食事内容からなんでもかんでも手帳にメモしています)。


はっきり言って、自分の体でどんな変化が起こっているかは自覚できていません。まぁ、2週間くらいで変化が出るとも思えませんが(出たらかえって怖い気がします)、花粉が飛びはじめる季節は目前です。しばらく飲み続け、経過をまたここにて報告したいと思います。




花粉が飛散する季節になると、サハラはくしゃみ鼻水に加えて肌も荒れてしまうので、とかく外出する気が失せてしまいがちです。


がっ!

今年はそんなことも言っていられません。なにしろ、旧友との京都旅行 もありますし、「川の家」のリフォーム のために週末ごとに杉山の近くに通わねばなりませんし。


サハラのかかりつけの皮膚科医によれば、花粉防止励行の優先順位は、1に帽子、2にマスク、3は外出から戻ったときのうがい手洗い、コートなどについた花粉を払う…とのことです。とにかく花粉を自分の体に近づけないことがポイントなんですね。


ということで。

まずは帽子です。上から飛散してくる花粉を防ぐには、なにはなくても帽子がイチバン!サハラは先日、こんな帽 子を買いましたが、できれば花粉が付着しにくいナイロン素材のものがいいとのこと。



この写真の帽子は、酒井法子さんプロデュースのブランド「PPrikorino ピーピーリコリノ」のものです。つば広なので上から降ってくる花粉飛散を防御できそうですし、素材は綿とポリエステルの混紡なので花粉が付いてもサラリと落としやすいです。UVしゃへい率約99%も嬉しいポイントです。


また小さくたためるので、持ち歩きにも便利そう♪

帽子って飲食店などで脱いだとき、そのまま忘れてしまうことが多いのです。(これってサハラだけかしらん?)脱ぐたびに小さくたたんでバックにしまえば、忘れ物防止にもひと役買ってくれそうです。



セシール

↑↑セシール↑↑には、甘すぎない大人の帽子がたくさん♪

この春、ふたつ目の帽子の購入を検討してみます。



野菜中心の朝ごはん

今朝は寝坊をしてしまい、起きたら夫はすでに外出していました。今日は山の方に行くと言ってたっけ…。東京は午前中にまた雪が降りまして、山道大丈夫かな、ちょっと心配。


ぼんやりした頭のまま台所に行くと、週末に作った赤かぶの甘酢漬け や小松菜のごま和え、きんぴらごぼうやけんちん汁がIHクッキングヒーターの上に置かれていました。冷凍庫から出された納豆のパックも(笑)。昨夜、元気が不足していたサハラのために、家を出る前に夫が作ってくれた朝ごはんなのでした。


元気が足りなくなった理由は、またも顔に出たアトピーです(T_T) 毎度のこととはいえ、顔の3分の1くらいが赤く腫れてしまうと、痒みもさることながら心がへたってしまいます。


花粉の影響かも。

これ以上悪化しないようにと、できることなら薬は飲みたくないと思いつつも、早めの予防対策も兼ねて皮膚科に相談に行ってきました。


4ヶ月ぶりに血液検査もして。

花粉症などのアレルギー疾患は、原因となるアレルゲンを除去すれば症状は軽快するものの、滅菌室でもない限り通常の生活をしていてアレルゲンを完全に除去するのは難しいものです。自分のアレルゲンがなんなのか? 以前はスギだけだったのに今はイネ科の植物も…、その逆もあったりしますし。とにかく自分の現状を知ることは大切です、きっと。


とにもかくにも。

自分の抵抗力や免疫力を上げておくのはとっても大事なはず。今の自分にできるのは、規則正しい生活(バランスのとれた3度の食事・十分な睡眠・適度な運動)です。


特に食事を気をつけなくちゃ。

消化の良いものを腹八分目でバランスよく食べる。夜間に糖分(お酒を含む)は×。食品添加物の入った加工品は避ける。


花粉症のみなさま、どうぞお大事にしてください。サハラはご飯を食べたら元気が出てきました(なんとまぁ現金な元気だこと 笑)。



手作り柚子の種化粧品

思えば、昨年のクリスマス前から始まった柚子三昧の日々。

柚子湯、柚子マーマレード薬味 にと、いやー柚子ってあらためてすごいなぁ~を実感する日々でした。今もスライス状に切った皮が冷凍庫の中で出番を待っています。(和え物や煮物に香り付けに使っています♪)



そして。

昨年末から作りはじめた、柚子の種の化粧水 ができました。

1月の中旬にはできあがり、会う人会う人に強引に押し付けたりもしています(笑)。その際には、ドラッグストアで買った可愛いとは言いがたいプラスチックの容器に入れていたのですが…。


天然生活的にはちょっと違うかな、と。


で。

雑貨屋さんやドラッグストアなどいろいろ見て回るも、気に入った小瓶は見つからず…。そんな時、食器棚の奥で見つけたのが↓この瓶↓でした。


手作り柚子の種化粧品

友人の結婚式でいただいた、引き出物だったこの小瓶。

中にはラム酒が入っていましたが、瓶を使いたいがために、出して飲んで空にして、柚子の種化粧水を入れてみました。


おー、きれい。

化粧水の瓶はこうでなくっちゃね。


陶器の蓋を開けて化粧水を出し、踵につけて、また蓋を留める。

お風呂上りのひと時、ほっこりといい感じです。

ひび割れた鏡餅のようだった踵も柔らかくなりました♪


アクティアージュ ウォーター プレシャス

サヴォンアンベリール を使い始めて、そろそろ丸2年が経とうとしています。以前こちらに書きましたが 、サハラは人もモノもあまり好きにならないタイプである、その一方で、いったん好きになったらしつこい…、と言われたことがあります。


そう言われてみると、「これっ!」と思ったものは長く使い続けていることが多いのです。2年近く使っているサヴォンアンベリールも、そのひとつと言えそうです。毎朝毎晩、泡洗顔&泡パックを楽しんでいます。


そのサヴォンアンベリールがご縁でニナファーム社さんとお付き合いがありまして、昨年の12月に新しいミストが発売になったとのことで、アクティアージュ ウォーター プレシャスとアクティアージュ ローションエフェクティブをいただきました。


今は友人から薦められた化粧水を使っていて、これらは未だ使っていないので使用感を書くことはできませんが、透明感のある赤いボトルを見ているだけで気持ちが上向きになってくる感じです。美しい赤色が、なんとも言えずハッピーな気分にしてくれます。(破壊した給水タンクの修理代 がウン万円になりそうだなんてことも忘れられそう、あぁ忘れたい、忘れなさい自分…)


この赤は、アクティソッド(スイカの果実エキス由来の抗酸化成分)の象徴であるスイカの赤なのかな♪


写真手前はローションエフェクティブです。奥のミストタイプのウォータープレシャスよりとろりとしています。詳しくは関連リンクをご覧ください。サハラは今使っている化粧水を使い終わってから、2つのアクティアージュを使いはじめたいと思います。じゃないと、今使ってる化粧水が途中になってしまい→使わない→古くなる→捨ててしまう、になってしまうそうでもったいないですもの。


【関連リンク】

・ニナファームの商品一覧

こちらのページの右欄上部にあります。


・サヴォンアンベリール

サハラが使い続けている洗顔石けんです。

自立した丈夫な肌を目指しています。