銀座線の中で。

テーマ:

新しい仕事の話しが思いのほか楽しかったり


ずっとできないで悩んでいたことがPCの画面をず~っと見てたら

頭の上に電球がポンッと浮かんで簡単にできちゃったとか


スタバでショートサイズを頼んだのに店員さんが間違えて

「トールサイズでいいですか?」と、おまけをもらったみたいだったり


そんなラッキーな1日の終わりに乗った銀座線の中で、泣けてきた。

なんで?だか自分でも分からないけど、涙があふれてきた困った。



時々、涙腺のふたが浮いてしまう。

なにかを思い出したとか、なにかを見たとか、そういうのじゃなくて

都会に雨がたくさん降ると排水が間に合わなくて

マンホールのふたが浮いてしまう、そんな感じ。


同じ量の雨が降っても、土なら滲みこむ。

アスアファルトならあふれる。

そういうこと、なんだろうけど。


この日、雨に降られたわけじゃないのにな。

泣くと目の周りの肌が荒れて赤くなるから、もう泣かない。

AD

コメント(2)