負け。

テーマ:

昨日の対局はトマホークと呼ばれる穴熊封じの相手の作戦。

良くなったり悪くなったり二転三転でしたが、最後に△2一同玉と明快な敗着が出てしまうあたりは勝負弱いなと思います。全体的に悪手が多すぎてガッカリです。

 

これを機に、ブログを書くのはしばらくやめようと思います。

その時間があったらどう考えても勉強するべきなわけで。

 

 

AD

昨日の対局

テーマ:

昨日の竜王戦の対局は後手番になり、横歩取り。

用意していた新しい組み合わせで作戦成功でしたが、

中盤は難しく、どの順が最善かわからなかった。

そして予定変更などがあった後に見落とし。

通常なら即ノックアウトでもおかしくなかったのですが、

まだ難しかったのは運が良かったとしか言いようがありません。

 

今年度に入ってから逆転負けが続いていたので、

一つ勝つことの難しさを改めて感じることになりました。

 

テーマを持って臨みつつも、生きた実戦では必ずと言っていいほど

机上の研究と違う展開となることを改めて思い知ったので、そのあたりも

課題ですね。それが面白いところの一つなのですが。

AD

昨日の対局

テーマ:

昨日の王将戦は角換わり腰掛け銀から仕掛けを敢行。

しかしやや無理筋で褒められたものではなかった。

中盤は優勢になり、勝ちを意識した局面もあったんですが、

飛車を取ればなんとかなると思ったのがいけなかった。

最後は1分将棋で崩れてしまい、だらしがなかったな、と。

△1三角に▲5九香や▲2四香を打ったり、△6六歩に▲5九香や▲3九香を

打ったりしてもっと頑張らなきゃいけなかったんですが。

全体として①▲6六歩②▲1五歩③▲6七歩④▲4六金~▲3六金、

⑤▲7六銀に⑥▲7四歩と6回もミスと呼べるものがあり、それでは勝てないですよね。

 

携帯中継もあり、緊張し、楽しみにしていたのですが残念です。

今月の2戦はともに勝ちを意識してからの逆転負け、かなりこたえました。

時間が経って精神が立ち直るのを待つしかありません。また頑張ります。

AD

対局の感想など。

テーマ:

前回の記事ですが、あまり良くない書き方だった、詳しいことを書かないなら不適切だったと反省し、いったん削除しました。

 

1月27日の棋王戦の対局は、横歩取りから手探りで難しい展開。時間が少なくなってからは

ミスも多かったですが、結果は幸いしました。

 

2月2日の順位戦は対右玉模様に▲9六歩型の穴熊を狙うことが戦前からのテーマでしたが、本当は欲張りで危険な面もある構想だと思います。本譜はうまくいって4勝目となりましたが、時間があるにも関わらず精度が低いところがあるので反省すべきです。

 

それにしても関西は対局に集中できる環境で大変感謝しています。

連敗

テーマ:

1月12日(木)の順位戦は、△3二銀に▲6六歩はまずいとされているので研究外。

すぐに攻める方針なら十分だったものの、持久戦にしたのが誤りで驚いたことに不十分。

中盤に入ってペースをつかめるかなと思ったところで、突然指す手がわからなくなり、

時間を使い過ぎたので、とりあえず指してしまったのが大悪手。以下は奈落の底で敗戦。

 

1月18日(水)の王座戦は対角交換四間飛車から、研究していた最新のテーマからずれて

しまったものの、不満のない序盤。しかし、中盤でお粗末な順を選び不利に。終盤逆転して

はっきり優勢だったようなんですが、自分の感覚ではいいとは思っていなかったのがまずかった。最後は諦めるような手を指してしまい、悪いところがすべて出たような敗戦でした。

 

大切な対局なのに、対局前も対局中もどこかちゃんと集中し切れておらず、盤上以外のことにイライラして熱くなってしまった部分があった。本当に精神的に弱くて情けない。次戦以降立て直していきたいです。