奨励会の後

テーマ:

こんにちは。


最近、雨が降ってばかりで、嫌な天気ですねダウン


でも、僕は好きなことをして暮らしているので、それほど不満はないですあせる





さて、今日は22日の奨励会の後の行動を書いてみたいと思います。


はっきり言って、HO(人としておかしい)なので、そういう行動は聞きたくもないという方は読まないか、またはすごい勢いでスクロールして雰囲気だけ感じ取ることをお勧めします(笑)




奨励会の後、とりあえずはいつも通りの博打研。


最初は、「引きます」「Aこないかなぁ」などと冷静にカードを扱うが・・・



1時間後・・・

「早くよこせコラ!!「サッサと配れ!!

「よっしゃあ5枚いった~!!「ストップストップストップ!!

などと盛り上がりを見せる。


まぁ、ここまではいつも通り。

敢えて変わったことと言えば、俺が負けたことぐらい。

奨励会に続き、BJの連勝もストップしてしまった。



そして、代々木で夕飯。

これもいつも通り。いたって普通。



ところが・・・夕飯を食べて将棋の話などで盛り上がっているうちに・・・


H君「しまった。終電が詰んだ」


バカ詰めのようにも思えたが、一人の終電が詰んだ瞬間、全員の道は決まった。




我が家に、H君、K君、S君が乱入。




「ヘイヘイヘイ!!」・・・BJ



「ヤツは流れがないからMAXベット!!」・・・チンチロリン



「よろづやごいち!!」「ごさんごいち!!」「ふみしす!!」・・・ちょぼいち



と深夜の激闘が続く。


明け方、H、Kが寝てしまったので、Sと俺が大富豪でひたすらVSメラメラ


10時頃、Kが起きて、再びBJ。




「クリオバーの開店だよ~!!

「このバーはつまんねぇから早く閉店しろ!!



・・・12時。


俺「あ、しまった。今日13時から研究会だったガーン


S「そんなもん中止中止!!



さすがにね、ということで博打研はお開きになり、蒲田へ行ってアドアーズ研。





一睡もせずに研究会。でもそんなの関係ねぇビックリマークそんなの関係ねぇビックリマーク

1局目は負けると降級だ。でもそんなの関係ねぇビックリマークそんなの関係ねぇ!!






・・・関係ないわけないよなぁ。



徹夜の人間らしくポカが出て、純粋銀損に。


しかしそこから大逆転で降級回避!!

奇跡の生還でした。




しかし、2局目は逆転負けでKKの昇級を許してしまった。



てつ、K君、俺「こりゃあKKにごちそうになるしかないよな」




ところが・・・


K君「KKさん、飯行きませんか」

KK「いや、今日は帰ります」



しょうがないので、てつ、K君、ハジメ、俺でココイチカレーを食べに行きました。


てつ、俺「あいつはKKKYAだ」


ちなみに、KKKYAのYは”読みすぎて”、Aは”悪人となる”と意味します。

これで分かりますよねはてなマーク







そのあと、K君がカラオケにほとんど行ったことがないから勉強したい、と言い始めたので、4人でカラオケカラオケへ。



てつ、ハジメ、俺「K君に、3人でカラオケを教えてあげるよ!!






・・・・・始めは冷静に1曲ずつ入れて歌う、冷静な4人組。



ハジメ「K君、全然問題ないじゃん、うまく歌えてるねビックリマーク



K君「みんなすごく盛り上がって楽しそうですねぇ」




てつ、ハジメ、俺「いやいや、今日はかなり冷静な歌い方ですよ」





・・・・・・30分後。



ハジメ「僕らはいつも以心伝心♪」



ここでなぜか、鬼てつ丸に火がついた!!




突然みんなにジャンプを促し、始まってしまった!!

得意のジャンプ研が!!




4人「信号は愛のメッセージカラオケ




ここから、鬼てつ丸が狂ったように盛り上がる曲ばかりを入れ始める。



Runner→SHAKE→リンダリンダ→天体観測→Runner→Runner→Runner→Runner



2回目のRunnerの時、鬼てつ丸がボリュームをMAXに。






鬼てつ丸

「走る走る俺たち♪」



閉めきった部屋で4曲連続ジャンプしながら歌い続けたため、汗がしたたり流れ、

体はフラフラで倒れそう。


さらに、鼓膜がやぶれそうなほどのボリューム&

鬼てつ丸のジャイアンも顔負けの凄まじい歌声(苦笑)




素面でここまで暴れたカラオケは初めてでした。


そして、カラオケに行って死ぬんじゃないかと思ったのは初めてでした。



しかも、俺は奨励会直後の徹夜で、体力が・・・・(苦笑)



救急車を呼ぶべきか迷いました(笑)




まず、K君がしびれを切らし、耳を押さえながら、部屋から脱出。


続いて、ハジメが逃げ出し・・・



粘りに粘った俺もついにサヨナラあせる



最後は鬼てつ丸が一人でRunnerを歌い続けていました。



部屋から10メートルくらい離れても聞こえてくるくらいの声で・・・



彼は将棋界のジャイアンです。


部屋にゴキブリやシロアリがいたとしたら、全匹退治したことでしょう(笑)






超スーパーハイパーウルトラ大回転大ジャンプ研

ランキング


1位 鬼てつ丸

2位 かみ

3位 ハジメ

4位 K君








終わったあとのこと。



K君「いやぁ~、勉強になりました。カラオケの歌い方がよくわかりました」



ハジメ「俺たち3人はK君に正しいカラオケの歌い方を教えるために

ジャンプして頑張ったよビックリマーク



てつ、俺「いや、単に俺たちがジャンプして盛り上がりたかっただけだろ(笑)」






・・・カラオケは本当に命懸けです。

みなさんも、カラオケに行くときは、それなりの覚悟を決めて臨むといいことでしょう。






この日の夜、家に着いたあとの記憶はほとんどありません。


家に着くと同時に寝ましたあせる


もちろん、コンタクトレンズはつけっ放しです。







次の日は大宮で研究会。


もちろん遅刻しましたとさ。




チャンチャン。







AD

一昨日の晩

テーマ:
青山一丁目→信濃町→四谷→市ヶ谷→飯田橋→水道橋→御茶ノ水→秋葉原→御徒町→上野→鶯谷→日暮里→西日暮里→田端→駒込→巣鴨→大塚→池袋→目白の経路で一晩中歩きました(汗)


要は、中央線の一部分+山手線半周です。

気違いだと思われるのも嫌なので念のため言っておくと、もちろん一人ではありません…。


途中、御徒町あたりから、疲れと睡眠不足から猛烈な眠気に襲われ、ずっと寝ながら歩き続けました。


今思うと、相当なアホでした…


よく車に引かれるようなこともなく、無事に帰ってこれたなと…。


本当は新宿まで歩く予定でしたが、俺だけ目白駅でリタイア…。


寝ながら歩くという体験は貴重だった(??)かもしれませんが、もう二度としたくありません(苦笑)


夜、布団でグッスリ眠ることがどれだけ幸せなことか、よくわかりました…。
AD

何も考えない流

テーマ:
一昨日は、自宅で大学の友達と鍋party!!


名目は中日ドラゴンズ日本シリーズ進出祝勝会!


スーパーで、スープ、野菜、肉、うどんを買ってきて、何も考えずに鍋に放り込む。


そして何も考えずに、缶ビール、麦焼酎のボトル、ラム酒のビンを次々にあけていく。


そして、人生ゲーム開始。


何も考えずにやってたら、切り札が大量に残ったが、61万4千円で圧勝。


友達によると、うちにある人生ゲームはマイナスが少なすぎてハラハラ感がないそうです。


言われてみればそうだ。もっとヤクザっぽい人生ゲームがしたいな(笑)


そのあと、紙くずと割り箸を使い、部屋の中で野球!!


完璧なるバカでしたよ。


そういえば、現在うちの下の部屋には人が住んでいるのかどうかが謎だ(笑)
AD

昨日~今日の行動の記憶

テーマ:

奨励会で連敗し、蒲田のS級順位戦も負けて挑戦への道が断たれ・・・

すべてを失った気分になり、精神的に病んで。。。(´・ω・`)



気晴らしのため、わたみんちで蒲田仲間と飲みに(-_☆)



焼酎で友情一気!!(一気しないと友情が壊れる)

とか言いながらバカやってあっという間にボトルが空き・・・



さらに次のボトルも余裕で空き・・・(4人だとペースが速いね)





気がついたら終電が詰んでいた。Σ(・ω・;|||




そしてそば新に行き、酔っ払ってるせいで

かけうどん1杯に20分くらいかかり(笑)、



カラオケ行ってさらに飲みながら朝5時までバカ騒ぎした。



みんなと別れたあと・・・



意識が朦朧とする中、大倉山に向かって電車で帰る。


多摩川から東横線に乗り、次に気がついたとき、ちょうど駅に着いた。


寝ぼけた状態で(´-`).。oO(着いた~大倉山だ~)と思い、電車を降りて・・


階段を登り、改札口まで行き。。。


(´-`).。oO(あれ?大倉山の改札ってこんなんだっけ?これ、横浜駅の改札に似てる気がする、だけどまさかここが横浜ってことはないよな)と思い・・・

まわりを見渡して我に返り!


本当に横浜駅だ!あせると悟って。


電車で引き返す。


今度は奇跡的に大倉山で目が覚め、降りる。


とりあえずホームのベンチに座って寝る。


何分かして起きて、死に物狂い(?)で歩いて帰宅。


即寝る。


気がついたら9時。


二日酔い(?)でなかなか家を出れず。


大幅遅刻で1限。



あまりにバカすぎる。


けど、バカしてるときって楽しい( ̄∇ ̄)


なぜかと言えば、バカしてるときは自分がバカだってことに気付かないですむから。