4月7日(金)の棋王戦の対局は序盤、中盤隙がなく大優勢を築けたものの、

終盤で1手半は勝っているはずの将棋がなぜか1手半以上の負けになるという大逆転。

評価値+1000ほどのリードはあったと思うので、あまりのショックで消えてこの世からいなくなりたい気持ちになりました。悔しさが忘れられず、しばらくは逆転された場面が頭から離れそうにありません。なぜ逆転負けを喫するのか、もう一度分析し直す必要があります。野球で5点差が5点差に・・・というネタがあったと思いますが、それを思い出しました。

 

 

昨日から、朝日新聞紙上で3月2日(木)の順位戦の最終局・加藤九段戦の観戦記が掲載されています。対局後日の取材もしていただきました。後の感想なども掲載されるかもしれません。ぜひご覧ください。http://www.asahi.com/shougi/list/meijin_kansenki.html

 

 

先日のボルボ・カー動画について。

公開が終わってしまったということもあり、少し裏話ですが、

撮影前の打ち合わせで盤面を決める際、正しくは普通の歩+ボル歩=18枚で

作成しなければいけないところを普通の歩18枚+ボル歩2枚で作成していました。撮影当日に発見してもらって事なきを得たんですが、編集も大変だったと思います。

楽しい内容だったので4月1日限定は名残惜しいところですキョロキョロ

 

AD

叡王戦のこと

テーマ:

対局のことで頭がいっぱいになっていて遅くなってしまいましたが、第2期叡王戦には出場しません。ひょっとしてご心配をおかけしたようなことがあれば申し訳ないなとは思うのですが、体調面の問題などではありません。


叡王戦不出場に関して、理由はいくつかあります。

もちろん、コンピュータソフトありきの問題ですが。

が、それをここで書くのは怖いのでとりあえず伏せておきます。


今は叡王戦に出られなかったぶんも他の棋戦で頑張らなければという気持ちで一杯です。









AD

新刊紹介

テーマ:

大変遅くなりましたが、4月14日(木)に私の新刊が発売になりました。


矢倉新時代の主流・早囲い完全ガイド


従来の▲8八玉型の早囲いから、▲7八玉型で戦う

現代の早囲い、天敵となる急戦矢倉や力戦への対応、相早囲いまでを網羅しました。


是非お買い求めください!


AD

昨日はサンケイ将棋フェスティバル2015に出演しました。


屋外ビアガーデンでの指導対局、

”棋士に勝つかあるいはそれに準ずる内容ならばビアガーデンにおける商品券の進呈”という企画でしたが、私からの商品券贈呈は二枚のみで、他の棋士に比べて手厳しくしてしまった印象です(苦笑)


終了後の打ち上げはビアガーデンにて、関係者・棋士・ファンの方々が垣根なく和気あいあいと行い、非常に楽しい会でした。



・・・長い時間屋外で汗を流したものの、ビールを飲んだので

昨日で痩せた可能性はゼロでしょう(苦笑)



サンケイ将棋フェスティバル2015の関連記事はこちら↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150728-00000003-san-l13



香一本強くなる子供情熱将棋塾

テーマ:

香一本強くなる子供情熱将棋塾から昨日帰りました。

本当に参加の皆さんが香一本以上強くなったと思います!

(こちらも香一本強くなればいいのですが・・・)


この合宿では駒落ちを同じ対戦カードで何番も指すことになるのですが、上手側に厳しい手合の場合は上手側が指し方のレパートリーを豊富にして毎局工夫していかないと同じ形で何度も負けるはめになります。


ただ駒落ち下手も大変で、定跡とされているものの中には実際は下手が思わしくない(初期設定より損をしている)定跡もあるので、その辺りの見極めが必要です。




今回、長丁場をほぼ一人でまとめてくださった主管の文化の旅企画様、お子様が将棋に集中できる環境を作ってくださった保護者の皆様には大変感謝しております。ありがとうございました。