詰将棋解答選手権

テーマ:

今日は毎年楽しみにしている詰将棋解答選手権でした将棋



第1ラウンド、17手以下6問で90分。



1問目、1分ほどで楽勝。


2問目。筋が見えないので3分ほどで飛ばす。


3問目。収束がなかなか見えずに手こずる。

推定15分でクリア。


4問目。気持ち良く捌き2~3分で瞬殺。


これで勢いに乗れるかと思いきや・・・


5問目。パッと見はサービス問題に見えたのだが(苦笑)


初手に無意味な自信を持つも、3手目以降の手が広くて焦る。


推定20分でいったん諦める。


6問目はラスボスと見て2番に戻る。



10分ほどで部品を2つ揃えたものの、

またもや収束の形が見えずに苦しむ。


限定性の悩みも解消されて快勝。しかし推定20分を費やす。



5問目に戻ってあーでもないこーでもないと悩む。

やがて”唯一の下段玉問題が解けないのは病気だ”

と自虐的になる。


時折6問目も眺めるが、5問目に比重を置き過ぎた。


40点で第1ラウンド終了。5問目を途中で諦めていれば6問目が解けていたかもしれないが、それは結果論としか言いようがない。



第2ラウンド、19手以上4問で90分。



1問目、5手目で紛れ手順を読まされて手こずったが、

15分ほどで勝利。


2問目、4手目までは確定だが、6手目のしょうもない変化に悩まされ、5手目で脇道にそれることを考え始める。


25分ほど時間を食った上にいったん諦める。


3問目、しばらくにらんでいると、12手目まで確定だとわかる。

そこまで盤に並べて動かしてから考えたい衝動に駆られる(笑)


しかし、その先がまったくわからない。10分ほどでいったん投了。



4問目、筋がまったく見えない。それらしきものもわからない。

5~10分で投了。


2問目に戻る。しょうもない変化がわかり、先に進む。


収束が見えてきたものの、伏線の入れるタイミングが

2つ考えられて悩む。それをクリアして解けた気になり、

解答を書きながら4手延ばしの引っかけに気付いてハッとする。

20分ほど消費する。


残り5~10分で3番の続きを考えるがわからずタイムアップ。



総合63点で24位タイ。



70点以上はいきたかったので残念ですダウン




脳ミソを相当使えたのは良かったけれど、

集中力と思考スピードを高めることは課題です。



特に今回は、第1ラウンド後半でWe are the world、

第2ラウンド後半でももいろクローバーZの曲が頭の中に

流れてきて集中力を欠かされたのが敗因ガーン

(なぜこの2曲だったのかは不明)



大阪での三段リーグ対局中(しかも終盤ド急所)、外で”楽園天国”の大演奏が始まった時があったけど、その時と同じくらいしびれた汗




某棋士が「終盤にultra soulが頭から離れなくなって負けた」

と言っていたのも思い出した。




今後は音楽を聴かない努力をした方がいいのかもしれない(苦笑)








AD

近況。

テーマ:

三段リーグは、降段点ギリギリ回避の

5勝13敗という結果に終わりました。


最後までモヤモヤしたものを吹っ飛ばすことが出来ず、

まったく力を出し切れませんでしたダウン


順位4番をフイにしたのはもったいないとしか言いようがありませんが、また気合を入れて出直したいと思いますメラメラ





三段リーグが終わった次の週は、熱海で2泊3日の将棋合宿、

棋王戦第4局の記録で長旅でした新幹線






写真は熱海駅での足湯。




かみの気合の一手!





冷静に考えると、足だけ浸かるというのは微妙な感覚です。

モヤモヤを完全にフットバスまでには至りませんパー



やはりホテルで入った露天風呂が最高最高最高ビックリマークでした。







そういえば、明後日は詰将棋解答選手権だというのに、

特に何も準備していませんあせるあせるあせる



恥をかくのは俺だ俺だ俺だ俺だビックリマーク



AD