渡辺やよいの楽園

小説家であり漫画家の渡辺やよい。
小説とエッセイを書き、レディコミを描き、母であり、妻であり、社長でもある大忙しの著者の日常を描いた身辺雑記をお楽しみください。


テーマ:
 先日、我が家の猫のくーが、静かに息を引き取った。
 我が家はこれで猫が二匹になった。

 ところで、うちにいる犬の牛太郎は、リビング族(我が家では、リビングが猫犬スペース。二階に爬虫類スペース、とわけている)の中で、カーストの最下位である。
 犬というのは、長いこと集団生活をしていたせいか、自分のカーストや年功序列にこだわるところがある。
 リビング族の中では、牛太郎が一番最後に来たので、彼は自分が猫たちより地位が低いのだと思い込んでいる。
 それは牛太郎が成長して、猫の何倍もの大きさになっても同じだ。
 猫たちは威張って牛太郎を苛めたりする。
 水飲みの順番も、猫が最優先。
 牛太郎のご飯を、見張っていないと猫が取り上げてしまうこともある。
 私はずっと図体のでかい彼が、猫どもにへいこらしているのが歯がゆかった。

 それが、くーが逝って数日後。
 私がリビングのソファでお茶を飲んでいると、牛太郎がソファの回りをやたらうろうろする。そして、なにか言いたそうに私を見上げて、くんくんいう。
「どうしたの?」と、声をかけると、彼はソファに前脚をかけたかと思うと、ふいにひょいとソファに飛び乗ったのである。
 私は驚いた。
 我が家にきてから十年、牛太郎がソファに乗ったことは一度もなかったのだ。なので、足が短い犬だからソファに上れないんだろうと(失礼)思い込んでいた。
 いつも猫たちがソファに寝て、牛太郎は床に寝ていたのだ。

 ソファに乗った彼は、のびのび手足を伸ばし、私の膝に顎を載せて、満足げにため息を付いた。
 ああ、そうか、と私は気がついた。
 牛太郎はずっとソファに乗りたかったのだ。
 だが、今までは猫たちがソファを占領していた。
 だから彼はソファに乗れなかったのではなく、猫たちに遠慮して、乗らなかったのだ。
 それが、くーが死んで、一匹分スペースが余った。
 犬には生死というのものはわからないらしいが、何日か様子を見て、どうもくーが戻ってこず、ソファは空いているのだ、と判断したらしい。
 私が彼の「ソファに乗っていいですか?」という問いに、拒絶しなかったので、彼は主人の承諾が出たと判断した。
 そこで彼は、満を持して、ソファのスペースにありついたというわけだ。
 牛太郎のカーストが、ワンアップしたということか。

 

 嬉しそうに目を閉じている牛太郎を見て、私は少し笑ってしまった。
 規律は守るが、抜け目ないというか。
 それ以来、牛太郎はずっとソファで寝ている。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。