渡辺やよいの楽園

小説家であり漫画家の渡辺やよい。
小説とエッセイを書き、レディコミを描き、母であり、妻であり、社長でもある大忙しの著者の日常を描いた身辺雑記をお楽しみください。


テーマ:
 新刊の告知です。
 渡辺やよい初の、乙女系小説です。
 リブレ出版 乙蜜ミルキィ文庫 「淫惑の華 三都艶情」です。
 東京、香港、ロンドンを舞台に、美しく一途なヒロインを巡る、三人のイイ男たち。
 そりゃもう、エロティックでドラマティックで感動必至!
 挿絵はDUO BRAND.先生。これがまた美麗で艶っぽいイラストで、素晴らしいのです!
 書影が解禁になりましたら、またお知らせします。

 よろしくお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 桜咲く。
 やよい、という名前の通り、3月が誕生日であるが、どっちかというと桜の開花の方が胸がときめく。まあもう祝う年でもないけど、取りあえず、1年頑張った自分。
 

 春は新生の季節。 
 もう少しで告知も出来るだろうが、新しいジャンルの仕事もした。これが非常に楽しくて、今後も開拓していきたいな。

 で、仕事の合間は相変わらず パズドラばっか。哀しい人生だな、仕事かパズドラか。
 まだやってます。つーか、もうすぐランク600です。ガチ勢です。パズルは下手だけどね。
 曲芸師が手に入り、私みたいな下手クソも手強いダンジョンをクリアできるようになり、うれしい。しかしパズドラ、究極進化多過ぎ。インフレハンパねー。 今週末はプラマラ(プラス集めマラソン)やってます。


 
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
 春の足音、着実に。
 公園の梅が終わり、桜が開花。
 


 仲の悪い同士なのだが、なぜかシンクロして寝ていることが多い。

 

 そして先日、またひとつ歳を取る。残り時間が少なくなったな、とつくづく思う。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 我が家の子どもたちは、ちょっとシニカルに構えるたちで、特に世間のイベントごとに乗らない所がある。ディズニーランドには我が家の子どもたちは敵意すら持っているという有様だ。
 娘もクリスマス、ハロウィン、バレンタインなど、女子がキャッキャ言いそうなイベントにわりと冷ややかだ。ちょうど今月9でやっているドラマ「デート」のヒロインみたいに、「合理的でない」ことには乗りたくないという。
 先日のバレンタインも、「友チョコとかやらないの?」と、水を向けたのだが、「いいよー、そういうの、めんどくさいし」と、スルー。しかし、学校のお友だちからは、いろいろ友チョコを頂いて帰ってきた。
「もらってばかりじゃ悪いから、ホワイトデーにはお返ししようよ」と、私が言うと、さすがに申し訳なくおもったのか「そうだね」と、同意。
 ということで、昨夜はホワイトデーのお返しに、娘がクッキーを焼いた。というか、二人で作ったという感じだが。
 すべての材料を作り上げ、さて麺棒で生地を伸ばす段になって、引っ越し以来の荷物の片付けのしなさすぎで、麺棒が行方不明。慌てて、仕方なくサランラップの芯で伸ばすはめになった。
 が、味は上々に上手く出来た。美味しくできたせいか、娘、嬉しそうにラッピングしている。これで乙女心が目覚めないかぁ。
 お友達が喜んでくれるといいな。 

 かたや、母の私はめっぽうミーハーである。
 世間の風に乗るたちで、なんでも参加したいほうだ。そりゃ私も高校生くらいの時には、こういうイベントに騒ぐ世間を「愚民ども」みたいに見下ろしていた時もあるんだが、人生酸いも甘いも相当に噛み分けた今になれば、そんな自分も愚かしく思える。
 いややっぱ、楽しみは多い方がいいじゃないかな。
 
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
 えー、猫どもの悪口ばっかり書いてるようだが。
 不出来な我が子をののしりつつ、毎日弁当作ってやる母ちゃんの心持ちである。
 取りあえず、我が家にやってきた生き物はすべて寿命を全うするまでは面倒見てやる。
 そもそも、なにかの面倒をみるということが私の趣味のなのだ。それが特に、愛玩動物であればるほど、生涯面倒をみるわけで。
 しかし最近、亀を飼ったのは後悔している。
 もはや20年うちにいる亀とか、どーしたらいいんだ。さらにまだ生後1年未満の亀もいる。
 自分の寿命が先に来てしまうという、年寄りならではの心配事が増えてしまう。
 可愛らしい犬猫ならともかく、ふてぶてしいでかい亀とか、引き取り手がなさそうで、ほんとうにまずいな、と思うのだ。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
猫を飼って、つくづく新築の家のなどに住むものではないと思う。
奮発して購入した高い家具は傷だらけ、上等のソファにげろを吐かれ染みだらけ。テーブルの上のものをやたらと落とされ、床は穴ぼこだらけだ。平面移動しか出来ない犬にくらべ、立体移動する猫は手に負えない。しつけもきかないので、何度でもいたずらを繰り返す。
「猫はお前たち一代限りで終わりだ」と、やつらに言い聞かす。
無論分かるはずもなく、相変わらず悪さを繰り返す猫どもである。
良い点としては、四六時中なにかしらやらかしてくれるので、日常に小さな波乱が多い、くらいか。それが良いのか、と言われると、まあ家に閉じこもって仕事ばかりしているので、誰かと口をきく機会が少なく、猫にどなっているだけでも、ましか、という程度だが。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
 我が家は毎日24時間、猫カフェ状態であるが。
 そもそも生き物を飼うのは大好きだが、特化した猫フェチではない私は、猫どもの理不尽さにキレることもたびたびあるのだ。
 抜け毛、げろ、なんでも落とす、の被害は日常茶飯事。
 甘えてくるやつはしつこさMAX、ツンデレはツンMAX、と猫にほどほどはないのか。
 可愛いから許されると、思うな、猫ども。

 
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。