渡辺やよいの楽園

小説家であり漫画家の渡辺やよい。
小説とエッセイを書き、レディコミを描き、母であり、妻であり、社長でもある大忙しの著者の日常を描いた身辺雑記をお楽しみください。


テーマ:


 季節の変わり目、平助がまた食欲が無い。
 みかけはがっちりごっついのに、繊細なのである。
 おやじ顔なのに甘えん坊。


 連休前のこの2、3日。
 子どもたちを遊びに連れて行く予定がいっぱいなので、必死で仕事を前倒しして片付けている。
 本当は、美容院にも行きたいし、爬虫類店でトカゲや蛇を見に行きたいし、クレーンゲームもしたい。
 でも、もうそういう自分の事は後回しである。
 懸命に仕事をするのも、今は半分は子どもを食わせて行くためだ。
 ひとりの時は、時間は100%自分のためにあった。仕事も自分のためにしていた。
 今はぜんぜん違う。
 自分の時間のほとんどは、自分以外のもののために使っている。
 それがいいか悪いかではなく、それに別に不満は無い自分がいる。


 今の時点での最優先事項が変わっただけだ。
 いつかはまた、自分だけの時間ばかりになる時も来るかもしれない。
 しかし、遅い出産なので、そのためには長きしないとかなわないな。


 

 みかん、シーサーそっくり。
 お嫁さん募集中。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


 こういうの呉越同舟というのか。


 ここのところずっとゲラと格闘中。
 言葉ひとつひとつにこんなに気を入れたのは初めてかもしれない。
 脳みそがしゅうしゅう音をたてて煮えている感じ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 ヴィーをハンドリングする夫。
 夫は犬猫はあまり好きでないようだが、爬虫類は気に入っているようだ。
 自分の境界を犯さない生き物が好みのよう。

 今週は、子どもたちの個人面談やPTAの会合や打ち合わせなどが相次いで、気持ちがばらけて、なかなか打ち込みたい仕事に気持ちが向いて行かず、内心焦る。
 しかし、急いては事を仕損じる、と自分に言い聞かせ、気持ちが発酵するのをぐっと押さえて、その時期を待つ。
 こういうときこそ、境界を犯さない爬虫類は和む。


 
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:


 娘にずっとねだられていた多摩動物公園に出かけた。
 過去私は何度かこの動物園に来ているが、全部回れたためしがない。
 なにせ、広大である。起伏が多い。ちょっとした登山をしながら動物を見るような感じである。
 かなり脚力を必要とされる動物園である。
 しかし、広い分、混雑感はまったくなく、のんびりゆったり見て回れるところはいい。

 


 今回の目玉は、ライオンバス。
 いつも長蛇の列で、あきらめていたが、今回は開園と同時にバス乗り場に走ったので、3バス待つだけで乗り込む事が出来た。
 いや、目の前で見るライオンはさすがに大きい。迫力である。
 我が家の猫たちと同じ属とは思えない力強さ。


 
 春なので、あちこちで赤ちゃんが誕生している。




 チーターの赤ちゃんが公開されていて、いかにもかわいらしい。






 多摩動物公園の目玉の、オランウータンのスカイウォーク。



 なかなか遭遇しないと聞いていたが、運良く頭上高く縄を渡って行くオランウータンを見る事が出来た。
 すばらしい腕力と運動神経で、するする高所を渡って行く。



 頭のいいオランウータンのこと、どうだと言わんばかりのパフォーマンスである。




 子どもたちはずっと走りっぱなしで園内を巡って行くが、親の私はへろへろである。それでも、今回はすべてを回り終えた。どんだけ歩いたんだか。
 帰りは子どもたちは車の中でぐうぐう寝てしまうが、私は運転手、さすがに疲労困憊で、帰宅するとものすごい頭痛に襲われ、早々に寝てしまう。
 
 考えたら、大人になると、カップルか子持ちでもない限り、なかなか動物園などには出向かないものだ。
 でも、動物はやっぱり大好き。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


 4匹、なにを見てるんだろう。

 
 先日のスマスマのビストロスマップに、96歳現役医師の日野原重明先生が出てらした。色つやよく杖もなくすたすた階段も降り、頭脳明晰。しかもご注文が「ステーキ」
「私は二日に一回は肉を食べるんです」
 出て来た料理をぱくぱく召し上がる、健啖である。
 うーむ
 森光子も「お肉大好き」と言っていたし。 彼女も健啖である。
 現実に元気で長生きの人たちが言うと、説得力ある。
 最近健康で長生きするとか言われているマクロビオティックの創始者は、心筋梗塞でわずか73歳で死んでる。
 身体になにがいいかなんて、ひとくちには言えないものなのだなぁ
 
 私は、総コルステロール値が高いと人間ドックで注意されてから、毎食玄米を炊いて食べ、卵も洋菓子も封印していた。
 しかし、マスタークックという玄米が最高にふっくら炊ける鍋で炊いた玄米でさえ、飽きる。
 夫がお釜で炊いた白米は、涙が出るほどうまい!白米うまいよぉ、飽きないよぉ
 それに、コルステロールは、ある程度高めの人の方が健康であるという調査もある。私は悪玉コルステロール値だけでなく、善玉コルステロール値も多いのである。
 なんだか、いろいろな数値にこだわって無理して食べたいものを我慢しているのも疲れて来た。
 なんでもまんべんなく美味しくいただくのがベストかもしれない。
 
 ところで、なによりびっくりしたのは日野原先生が、かの「よど号」に乗り合わせていた、ということだ。連合赤軍とインターナショナルを合唱したとか。まあ、若い人にはよど号ハイジャックなんて???だろうけど。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


 大きな目。だんご。


 今日は東京は猛烈な風と雨である。
 しかし、早朝の犬の散歩には出かける。
 運動量の多いコーギーなので、雨の日も風の日も雪の日も、毎朝毎夕かかさず散歩に行く。
 おかげで犬を飼い始めて20年、運動不足からはどうにか免れている。
 万歩計を見ると、一日の歩数のほとんどは犬の散歩でまかなっている事がわかり、それは逆に
犬を飼わなくなったら私はとたんに足から老化していくことは間違いないという事である。
 歳をとっても自分が動けるうちは、犬と暮らそうと思っている。

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 全員集合。

 私は先日の息子の保護者会で、クラスの学級委員長になってしまった。
 くじで当たってしまったのだ。去年も、PTAの本役員にくじで当たってしまったというのに。
 「去年、家庭学級委員長をやったのですが」と、逃げようとしたが「PTAは本役員以外は、どの役も連続でも拒否できません」とのこと。
 ほんとうになぜこういう長の役目が当たるのであろうか。
 ひと様の長になることなど苦手で向いていないと本人は思っているのに、気がつくとなぜかそういう位置にいる。
 哀しい巡り合わせだ。 懸賞や宝くじに当たった事は一度もないのに。
 別にPTAの仕事をするのはいやではないのだが、会議の時間帯が午前中な事が多く、仕事にならないのが困る所なのだ。以前もこの事を書いたが、日本のPTAの旧態依然度はどうにかならないのか。共働きが増えた昨今、平日の午前中から学校に出向ことはかなりの負担だ。もっと柔軟なやりかたもあると思うのに。
 週末は娘の方の保護者会で、またなにか長のつくお役目が当たりそうで怖い。うちの学校は、子どもひとりにつきPTA一役という決まりなので、今年から私はふたつ役目を勤めなくてはならないのだ。

 で、今週早くもPTAの会議で、締め切りが3つ重なる私は頭をかかえている。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:


 すっかりふてぶてしい雰囲気になったみかん。うちに来た当時は、オレンジがかっていたのでみかんと名づけたが、今はすっかり全身イエローで、所々にオレンジが入っている感じ。
「れもん」と改名したほうがいいかも。
 しかし、誰だ?「フトアゴヒゲトカゲは飼いやすい」などと言ったのは。
 個体によるのだろうが、温度餌などに四六時中気を配らなければたちどころに体調が悪くなる。
 今は春になり気温が上がったせいで落ち着いているが、冬場は適正温度を把握するのに四苦八苦した。
 拒食はしなくなったが、コオロギなどまったく見向きもしなくなり、デュビア、ミルワーム、ハニーワームなどを、順繰りに与えて食いつきを調整している。特に、蜂蜜で育つハニーワームが嗜好性が高いようで、ここのところはこればかり好んで食べている。お菓子ばかり食べたがる偏食の子どもを育てているようで、栄養が偏らないか気をもむが、食べない事にはどうしようもないので、仕方ない。



 
 それでも元気ならなんでもいい。手のかかる子どもほど可愛いとも言う。
 ゆくゆくは、お嫁さんを迎えてブリーディングしたい希望もあるのだが、うまいことベビーが誕生しても、環境設備にお金がかかるので、おいそれと人に上げられないところが問題だ。


 


 生き物はやすやすと飼ってはいけないのであると、自戒することしきり。

 で、同じ爬虫類を飼いたいのなら、蛇のほうがおすすめだ。



 

 蛇は妙に偏見を持たれて、毛嫌いする人も多いが、飼ってみると意外に飼いやすく、餌も数日に一回でいいし、排泄もたまにしかしないし、しぐさもなかなか可愛い生き物である。特にコーンスネーク、カリフォルニアキングスネークは、おとなしくてハンドリングも可能で色も多彩で楽しい蛇だ。しかも臭わない。フトアゴヒゲトカゲ自体は臭わないが、ウンチが案外臭いのだ。
 一人暮らしの人のペットにはけっこう向いていると思うのだが、ひとつだけ欠点があるのは、やはり餌の問題。
 なにせ餌はマウス、ネズミである。生きているのでももちろんかまわないが、確保が大変なので冷凍物ですますのがいいのだが、この冷凍マウス、けっこう生々しくて、しかも解凍して与えなければいけないので、どうしてもこれがダメという人も多いだろう。

 まあ、そもそも爬虫類、というカテゴリーが万人向けでないと、ここまで書いてきてから改めて気がついた次第である。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:


  生金城武に会えてから、再び金城武の映画やドラマを見まくってうっとりしている私である。
 映画もドラマもほぼ恋愛がテーマである。
 無論主人公たちに感情移入して感動することしきりであるが、若い時なら絶対泣かなかった所でボロ泣きしてしまうのだ。
 それは、親が出て来るシーンだ。
 「2000年の恋」では、主人公役の金城武の父親は、細菌兵器のデータを持って亡命した国家の裏切り者の学者だ。裏切り者の息子は、父親殺害を命じられて工作員として日本にやって来る。父親は、いずれ息子が国の命令で自分を暗殺にくるであろう事を知っている。細菌兵器を使わせないために命がけで亡命したが、それで国に残された家族がどういう目に合うかは覚悟している。データを手放したあとの父親は、わざと息子と会えるように画策する。とうとう銃を構えた息子と対面して、父親は優しく笑う「勉強もかけこっこも一番、お前は私の自慢の息子だ」どうしても引き金を引けない息子の手に自分の手をかけ、自ら引き金を引く父親。父親の気持ちがストレートに理解できて、いやー、ボロ泣きです。
 「神様、もう少しだけ」では、17歳の娘役深田恭子が一度だけのウリで、エイズに感染してしまう。深田恭子の母親役田中好子は、仕事人間の夫と隙間が出来て、パート先の男性と恋に落ち、子どもたちが自立した後離婚して、その男と一緒になろうと夢見ていた。しかし、娘の病気を知らされて、娘の幸せのためだけに生きようと決心して、男に別れを告げる。ほんとうは男に心を残しているのに、「主婦のひまつぶしだったのよ」と、笑って男に言う。喫茶店で別れを告げて、店を出たとたん泣き崩れそうになる所を必死で踏みとどまって歩いて行く母親。娘が病気で荒んでいる時、「こんなつまらないことでエイズになって、あなたはほんとうに悔しいでしょう、でも、お母さんの方が、もっともっと悔しい」と、娘を抱きしめる母親。そのくだりの母親の切なさが、身にしみてボロ泣きです。
 
 子どものためなら、自分のことは後回しになる親心が、今びんびん来ます。

 ああ、私はお母さんになってしまったんだなぁ、と、しみじみ思う。




  まあ、金城武が「夫も子どもも捨てて俺についてこい」と言って来たらついて行ってしまうかもしれんが。

 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


 朝は、お兄ちゃんと登校する娘。
 帰りは学童で、私が時間になると迎えに行っていたが、
 学童3日目にして「帰り、ひとりで帰ってみたい」と、言いだした。
 我が家は通学路に面していて、学校まで一本道で子どもの足でも10分かからない距離だ。
 いささか心配だが、本人の意思を尊重する。
 翌日から、学童の帰りはひとりで戻る事にした。
 夕方はだいぶ日が高くなったとはいえ、天気が悪いと薄暗くなる。
 私は帰りの時間の頃、家の前に立って娘を待った。
 時間が過ぎてもなかなか姿が見えない。




 やきもきする。
 あ、見えた!
 小さな姿が通りの向こうに見える。




 私は大きく手を振る。
「ただいま」
「おかえり」
 娘は片手にしっかり防犯ベルを握って帰って来た。

 もうどんどんひとりでできるようになるんだね。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。