渡辺やよいの楽園

小説家であり漫画家の渡辺やよい。
小説とエッセイを書き、レディコミを描き、母であり、妻であり、社長でもある大忙しの著者の日常を描いた身辺雑記をお楽しみください。


テーマ:
 息子のお昼ご飯も、今週で終わりかと思うと寂しい。

きしめん
 月曜日。
 とろろぶっかけきしめん。
 火曜日。
 朝、ホットドッグ。魚肉ソーセージが豪快に。。。

ホットドッグ

昼、おそば。わさびは生わさびをおろして。

そば


 本日のお昼ご飯は、オムライス。
 チキンライスから作る。タマネギが目にしみると、プールのゴーグルをかけて刻んでい
た。

オムライス

 すべて美味しゅうございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
工場
 夏休みのイベント。
 お札を印刷している国立印刷工場滝野川工場に見学に。

 実際にお札を印刷してる工場を見学させてくれるのだ。
 一枚の大きな紙に一万円札が20枚分刷られていく。
 ガラス一枚隔てた向こうに、無造作に何十億ものお札が重ねて置いてある。働いている人たちは、あたりまえだが普通に印刷したてのお札を運んで行く。見学に来ていた人たちが「ああ、一枚でもいいから欲しい!」と、口々に言う。ほんとうにねぇ。
 
 お札の博物館で、一億円を持ち上げてみる。
3okuen

 お土産は「お札サブレ」

サブレ
 これがなかなか美味しかった。
 
 息子は「おもしろかった」と、かなり気に入った様子。

 特に、お札の原版を細かく彫る仕事にある人は、お札が刷新されるときしか仕事がないので、普段はどうしているかといえば、腕が鈍らないように、さまざまな物を彫って練習しているという話に、感心していた。ちなみに、工場で働く人たちは全員公務員である。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
写生

 毎夏休み、一度は子どもたちを連れて行く、中近東文化センター。
 夏休みの子ども向けイベントもあり、なかなか楽しめる。
 お絵描き用の画用紙や色鉛筆など貸し出してくれて、展示物の動物の置物をスケッチする娘。
かば

 昨日の息子のお昼ご飯。
 猛暑のおり、冷や麦。
 つけ汁に卵とごま。

冷や麦

 美味しゅうございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
天婦羅そば

 天ぷらそば。

天ぷらがしたいというので、冷凍庫の中に残っていたエビを出してやる。
エビの始末や天ぷらの作り方をレクチャーしてから、後は一人でやらせる。
油少なめで揚げさせる。

初めてにしては無事に天ぷらが揚がり、天ぷらそばになって出てくる。

今日も美味しゅうございました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
のり巻き
 1週間、徒歩で自分の荷物を担いで、伊豆半島64キロ徒歩横断キャンプ行っていた息子。
 真っ黒けになって帰宅。
「そんなにきつくなかった」と、母の心配などよそにけろり。

 久しぶりに息子のお昼ご飯。

 洋風のり巻き。
 ごま油で炒めたハムときゃべつにプランダーで育てたはつか大根をのり巻きに。
丸くきれいに巻くのは難しかったそうだ。
 こうばしく、意外に美味しい。

 今日も美味しゅうございました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
じゃま
 ぼくも撮って。
 
 目が疲れるせいか、頭痛がひどくてこの暑さ、参る。
 鎮痛剤で押さえるけど、毎日飲んでいるのはなんだかいやだ。
 先日、ドラマの「はだしのゲン」を6歳の娘と見たのだが、前編のピカが落ちて父と弟が家の下敷きになり、生きながら焼かれてしまうシーンは、母娘で号泣。
 娘はその前のドラマ「ぞうの花子」でも、号泣していた。
 娘は物語りの理解力が高くて、同じ話で感動できることに、母は感動する。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
梅干し

 恒例の梅干しの土用干し。
 今年はたったこれっぽっちである。これっぽっちといっても10キロあるのだが。
 本当は今回は40キロの梅をがんばって樽に仕込んだのだ。
 うちは減塩仕込みなので、かびないように毎日こまめにチェックを入れて手入れをしていた。
 ところが、ここ数日のワタクシゴトのせいで奥歯ががたがたになるほどばたばたしていたら、梅干しのことをうっかり忘れてしまった。
 先日くたくたになって帰宅して、あっと気がついて、梅を干さなきゃと樽を開け、呆然。
 どの樽も見事に梅酢が真っ白なかびに浸食されて、漬け込んだ梅は腐敗していた。
 もう大事に育てた我が子の不慮の死のようにがっくりする。
 いちおう救えないかと手を尽くしてみたが、どの梅もどろりと死に絶えていた。
 がんばって漬けたのがすべて水の泡である。
 梅干しを漬け始めてもう数年になるが、こんな失敗は初めてである。
 涙ぐんでへたりこんでいる私に、夫は「全滅じゃないから」
 そう、なぜかひと樽だけはまったくの無傷で無事だったのだ。
 その樽だけは、ルビーのような澄んだ紅い梅酢のままだった。
 
 今年の梅干しはこれだけだ。
 大事にいただこう。

 来年は絶対2年ものの梅干しを作ろうと、心に決める。
 
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。