渡辺やよいの楽園

小説家であり漫画家の渡辺やよい。
小説とエッセイを書き、レディコミを描き、母であり、妻であり、社長でもある大忙しの著者の日常を描いた身辺雑記をお楽しみください。


テーマ:
gyu1
 「車いす犬びすこの一生」成美文庫で、好評発売中です。

牛太郎が我が家にきて、一週間以上過ぎた。
一回り大きくなる。
猫たちも徐々に受け入れてきた。
特にだんごは、一緒に寝たり追いかけっこしたりするまでに。呉越同舟。
gyu3
gyu4

「長年の重荷を下ろした」と、書いたら、私が仕事をすっぱりやめるのかと思った方もいるらしい。
いやいや、仕事をやめるわけにはいかない。食わせていくものが多すぎる。
この春先に、左の乳房に2つ影が出、血便が出た。
また癌の影。
それで、その検査に秋までいろいろかかった。
結論は、グレー、という感じで、経過を見ながらまた検査という感じだ。
なんともはや、しかし、癌、出るものはしかたないさ。
でも、こうして健在だ。
それで、今までひいひい銭稼ぎに追われていた生活を、少し軽くしようと考えたのだ。
仕事を軽くすることはできないので、蓄えをすべて出し尽くして、それを軽くした。
貯金はゼロになったが、気持ちはとても軽くなった。
今後も、いろいろな岐路で、決断する時がでるだろう。
でも、もう、私のストレスになるものごとは、迷わず排除していくことに決めた。
腕に抱えきれるだけのものを大事にしていく。
そのほかのことは、もう、私には必要ない。
gyu5
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
少女2
 少女と猫と子犬と。
少女1

娘がトイレの内カギをいたずらして、トイレが開かなくなってしまう。
トイレだけならうちは二つあるので、修理は週明けでも困らないのだが、人なつこい猫のだんごが娘の後ろからトイレに入ってきていて、猫だけ閉じ込められてしまう。さあ、たいへん。
にゃあにゃあ鳴き続ける猫。
うちはぼろやで、カギも古いのでドアノブのまん中にカギ穴がない。
カギの110番に連絡してみたら
「そういうカギはうちは無理です」と、すげなく断られる。
猫は鳴き続ける。
こうなったら大工さんだ。
知りあいのリフォーム会社に電話して、急きょ駆け付けてもらう。
古いけど、やたら頑丈な我が家。
ドアをぶちこわすのも大変。
結局、トイレが一階の外向きに大きな窓があるので、窓の柵をはずし、ガラスを破り、窓から入ることに。
この窓ガラスがまた丈夫で、なかなか破れないが、とうとう穴が空き、窓のカギをはずし、身軽な夫がそこから中へ。
猫を救出し、中からカギもはずす。
やれやれ。
おかげで無駄な出費。

これに懲りて、だんごもトイレに入るのをやめるかな。
助け出されたらけろっとしているのを見ると、やめそうもないけど。

neru

牛太郎は、元気もりもり。
幸せそうである。

虎

猫たちもだいぶ子犬に慣れた。虎が一番最後まで警戒を解かなかったが、3日目にもなると、家族の一員と認めたようだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
二匹

牛太郎が来たとたん、たちまち平助のお兄さん度がアップしたのには驚いた。
子犬と優しく遊んでやって寝るときは寄り添っている。意外な彼の懐の深さに、ほっとした。
 
二日で子犬は、うちの風景の一部となった。
息子がいたく気に入って、うんちのせわまでいやがらずにしてくれる。
兄
「散歩はオレが連れて行くんだ」と、張り切っている。
昨日、「いぬのえいが」のなかの、「まりも」という話をネットで見てしまい、号泣。
小さな女の子がまりもという子犬を飼ってもらい、いっしょに成長するのだが、子犬はあっというまに成長し、成犬になり、母犬になり、歳をとり、女の子より先に逝ってしまう。犬と人間の関係をシンプルに描いた、なかなかの佳作である。息子も、牛太郎とともに成長し、やがて、牛太郎を看取ることになるのだ。それは、命の始まりから終わりまでを見つめていくことで、とても大事な勉強になると思う。
毛布
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
子犬4

一日ですっかり、家族の一員。牛太郎。

先住犬の平助、すっかりお兄さんぶりがあがり、子犬とあそんでやっている。
2
3

牛太郎、食欲が旺盛で、猫たちの餌まで平らげてしまう。
子犬
猫たち、不機嫌である。
子犬1
一番のんびりやの白猫だんごは、すぐ牛太郎になれたが、他の猫たちは、まだ遠巻き。
子犬3

しかし、こどもというのはどんな生き物でも、愛くるしい。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
usitarou

「車いす犬びすこの一生」成美文庫で好評発売中!

今朝、新しい家族、ウェルシュコーギーカーディガンの子犬が我が家に来た。
片方の目が青い、バイアイである。この目のために、容貌に劣りがあるということで、規格外で安値がついていた。
我が家では、この牛模様の子犬に家族で夢中になり、犬なのに「牛太郎(ぎゅうたろう)」などという仮名を付けて、騒いでいた。
で、なんだかとうとううちで飼うことになってしまったのだ。
もう、山ほど動物いるのに。懲りない家族っていうか、私。どうせめんどうは私が見るのだ。
まあ、しかし、犬の複数飼いはすでに体験済みだし、いまさら犬が一匹増えたところでどうってこともない。こういうとき、ボロ家でも一軒家に感謝。
三重からはるばる夜間便で東京にやってきた子犬は、うちに着いた当初は不安そうにおどおどしていたが、子どもたち先住犬の平助や猫たちのお出迎えを受け、次第になじみ、お昼には部屋の隅でぐうぐう寝ている。
一番の不安は、雄犬の平助だった。やってくる子犬も雄、新入りに拒絶反応を示さないかと危惧していたが、子犬を見たとたん大喜びでついて回り、寄り添って寝ている。一安心。まあ、子犬が大人になるとまた、勢力争いが出るかもしれないが、とりあえず犬は年功序列なので、うまくやって欲しい。
もう犬も4匹目ともなると、ケージなどにも入れず、部屋を適当にうろつかせ、粗相も気にならない。最初の犬、びすこのときのおろおろさが懐かしい私。
で、やっぱり名前は牛太郎になってしまったのだ。
「ギュー」と呼べば、「ギュンター・グラス」から取りました、などと、言い訳できるかも。って、言い訳してどうする。
usitarou2

白猫だんごと牛太郎。オッドアイ(バイアイ)同士。だんごは左目が青くて、牛太郎は右目が青い。「オッド」とは、英語で変わり者とか変、という意味だ。
日本語には金目銀目という、美しい言葉がある。
金目銀目の動物は、日本では吉兆を呼ぶと言われる。
我が家に福を運んでおくれ。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
bisuko2
「車いす犬びすこの一生」成美文庫より、好評発売中です。

肩の荷をおろそうと決心したとたん、なんとも嬉しいメールが舞い込む。
これが実現するかどうかは、未定だけど、ちょっと夢を見させてもらえるだけでも、ほんとうにありがたい。もうそういう謙虚な気持ちが大事かも。
これからは、やっぱりがつがつしないで無心でいこうかな。

でも、夢見るだけなく実現するとやっぱりもっと嬉しい。ああ、欲張りだな、と、思いつつ、できるだけのことはしていこう。
あせらず無理せず、ね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
bisuko3

「車いす犬びすこの一生」成美文庫より、好評発売中です。


 もうすぐこの数年、ずっしり自分の重荷だったことが、ひとつ、軽くなる。
 もう、時間ばかりに追われ毎月の支払いに目を吊り上げて仕事仕事ときゅうきゅうすることから、少し自由になれる、かな。。
 フリーの仕事だ、仕事が来ることがその存在証明だ、だからこの二十年、なにがあっても仕事優先で信じられないくらいよく働いた。子供を二人生んでるけど、産休なんてゼロだった。生む前日まで働いて、病院の中でも仕事して、退院した翌日から子供をおんぶしながら立って働いた。がんばってがんばってがんばった。
 でも。
 その代償が、癌。
 なんなのさ。仕事しながら漫画業界のごたごたにまで動き回ってがんばって、結局ぼろぼろ。
 なんなのだ。
 ばかみたい。
 さすがにモニターに映った大腸癌のぽつりと紅い肉腫を見て、そう思った。
 あれから3年。
 私の中では、なにかが少しづつ動きだしていた。
 仕事に終われて死んでおしまい。存在証明など、それほど意味があることか。
 
 過ぎて行く子供達との時間。
 夫との他愛無い会話。
 ゆっくり庭を眺めて飲むコーヒー。
 書きたい小説。
 生き物たちの世話。
 地元のボランティア。

 そんな半径百メートルな世界をむつむ。

 血眼で働いた二十年があるから、今、再び新しい時間を使うことを考えられる。そう思おう。
 まだ、間に合うのなら、これからの二十年、それが許されるのなら、ゆっくり進みたい。
 二十年、あるかはわからないけれど、気付くのに遅過ぎることはない。

 
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
bisko

「車いす犬びすこの一生」成美文庫
好評発売中!
真っ赤な表紙が可愛いです。
ぜひ、読んでやってください。

ところで、「渡辺やよい」という70年代の美人お色気女優さんがおられまして、けっこう間違われます。
書いているものがお色気ものなので、女優からもの書きに転身したかと思う方もおられます。
いやいやぜんぜ別人であります。

それにしても、ブログ、なかなか更新できない日々。
子供の運動会とか新しい子犬を飼おうかで盛り上がっているとか、いろいろネタはあるんですが。
今月、長年自分の重荷だった問題を思い切って軽くすることに決心して、そうなるととっても貧乏になってしまうのだが、もう、将来のためのお金などにしがみついている時間が惜しい。
人生後半に入り、癌にもなり、大事なのは今、生きているこの現在の時間だけが愛おしい。
今、私はもっと自分の時間が欲しい。そのためには、優先事項の上の方しかもう手が出ないのだ。
ブログの更新が後回しになるのは、今その問題を片付けるのに気をとられているので、そういうわけで。
しかし、これからはもっと自分の時間ができるので、更新もできそう。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。