渡辺やよいの楽園

小説家であり漫画家の渡辺やよい。
小説とエッセイを書き、レディコミを描き、母であり、妻であり、社長でもある大忙しの著者の日常を描いた身辺雑記をお楽しみください。


テーマ:
平助
 息子の撮影した平助。

 最近息子が夫のお下がりのデジカメをもらい、写真を撮っている。
これが意外に面白い。
目線が大人より低いぶん、構図がなかなかいいのだ。

しかし、私が子どもの頃は、カメラなどは大人のいじるもので、手巻きのカメラは、ピント合わせからして難しく、母などカメラが苦手で、「あなたやって」と、父にまかせていた。
露出やピントをあんばいして、きれいな写真を撮る大人は、カッコ良く思えた。
カメラは、大人の領域だった。

いまなど、携帯にもカメラが付き、オートフォーカスで、ばしばしきれいに写真が撮れる。
カメラを持つことにちゅうちょする人などいやしない。
電話もそうだ。
かつては電話は大人のもので、家で電話をするときには、大人の目を意識した。
たいていが、お茶の間など家族の集まる所に電話が固定設置されているので、秘密の会話などしにくいし、長電話もできなかった。
彼氏と夜中にしゃべりたくなると、小銭を握りしめて、遠くの公衆電話に走ったものだ。
あの時の、夜道を走っている胸の動悸、小銭を落としながらささやく愛の会話。
とても甘美でスリリングな時間だった。
今みたいに、携帯でメールで、四六時中相手に連絡が取れてしまうと、恋もなんとなく、スリリングさがない。かぎられた時間で相手に必死で自分の思いを告げることもない。その逆に、よく考えずに軽薄な言葉をうっかり伝えて、相手を傷つけたり疑心暗鬼にさせることが増えた。
便利さと引き換えに、失うものは確実にある。そして、逆に増えるやっかいなことも。
花
これも息子が撮った花。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
sebun 今週発売中の「女性セブン」に、「レディコミ女王的細腕繁盛記」という、ファミリー漫画が、前後篇で、載っています。来週も載ります。 よろしくお願いします。 manga
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 くっきーは、とても臆病で私以外の人の前にはめったに寄って来ない。

 くっきーは、生まれながらの猫エイズだ。母子感染だ。
 わが家で引き取った時には、血液検査などしていない状態だったので、それが分からなかった。後、血液検査で感染していることが判明。子猫の時にインターフェロン治療などしてみたが、結局陽性のままに終わった。
 里親をあっせんしているボランティアの方が、「もしかしたら病気があるかもしれませんよ、とは言いましたが、病気が判明したので、そちらが引き取れないなら、うちで引き取ってもいいです」と、申し出てくれたが、
「病気でした、じゃ、いりません」とは、言えない。すでにうちに来てしまった猫なのだ。
 血まみれになるようなけんかさえしなければ、他の猫にはうつらないというし、ストレスのない生活をおくれば、発病も大幅に遅れる、中には一生発病しない場合もあるということで、くっきーはわが家の一員のまま、現在にいたる。
 のんびりぬくぬくの生活で、他の猫たちはぷくぷくなのに、くっきーだけはいくら食べても太れない。
 他の猫たちは、首輪のサイズが合わなくなり、買い替えたのだが、くっきーだけは子猫の時に付けた首輪のままだ。
 身体も貧弱で、声を上げて鳴くことができず、私の方を見て、「にゃあ」という形に口だけが動く。
 不憫でならない。
 甘えん坊で、仕事をしている私の膝の上にすぐ乗って来て、ごろごろ喉を鳴らす。
 愛おしいという、シンプルな気持ちになる。

 ちまたでは、生たての子猫を崖の下に投げ捨てて殺すというタヒチの女流作家の話題でもちきりだが、そもそもが、猫の気持ちなど人間に分かるわけもない。猫に口がきけたら、という仮定は意味がない。
 人間に飼われた時点で、動物たちはすべて飼い主次第だ。
 生死与奪の権利は飼い主の思うままだ。
 今の日本では、猫は避妊させて完全室内飼いが基本だが、ちょっと前は猫なんか放し飼いで適当に床下で子どもなんか運で、飼いきれない飼い主は、段ボールに入れて道ばたに棄てたり、川に流したりしていた。それが普通で、死ぬ子猫もいたし、拾われて命が救われる猫もいた。
 結局、人間様の都合なわけで、どう飼うかは、その人それぞれのやりかたにゆだねるしかない。
 タヒチの作家のやり方がいい悪いとは、言うつもりもないが、わざわざ現在の日本の新聞に書くことでもないような気がする。生死の問題を提示したかったというが、「これが私のやりかたです」と、言えばいいだけで、「もし猫に口がきけたら」云々はよけいなことだったと思う。
 うちの猫たちが口がきけたらなんて、考えたくもない。
 いや、うちにいるすべての生き物たちが口なんかきけて、意志の疎通なんかできたらおおいに迷惑だ。
 かれらは、口がきけないから、人間は癒され、世話をするのだ。
 かれらの気持ちを自分に都合の良いように解釈しつつ、共に生きて行くだけだ。

 それに。
 同じ日本語をしゃべる人間同士だって、なんと誤解とすれ違いの多いことか。言葉をつくしても、わかりあえないことのなんと多いことか。
 omaka

 しかし、だんご、丸すぎ!
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
高校や

 夏と猫と高校野球。

  
 今年は早実が決勝まで来たので、高校野球を観戦する。
 
 私が子どもの頃は、どこの家庭でも夏の高校野球は観戦していた。

 夏休み、親が見ているテレビから高校野球の決勝戦が終了して、うーうーとサイレンが鳴る音が聞こえてくると
「ああ、もうそろそろ夏休みも終わっちゃうなぁ」と、切ない気持ちになった。
 私が小学生までは、夏はいつも千葉の銚子の祖母の所に半月ばかりも遊びに行っていた。
 大きな商売をしていた祖父祖母の田舎の家は、広くて人が大勢いて、いとこ達もわいわいいて、子どもの一人や二人増えたところでどうってことがなかったので、東京の忙しい両親は、夏休みになると銚子に私と妹を送り込んだものだ。
 港のすぐ近くで、海水浴場もあり、親の監視から逃れられる銚子のおばあちゃんのうちに行くのは、毎年とてもわくわくした。
 当時は、銚子商業高校の野球が強くて、毎年のように夏の甲子園に出場していた。
 銚子の町は、銚子商業の試合になると、町中の人が家の中でテレビにかじり付いてしまい、人っ子一人通りには出なくなる。お店もからっぽだ。野球に興味のなかったこどもの私が、かんかんに照りつける日ざしのした、誰もいない白っぽい町の中を歩いて行くと、ときどき、各家からどうッっと歓声が沸き上がり、ああ、銚子商業が得点したな、と、分かった。
 
 野球なんて、世界レベルから見たらマイナーなスポーツ、高校野球なんかレベルが低い、とか揶揄されるが、でも、この試合しかない、と、全力を尽くす若い球児の姿には、素直に感動してしまう。

 追記。
 早実優勝おめでとう!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
dango

 真っ白でまんまるでふわふわで気のいいだんごは、娘の一番のお気に入りだ。

 50枚の官能小説も一気に書き上げ、やっとひとだんらく。
 でも、仕事はまだまだ残っている。
 今回は、飛び込み仕事が幾つか来て、請負仕事人としては、来た仕事を断ることなどできない。
 「できません」とは、絶対言えない。
 つてを頼り外注のアシスタントを頼んだら、このかたも請負仕事人、「ぜひやらせてください」と、自ら売り込んで来て、きっちり美しくしかも手早く仕事をこなしくてれて、感謝感激。次回も仕事を頼もうと思う。
 フリーで稼ぐということは、人より出来る所をアピールしないと、仕事が再びもらえるとはかぎらないのだ。
 無理できないといいつつ、無理でもやってみせる。するといつの間にか自分のキャパが広がるのだ。
 20年も自営業をやって来て、フリーのしんどさは実に染みている。
 自分はフリーなのに、給料を払う大変さも経験した。
 お給料。。。。ちょっと魅力的な響き。。。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
しゃぼん玉

 おおきなシャボン玉にはしゃぐ娘。
 世間はお盆休みだとか。
 今年はオットも私も休み無し。
 しかたないや、人さまが休む時に働くひともいる。
 ここで踏ん張れば次に繋がると信じてがんばるしかない。
 父の墓参りにもいけやしない。
 でも、父はよく私の夢に出て来てくれる。
 心の中で手を合わす。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
だんご
 今年も庭のチョウセンアサガオがたくさん開いた。
ちょうせんあさがお
 忙しい。
 でも、自分のほんとうにやりたいことと生活に必要な日銭仕事ととの狭間で苦しんでいる。
 ちょうどいいバランスにはならない。
 そして、仕事仕事で奪われていく時間、過ぎて行ってしまう子どもたちとの時間、その狭間で苦しんでいる。
 
 娘が「うんちするね」と、トイレに入ったままいつまでたっても出て来ない。オットが心配してのぞいてみると
「うんちがいっぱいですぎて紙がなくなってしまったの」と、しょんぼり座っている。
「紙がないって呼べばいいのに」と、その時の様子を、オットが笑いながら話す。
「かわいいね」
「かわいいね」
 
 子どもはそういう時間を親に与えてくれることで、すでに一生分の親孝行を果たしている。
プール
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
息子とネコ

 オットが出張でいない時にかぎって、猫たちがめん汁のボトルを倒して台所中ぶちまけ、犬の平助が夏バテでじゅうたんの上に下痢便とげろをぶちまける。ああ……
 せっかく今年の夏は子どもたちと遊ぼうと思っていたが、思いかけなく自分の仕事のノルマが増えてしまい、夏中、にっちもさっちも行かない。
 ああ、大事なひと夏が過ぎてしまう。。。
子どもと遊べる時間は短い。
 遊びたいよお
 かといって、先立つものがなくては遊ぶこともできないし。
 ああ、ジレンマ。
 でも、土日はぜったい休むから、母は平日、目尻を吊り上げて仕事してます。
 でも、なんか、余裕のないこの生活、どうにかならないものか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
3匹  15日くらいまで、仕事のノルマが多くて、いっぱいいっぱいな感じ。とたんにネットに接続する時間が激減。ということは、普段、かなり無駄にだらだらネットに繋げているってことだよね。  今日は大雨。でも、息子はラジオ体操、私は犬の散歩に出て行く。雨ニモマケズ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
扇風機
 
 寒がりとはいえ、猫も暑いのは苦手のよう。扇風機の前に陣取る。
 
 飛び込みの仕事などでノルマが増えて、ずっと忙しくて今も忙しさ継続なのだが、とうとうぴーかんに晴れて、梅を干す。
 夜明け前に起きて、仕事を片付け、家族が出かけた朝8時、樽の中の20キロの梅を、一気に干す。

 今年はひと樽カビが出たり梅雨明けがおそくてやきもきしたが、とうとう干す日がきて、ほっとする。
 これで3日ばかり干し上げたら、樽に詰め直して正月を越させれば梅干が食べられる。
 今年は、子どもたち用に、氷砂糖入りの甘い梅干を作ってみた。これが美味しそうなので楽しみ。うまくいったら、来年はもっと漬けてみたい。って、年々漬ける量が増えて行くぞ。
梅干し
 しゃかりきで梅を全部干して、九時半には仕事に戻る。
 来週まで頭が煮えるような忙しさ、でも、子どもとのいろいろな約束ははずせないので、ますます時間内に仕事をすませなければ。
 暑い夏。
 夏は大好きだ。
 なにか肉体が解放される気分、汗が出ることすら生命力の喜びを感じる。
 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。