渡辺やよいの楽園

小説家であり漫画家の渡辺やよい。
小説とエッセイを書き、レディコミを描き、母であり、妻であり、社長でもある大忙しの著者の日常を描いた身辺雑記をお楽しみください。


テーマ:
tskibi
 昨日月曜日、息子は代休であった。せっかくお弁当を作ってあげたのに学童には行かないと言い張り、習い事などもしていない息子は時間を持て余し、うちで折り紙を折ったりしている。しかし、仕事場に人も来はじめて、息子がちょっかいを出すので、追い出すつもりで「プレーパークに行って焼き芋をつくっておいで」と、指令をだす。新聞紙とお金を渡し、芋とアルミ箔を購入して、プレーパークでひとりで火起こしをしてひとりで焼き芋を焼き、火の始末までして帰宅すること。
「一人で全部できるかな?」と、言うと
「だいじょうぶだい」と、飛び出していった。
 プレーパークは、以前も書いたが、近所の公園の中で自然のままの場所で子供が自己責任で遊ぶところだ。火を起こすのもかまわない。常にプレーパークの大人が常駐していて、子供達に目をくばっていてくれる。
 午後、お昼過ぎ、たき火の匂いを体中から立ち上らせて、むすこが泥だらけで帰宅した。
 新聞紙にはほかほかに焼けた焼き芋が包まれていた。芋を二つに割ると、ほっくり黄金色に焼けていた。
「おいしいおいしい」と、私はぱくぱく平らげる。息子は満足そうだ。
 シャベルで土を掘ってマッチと新聞紙と小枝で火種を起こし、薪を選んでたき火を作る。濡れた新聞紙に包んだ芋をアルミ箔でくるみ、たき火の中に並べてひっくり返しながら中まで焼く。それができたら、炭になった薪を取り出してから水をかけて火を消し、土をかけて埋めなおす。この一連の作業を、8歳の息子が一人ですべてひとりでこなしたことが、母はうれしい。美味しい焼き芋より、うれしい。
 なんというか、生きていく力、そういうものさえ身につけば、あとはなにもいらない、と、思う。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
yoko
 でも
 甘い物がやめられないのですー!
 ケーキなんか毎日食べてます。
 チョコレートは毎食です。
 ゴディバやピエールマルコーニも大好きだけど、ブルボンのアルフォートも美味しい。
 ああ、これさえやめられれば少しは痩せようものを。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
hukuro
 猫はなぜだか袋に入るのが大好き。
hukuro
 買い物のあとの袋に必ず入る。
hukueo
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
mo
 キャットフード会社から広告がらみの猫取材がある。
 四匹の猫たちを一同に集めるのは至難の技。カメラマンさんはひもで釣ったりしていろいろ苦労したが、あまのじゃくのもかだけはどうしてもフレームの中に入って来ないので、三匹だけの撮影。
 このもか、私が世話をしているのに、私にはあまりおあいそせず、オットになついている。オットの膝に乗ってごろごろいったりするのに、私が抱き上げるとにゃあと鳴いて鼻に噛み付いて逃げたりする。しかし、餌の時などはすましてやってくる。やなかんじ。雄犬平助も、もかに夢中で、もかが気紛れに適当にかまってくれるので余計興奮する。もか、人間ならギャバクラ嬢として成功しそうだ。オヤジころがしである。
 平助。
he
 「待て」をくらっている所。床の上にぼたぼたのよだれ。それでもいちおう「よし!」がかかるまでは待っている。犬は素直でよろしい。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
dan
 白猫だんごは、バイアイである。右目が金色左目が青色。
 白猫は、遺伝の関係で青い目が出やすく、難聴の疾患が多いという。バイアイの猫も、青い目の方の耳は難聴になるという。だんごは難聴か。分からない。ごはんの時など、台所で猫カンを開ける音がすると、いっせいに猫たちがやってくるのだが、だんごはワンテンポ遅い気もする。ただののんきや、という気もする。名前に答えているのかもいまいち不明。そもそもが、猫は名前を呼べば飛んでくる犬とはちょっと違う生き物だ。猫は耳が聞こえなくてもさほど不自由はしないという。そういう意味で、だんごが不自由しているようには見えないので、それでよしとする。わざわざ聴覚検査をする気はない。猫を多頭飼いしてみると、いちいち猫の状態に過敏に反応し過ぎるのも考えものだと、だんだん分かってきた。最初は、涙目になるたびくしゃみをするたび獣医にすっ飛んで行ったが、このごろは様子見のときもある。だんだん成長するに連れて、抵抗力もついてくる。一時は、本当に猫貧乏であった。というか、今でも貧乏だけど。
 寒がりの猫のために、一晩中デロンギをつけっぱなしで電気代がうなぎ上り。
dero
 犬の平助など玄関で寝ているというのに。
 清少納言の枕草子で、翁丸という犬が出てくる話では、猫は命婦(みょうぶ)のおとどいう爵位をもらっている。犬はその猫をおどかしたとむち打たれて追放されてしまう、ひどい扱いだわ。犬畜生ともいうが、当時は猫の方が高貴な生き物とされていたようだけれど。
 ところでうちのふすま、子供がいたずら書きをしたうえに猫様御一行が爪を研いでしまい、ぼろぼろです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
mowa
 クリープのサイトからダウンロードできる美輪明宏の壁紙。ファンサイトでは、これにしてから幸運がどんどん舞い込むと盛り上がっているので、私もつい、iBookの壁紙にしてみました。金色に光り輝き、ゴージャス。御利益がありそう。とはいえ、11月は車検、12月1月は会社と個人で税金がっぽり出ていくので金運は低そうだ。すでにため息。所得税というのは、前年の収入で先取りされるので、今年収入減としても税金は昨年なみに取られ、還付金などずっと後の話であるので、じり貧企業は辛いのだ。通帳など細かく調べてみると、解約したはずのサイトの使用料などがまだ引き落とされていたりして、こういうところから節約していかねば。
 同じ年代に生まれた人たちのサイトに行ってみると、「そろそろ子供達に手がかからなくなってくる年頃、五十台までにしておきたいことは?」などと盛り上がっていて、そういう人たちの子供の歳は、早い人はすでに20歳を過ぎており、たいていが高校大学生。うう、下の子はまだおむつがとれていない私は人より10年は遅れている。子供が成人になるのは還暦だぜよ。でも、だからこそ同世代より10年若いつもりでがんばるしかないな。
 先日私がネームを書いた、漫画「車椅子のびすこ」が好評で、第二弾を書くことに。二匹目の犬、あんこのことを中心に書くつもり。長年介護したびすこは心の準備ができていたが、いつも元気だったあんこが突然死んだ時の喪失感は驚く程だった。もっと気をつけて上げてれば、もっと優しくしてやっていれば、と、後悔した。あのクールな夫でさえ、「平助が来てみたら、あんこはそれほどばかな犬ではなかったとわかった。ばか犬ばか犬と叱って悪かった」と、反省している。というか、平助の立場がないだろって。
 ともあれ今日はそのネーム書き。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 2007年の大河ドラマは「風林火山」、しかも主役は武田信玄ではなくその名参謀山本勘助。
私の御贔屓の、内野聖陽が、主役に決定。片目でちんばで醜男というこの役を、彼がどう演じるか今から楽しみ。って、再来年かー
 それにしても、大好きな手塚漫画「どろろ」の実写映画が、妻ぶっきーと柴崎コウって……しかも百鬼丸とどろろが同い年って……だいなし……漫画は名作、私が子供の頃放映された白黒のアニメも名作だった(今では差別用語満載で放映できないだろうなぁ)、野沢那智が百鬼丸の声をやっていて、ニヒルでかっこよかったー、せめて実写、オダギリジョーあたりがよかったなー
dororo
うちにある、サンデーコミックス版の「どろろ」
 新装版になるほどに「差別用語」が消し去られてしまう。「めくら」「つんぼ」「ちんば」「かたわ」なにせ百鬼丸は全身不自由なんだもん。でも、この戦国時代設定には、この表現しか考えられないほどはまっていたんだが。
 百鬼丸が実の弟である多宝丸と対決するシーンで、弟が「この、かたわ、かたわ、かたわ!」と連呼するシーンは圧巻。切り合い直前で、悪霊に対戦相手が実弟と知らされて、それでも弟を切り倒してしまう百鬼丸。当時小学生の私は、余りの壮絶なシーンに泣いた。
名作も時代とともにつらい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
pet
 金曜日、仕事を済ませて午後、PET検査の結果を聞きに東京女子医大に赴く。
 時間通りに部屋に入ると、私に問診した医師がパソコンを開けて、私の身体の画像を見ながら説明。
「ま、結論からいえば問題ないでしょう」
 ほっとする。
「最初に説明した通り卵巣部分に薬が集まって黒いけど、これは想定の範囲内だから気にすることはないと思います」
 確かに卵巣部分が黒くなっている。
 変な話、この検査は閉経後の人のほうが良くわかるということか。
 それにしても自分の身体の中を見るというのは不思議な気分だ。
pet
 猫背の私は、映像も猫背な感じ。横たわって検査したんだけど。
 とりあえずこの検査では異常がでなかったということだ。
pet
 しかし、これだけではなんとも言えない。
 毎年の人間ドッグと大腸ファイバーは欠かさないようにしよう。
 癌に関しては「どうもおかしいなぁ」と、自覚が出た時ではすでに遅いということは、癌家系の身内の癌死を見てきているのでよくわかっている。「ぜーんぜん、ぴんぴんです」という状態の時に、見つけておかねばならない。子宮癌卵巣癌のように袋状なところに出来たものは、かなり進んでも病状が出ない時も多い。しかし、普段ぴんぴんの人が、医者などに行きたがるか、といえば、誰も率先して病院などに行きたくはない。ましてや働き盛りで時間のない人をや。普通は具合が悪くならないと医者には行かない。虫歯なんか、ほっておいても良くならないとわかっていても行かない。
 そういう意味では、一度でも癌をやった私は、検査に行くことには抵抗がない。なにせぴんぴんのときに見つかったのだから。かえって幸運と思う。一昨年の段階でほっておいたら、今頃は手遅れだったかもしれないのだ。仕事どころか、猫を飼うこともブログで愚痴ることもできやしなかったかもしれない。
 癌は治るのではない。出て来ないだけだ。
 身の内には、常にその種が顔を出す機会をうかがっている。
 だから。
 検査にはまめに行く。
 そして、もうこれからは自分の気持ちに素直に生きて行く。
 自分のことしか考えない。
 人生観が変わるというまではいかなくても、少なくとも自分の中での無理や我慢のボーダーが低くなって、切り捨てることもできるようになった。
 それでいいと思う。
 自分が愛するものたちのことしか考えない。
 もう、後半生だもの。
 ここまでくるのに人生の半分使ってしまった。
 それでもまだ間に合うのなら。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
dan
 白猫だんごが、ずっと鼻風邪。ずびずび鼻を鳴らして寝ているのが苦しそう。
 猫たちは本当に寒がりで、夜は猫のためにヒーターをつけっぱなしにしている。
 一方、犬の平助は寒さと共にますます元気。
hei
 夜寝る時は、寒い玄関につないで寝かせているが平気のへいざ。南極で吹雪に埋もれて寝ていた犬たちもいた(今は犬橇などは使わないだろうけれど)そのかわり、犬は夏はへろへろ。そういえば猫たちは、暑いのはぜんぜん平気だったなぁ。南方系と北方系の生き物が同居している。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
pet
 昨日の午後、PET検査に東京女子医大まで出向く。
 PET検査とは、がん細胞が正常細胞に比べて3~8倍のブドウ糖を取り込む、という性質を利用する。ブドウ糖に似た物質に目印をつけて(FDG)体内に注射し、しばらくしてから全身をPETで撮影しする。するとFDGが多く集まるところがわかり、癌を発見する手がかりとなる。全身の癌検診が注射だけで、しかも服を着たままで撮影ができるということで、注目されてきている検査法だ。ただし、まだ日本では検査器械があまり導入されていないうえ、特別な場合以外保険がきかないので、20万円近い検査費がかかり、メジャーではない。今回私は、とある医療団体の割り引きで安く検査をしてもらえるということで、受けてみることにした。大腸癌ファイバー検査はまめに行くが、大腸に出た癌がまた大腸に出るとはかぎらないからだ。
 地下の検査室で、まず医者の問診を受けた。
pet
 医者はいきなり、「PET検査でできないことをいいます」と。
「まず、胃癌、これはほとんど期待できない、胃カメラ飲んだ方がいい。それとあなたまだ生理があるのね、生理ある女性は薬が子宮に集まりやすいので、子宮癌も判別しにくい。はっきりさせたかったら子宮癌検診のほうがいい。あと、大腸癌も、進行性の癌には強いけど、初期は出ない場合もある」
 あれあれあれ、パンフレットには「苦しい検診をせずとも全身の癌検診ができる」などとうたっていたけど、別に夢の完全なる検査ではないのね。医師は続けて、
「みんな、検査がいやでここに逃げてくるけど、ほかの検診も平行してやらないとダメ」と、だめおし。
 まあ、私はものは試しで来たのだし大腸や子宮の部分検査はしているので、いいのだけれど、でも
高い検査代とって、最初にこうぶちかまされるとがっかりする。とはいえ、医者としては「PET検査は100%ではありませんよ」と、あらかじめ了解しておいてもらいたいのだろう。
 ともあれ、静脈注射で薬を入れて、薬が全身に行き渡るまで、30分以上横たわって身体を休める。
pet
物を見たりおしゃべりもしてはいけない。しかし、私の隣で休んでいるじいさんは、平気でスポーツ新聞をがさがさいわせて読みふけっている。しかもしきりに「やれやれ」とか「ふう」とか、文句をいっていてうるさい。いやなら検査なんかうけるなよ、と、内心毒づく私。
 私の番になり、トンネルのような撮影装置の中を横たわって30分くらい入る。
pet
 昼から食事抜きなので、ごはんをきちんと食べないとだめな私は、すでに頭がぼんやりしている。
 終わって、また30分休んで、やっと終了。検査結果は三日後に聞きに行く。
 結局人間ドッグや大腸ファイバー検査は続けた方がよさそうだ。
 人間、癌だけで死ぬ訳ではないが、私はすでに身の内にそれがある。せめて癌だけでもきっちり検査しておかねば。
 いつ死んでもいい、という人もいるだろうが、私はまだ、育てたい子供達や書きたいものがある。

 癌の最大の治療法は、早期発見にかぎるというのは不動だ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。