渡辺やよいの楽園

小説家であり漫画家の渡辺やよい。
小説とエッセイを書き、レディコミを描き、母であり、妻であり、社長でもある大忙しの著者の日常を描いた身辺雑記をお楽しみください。


テーマ:

moka


 もか、食欲旺盛で、みるみる大きくなる。
 それとともに、うちに来た当初はほんとうにぞうきんみたいにみすぼらしい感じだったのが、不思議な魅力的な味わいの模様の子猫になってきた。というか、私の方が愛情で、そう見えるようになっただけかもしれないけれど。
新刊小説本「てっぺんまでもうすぐ」が、全国書店およびアマゾンで販売中。どうぞ読んでください!
「てっぺんまでもうすぐ」出版記ブログの方も、よろしく御願いいたします。ぜひ感想を書いていってください。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

suiri


昨夕は、日本推理作家協会の受賞パーティーに、鈴木輝一郎さんのお誘いを受けて出かける。
 会場にはそうそうたる作家陣が集まっている。
 桐野夏生、宮部みゆき、石田衣良、大沢在昌各氏にご挨拶できて、雲の上の人たちが生身で目の前におられるだけですっかり舞い上がってしまう私。
 顔見知りの内藤みかさんやすがやみつるさんに会えて、少し、ほっとする。
 ひととおりご挨拶がすむと、私は大急ぎで帰宅。犬たちが散歩を待っている。
 途中、慣れないヒールに足が痛くてたまらず、駅から裸足になり、そのまま歩いて帰った。
 真夏日、まだ暑いアスファルトをぺたぺた踏みながら、もう少しがんばれるかな、と、自分に問う。
新刊小説本「てっぺんまでもうすぐ」が、全国書店およびアマゾンで販売中。どうぞ読んでください!
「てっぺんまでもうすぐ」出版記ブログの方も、よろしく御願いいたします。ぜひ感想を書いていってください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

kame


 亀の方がでかいのだ。

新刊小説本「てっぺんまでもうすぐ」が、全国書店およびアマゾンで販売中。どうぞ読んでください!
「てっぺんまでもうすぐ」出版記ブログの方も、よろしく御願いいたします。ぜひ感想を書いていってください。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

nekk


 さて、子猫のもかに、犬の平助だけではなく娘も夢中。
 家のいる間はずっと「もか、もか」と、かまい続ける。猫が疲れてしまうからとこっちは気が気では無いのだが、子供いえど身の軽い猫、いやになるととっとと逃げ出すのでほどほどにかまってもらえている。
 野良猫だったせいか人なつこく我慢強い、飼いやすい子だ。というか、猫、犬の100分の1くらい飼うのが楽である。トイレはもう一人でさっさと決められた場所でするし、散歩もいらず一人で勝手に遊んでいるし。犬を3匹飼ったものとしては、初心者には猫がおすすめかなぁ、と、思う。
 まあ、犬みたいに手のかかる生き物もまた可愛いのだが。人間の子供に例えれば、犬はのんびりした出来の悪い長男みたいで、猫はちゃっかり小利口な末娘みたいだ。そして、どちらもいとおしい。
新刊小説本「てっぺんまでもうすぐ」が、全国書店およびアマゾンで販売中。どうぞ読んでください!
「てっぺんまでもうすぐ」出版記ブログの方も、よろしく御願いいたします。ぜひ感想を書いていってください。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

he


 もかの毛色は、一般に「サビ(錆)色」と、いわれ、「人気のない、地味、ぞうきん、馬糞」な色といわれて、さんざんである。多分、私も、もかとパンダ柄とキジ色と真っ白が一緒にいて「どの子がいい?」と、いわれたら、もかを選ばなかったかもしれない。
 けれど、お行儀良く、人も犬も恐がらず、愛嬌のある性格は最高で、もかは来るべくしてうちに来たのだ。特に、雄犬の平助はすっかりもかに夢中で、四六時中よりそってぺろぺろなめ回すもので、もかは平助のよだれでべろべろになってしまう、それでももかは、平気だ。
 英語ではべっこう色という、なんとも良い響き。
 サビ色猫は、味わいのある色で、通好みだ。
新刊小説本「てっぺんまでもうすぐ」が、全国書店およびアマゾンで販売中。ぜひぜひ読んでください!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

bisuko


昨日、もかを通院させに獣医さんに行くと、ちょうどびすこが診察台の上に横たわり点滴を受けているさいちゅうだった。
「びすこ、びすこ」と、声をかけるとちらりと私の方を見た。
「下痢は止まったけど食欲が戻らなくて」と、獣医さん。私はびすこに声をかけながら頭をなで続けた。取りあえず下痢が止まったということで、帰宅させることになった。
 私は自転車で来てしまったので、先生が車でびすこを送ってくださることになった。
「じゃ、先に行って待ってるよ、びすこ」と、私が声をかけて戸口に向かうと、はっとびすこが起きあがり「わふっ」と、私にひとこえ吠えた。
「おいて行かれると思ってるんだわ」と、先生が言う。
「だいじょうぶ、もう、おうちに帰れるんだよ」私はびすこに言う。
 びすこが帰ってきた。いつもの場所に横たわり、平助の歓迎に「がうっ」と、怒るのもいつも通り。
 私はその勢いに気をよくして、好物の缶詰を上げてみたが、食欲はやはりない。
 それでも、夜、車椅子で散歩に出た。今はお腹の下にベルトをまわして、私が半分持ち上げるようにしないと歩けない、それでも、歩いた。

 そして、今朝。
 缶詰とドライフードを混ぜたものを、びすこはゆっくりきれいに平らげた。扇風機の風を送ってやると、気持ちよさそうに横たわる。
 そう、おうちが一番。
 去年、具合が悪くなったあんこも、自宅で死んだ。
 びすこも、死ぬときは、うちで見送ろう。そう、思った。

新刊小説本「てっぺんまでもうすぐ」が、全国書店およびアマゾンで販売中。ぜひぜひ読んでください!
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

bisuko

 
平助に続き、もかとびすこが下痢になり、病院に連れていく。
 若いもかは、注射1本で帰宅となったが、寝たきりで最近食が落ちてきたびすこは、脱水症状を懸念して点滴入院となった。
 いつもびすこが寝ている場所が、ぽっかり空間だ。
 もどってこい、びすこ。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

imee


 梅酢が上がってきて、ひと樽にしそをあくぬきして入れる。見事に美しい赤。
 今年は白梅干しと赤しそ梅干しを作るつもりだったが、このルビーのようにきれいな赤いしそ梅酢を見ていたら、もうひとつにもしそを漬け込みたくなった。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。