渡辺やよいの楽園

小説家であり漫画家の渡辺やよい。
小説とエッセイを書き、レディコミを描き、母であり、妻であり、社長でもある大忙しの著者の日常を描いた身辺雑記をお楽しみください。


テーマ:

musume



 昨日は、娘と上野動物園へ。
 上野動物園は祝日はただなのだ。しかし、祝日でただ、人の波が予想される。
 うちは家族全員早起きなので、というか、両親が遅くても4時半には起きているので、自然、子供たちもそれなりに早起きになってしまうようだ、で、こういう場所に出かけるときにたいてい開園前には到着してしまう。休日は人の出足が遅い、午前中にはおおかた見終わり、人出が出始める午後には帰宅してしまうというパターンがうちのやりかたである。
 娘は動物園よりも、その入場門の前にある、時代的な遊園地が気に入ったようで、開園と同時に飛び込み、一人で乗り物に乗り放題してご満悦である。
 暑くなってきた中、ひととおり園内をめぐっているうちに恐ろしいほどの人混みになってきたので、お昼過ぎには帰り支度する。ここで、少し後悔。
 車で来れば良かったかなぁ
 休日の都内の行楽地に車で行くと、渋滞にはばまれたり駐車場が見つからなかったりで時間が非常にロスするので、うちは電車の便がいいのでつい電車で出かけるのだが、子連れは行きはよいよい帰りは恐い。遊び疲れてぐったりした子供を連れての電車の岐路、座席に座れないと地獄を見る。その点、車は子供たちを放り込んで置けば、寝ようがさわごうが、かまわず帰宅できる。どっちもどっちか。
 あんのじょう、今回もめいっぱい遊んだ娘は歩く気力がなくなり、しゃがみこんで、
「だっこ、おんぶ」と、ねだる。
 体重20キロ近い娘を抱いて、よろよろ帰宅。
 それでも午後2時には、家に帰り着き、娘とごろごろしながら、母娘だいすきな大河ドラマ「新選組!」のDVDを見ているうちに、二人とも爆睡してしまう。
 平和なプライスレスな休日である。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

meiji



昨日は官能&ハードアクション小説家さん、漫画家さん、建築士さんと、明治神宮内のレストランでランチ。 そのうち3人は私を含めて子持ちお母さんである。
 バラエティに富んだメンツで、さぞソフィスケィトされた話題に花が咲いただろうとおもいきや、完全にバラエティ番組のオバチャンみたいな会話爆裂。
 神聖なる明治神宮内で、不謹慎発言が次々飛び交い、げらげら大笑いしっぱなし。特に私はエロトークばかりしてしまい、おかげで帰りにおみくじをひいたらいきなり「沈黙」と書いてあった。神様すみません。
 しかし、ここが原宿?と思うくらい閑静とした境内の、したたるような緑の中、思いきりバカ話して歩いていると、ほんとうに心が浄化されるような気がした。
 ここ半月、毎日のようにいろいろな方にお声をかけていただき、お会いしてお話させていただいて、閉じこもって仕事ばかりしていた自分が嘘みたいに解放されていく。
 今までつねに仕事をして忙しくないと自分がダメになると思いこんでいたが、そういう心理状態から少し脱出してきた。
 今日は、息子は小学校のクラブ活動で新宿御苑へ。
 私は娘と動物園へ行く。
 お弁当を作って。
 毎年、どんなに忙しくても連休は、完全休みにしてきたのだが多かれ少なかれ仕事をしていた、しかし今年は心置きなく?休み。
 何年ぶりだろう?
 やっぱり神様のくれたロングバケーションかもしれない。
 楽しもう。
 漫画原稿流出事件だの大腸ガンだの、人生は自分の意志ではどうにもならないことばかりだと、身を持って知ったこの2、3年。 震災や列車事故など起こるたび、やはりそうだと思う。
 自分で自分の人生を動かせるなんて考えるのはじつはおこがましいのだ、と、思う。 なるように生きるしかないのだ。
 楽しもう。

動物日記アニマルな日々も、どうぞ。
携帯で小説が読めます!
http://bcafe.qw.to/
 
告知です
『SOHOWORKネット春季交流会~川崎~』
日時: 2005年5月21日(土) 13:30~16:30
会場: 川崎パールホテル会議室
      神奈川県川崎市川崎区小川町16-9
      044-221-8080
     http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=4&ino=BA418087&pg=1&grp=cat02
     ―アクセス―
       JR東海道線「川崎駅」から徒歩6分

会費: 一般 2,500円 ライターズメイト 2,000円

託児: お子様1名につき1,000円(会議室隣の和室にて)

※楽しい二次会も用意しております。

 ◆ 第一部 講演の部

『家庭と仕事を両立させるノウハウ』

講師:渡辺やよい先生
http://watanabeyayoi.ameblo.jp/
http://www.kageki.net/
早稲田大学在学中に「花とゆめ」で漫画家デビュー。
その後、レディスコミックに移行し、「レディコミの女王」の異名をとる。
漫画だけでなく、小説・エッセイ・コラムなど幅広いジャンルで創作を続ける。
2002年、小説『そして俺は途方に暮れる』(双葉社)で新潮社の
第2回R-18文学賞読者賞を受賞。
著書は、漫画傑作集『夜ごと楽園で君と』(太田出版)、
エッセイ『悪妻愚母ノススメ』(インフォバーン)ほか。
最新刊に『車椅子のびすこ』(講談社)。

 ◆ 第二部 研修の部 

『最新在宅ワーク情報』
講師:笠松ゆみ、谷頭千澄

 ◆ 第三部 交流会 



AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

kabuto



 今年の連休は、10年ぶりくらいで仕事をしない。
 それはネガティブに言えば、不景気ということなのだが、もうそういうことはおいておいて、私はとても楽しみにしている。
 子供たちと遊ぼう。
 ずっとずっと「母ちゃんは忙しい、仕事、忙しい、仕事」を、お題目のように唱えてきた。
 息子はときどき「母ちゃんはちっとも遊んでくれない」と、不満をもらしていた。
 でも、今年は遊べる。
 はっと気がつくと、息子も7才。
 親と遊んでくれる時期なんか、もう、あとわずかだ。
 今、このときこそ、子供たちと遊ぶのだ。
 自分のやりたいことだけ、自分の生きる道だけきわめることができる独り身だったら、と、思うこともある。
 でも、この世には自分より大切な存在があると教えてくれたのは子供たちだ。幼い子供たちこそ、私自身よりいとおしい存在だ。そういう気持ちがこの世にはあると、教えてくれた子供たちに感謝する。
 正直、仕事のあせりがないわけではない。これからさきの自分のことを考えると、元来がねくらな私は、落ち込みそうになる。
 でも、こういうときこそ、「神様が与えてくれた休暇」と、思うのだ。
 連休中はとても天気が良さそうだ。
 楽しもう。
動物日記アニマルな日々も、どうぞ。
携帯で小説が読めます!
http://bcafe.qw.to/
 

告知です
『SOHOWORKネット春季交流会~川崎~』
日時: 2005年5月21日(土) 13:30~16:30
会場: 川崎パールホテル会議室
      神奈川県川崎市川崎区小川町16-9
      044-221-8080
     http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=4&ino=BA418087&pg=1&grp=cat02
     ―アクセス―
       JR東海道線「川崎駅」から徒歩6分

会費: 一般 2,500円 ライターズメイト 2,000円

託児: お子様1名につき1,000円(会議室隣の和室にて)

※楽しい二次会も用意しております。

 ◆ 第一部 講演の部

『家庭と仕事を両立させるノウハウ』

講師:渡辺やよい先生
http://watanabeyayoi.ameblo.jp/
http://www.kageki.net/
早稲田大学在学中に「花とゆめ」で漫画家デビュー。
その後、レディスコミックに移行し、「レディコミの女王」の異名をとる。
漫画だけでなく、小説・エッセイ・コラムなど幅広いジャンルで創作を続ける。
2002年、小説『そして俺は途方に暮れる』(双葉社)で新潮社の
第2回R-18文学賞読者賞を受賞。
著書は、漫画傑作集『夜ごと楽園で君と』(太田出版)、
エッセイ『悪妻愚母ノススメ』(インフォバーン)ほか。
最新刊に『車椅子のびすこ』(講談社)。

 ◆ 第二部 研修の部 

『最新在宅ワーク情報』
講師:笠松ゆみ、谷頭千澄

 ◆ 第三部 交流会 


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

tutuji



先週から今週、毎日違う人たちとお会いする。
 仕事がらみも多少あるが、そうではない知人たちが「会いましょう」と、声をかけてくれることが多い。なぜか、ここのところ重なる。
 ありがたい。
 そういう人たちと会い、よもやま話に花が咲くと、落ち込んでいた私の気持ちがふわっと解放され空気が通り、気持ちが軽くなる。
 そういう気持ちが続くと、自然に心も上昇し、そうなると、なぜか停滞していたことや根詰まっていた問題も解決方向へと進み始める。気持ちと状況はシンクロするのか。

 我が家の荒れ庭に、今年もつつじが花を咲かせた。
 まったく手入れをしていないのに、毎年律儀にきれいに満開させる。去年は、それにすら気がつかないままの日々だった。今は、ゆっくり花をながめる自分がいる。つつじたちは、私が気がつくまで、毎年静かに花を咲かせて、待っていてくれたようだ。
 心を開いていると、いつか、振り向いてくれる人もいる。
 そう、教えてくれるようだ。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

川



 いろいろ考えてしまう。
 一生物書きでないとアイディンティティが崩壊すると思っていたけれど、そうなのか。
自分の半生を省みて、必死でマンガを書いたり小説を書いたりしていたけれど、どれもつまらない仕事だ。しがみついてきたものがあまりにも小さくくだらなく意味のないものに思えて、なんだかとても落ち込む。 

 そういうとき、声をかけてくれる人たちがいる。
 「言葉には魂が宿っている、貧乏神は貧乏神を連れてくるから、取りあえず、笑え」
 「しょせん人間が1日にできることなどたいしたことではない、おおきいちいさいもなく、いかに自分が満足することをやっていけるかだけ」
 「なにもないひとからみたら「渡辺やよい」というだけでもスタートからちがっているのだ、うやらましいくらいだ」
 と。

 ありがとう。ありがとうございます。
 毎朝毎晩、自分に優しい言葉のじゅもんをかけてあげよう。
 「しあわせ、しあわせ、わたしは幸せ」
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

sakana


 今朝は、午前中から小学校のPTAの広報引き継ぎで学校にいかなければならない。
 引き継ぎマニュアルを制作しているうちに夜明けの仕事の時間は終わってしまう。
 10時からの集まりに、午前中は仕事はもう出来ないだろう、でも、それほどせっぱつまったものもない。
 小学校はつくづく専業主婦時間、と、思う。が、出来る人が出来ることをやればいい、と、思う。今の私にはそういう時間があるのだ。
 最近、仕事で忙しいとぼやくことは、実はぼやきではなく逆な気持ちであるのだ、と、気づく。
 一番したいことで忙しいことは、幸せである。

 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

sinsen



 去年、娘とはまった大河ドラマ「新選組!」のDVDやっときたー!! 去年アマゾンで予約して、発売日2月でやっと、先日届いた。娘は毎日「新選組まだ?新選組まだ?」と、念仏のようとなえていたのだ。
 これで娘と一緒に、藤原竜也沖田にかぶりついて見られるのだー
 しかし!
 娘はオープニングを一緒に歌うのと、藤原沖田が出てくるシーンしか見ないのである。
 まあ、しょせん筋がわかるべくもないのだが、他のシーンのときはよそで遊んでいて、わたしが
「沖田君でるよー」と、呼ぶと、あわててテレビの前に坐るのだ。
 新選組!のファンではなく、完全に藤原フリークである。

 今度、藤原竜也と石原さとみで、三浦友和・山口百恵の赤いシリーズ「赤い疑惑」がリメイクされる。娘がはまること請け合いである。で、同じ藤原フリークとしては、藤原くんにはテレビであまり露出してすり切れてしまうより、舞台に専念して欲しいのだけれどなぁ。
 藤原くんが、あと5年もがんばってくれていれば、わたしはそのうち娘と彼の舞台を見に行ける日が来るかもしれない。ただし、目移りしやすい幼児の娘がそれまでファンだった場合だなー。「ゾウの時間ネズミの時間」というが、幼児の1年と大人の1年では流れる速度がまるで違うのだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

tukusi


 

 昨日は新宿で、作家の方々とお会いしていろいろお話。
お二人ともいい意味でディープで個性が強く、わたしってものを書いている人間にしては本当にふつーに平凡でつまらない女だなぁ、と、ちょっと落ち込む。まあ、本人自身が面白くなくてもいいのかもしれないけれど、アピール度低すぎかもなぁ…… などと。
 ポール牧氏の自殺を報道するスポーツ新聞の見出しをちらちら見ながら帰途につく。「鬱病と仕事が減った落ち込み」わが身にリアルに来る。
 
 帰宅すると、息子がまだ学童から帰っていない。 
心配しながら待つが遅い。学童に電話すると、 「もう帰ったはずですが……ひょっとして今日のお誕生会の件で帰りにくいのかな」などと言う、なんだろう?と、思うが聞き流してしまう。 
夕方の犬の散歩と買い物の時間が押してくるので、居間のドアに「かいものにいってきます」と張り紙して家を出る。途中で何度も家に電話すると、やっと息子が出て、ほっとするも声に元気がない感じ。しかし、夕方の忙しさにまぎれて、大急ぎで帰宅して夕飯の支度、娘を保育園から引き取り、子供たちに先に夕飯を食べさせて一息ついて、子供の連絡帳を見ると、やっと、学童の先生の言ったことが理解行く。 

息子が、学童のお誕生会をボイコットしているという。 
先月もやりたくないといい、今月もどうしても出ないといいはり、ひとり別室にいたという。 
なんだろう。ご飯を食べてごろごろしている息子に問いただす。 息子はぶすっとして、
「だっておもしろくないだもん、クイズとか考えるのもめんどくさい」などという。
「でも、お前以外のみんなはやりたがっているんだってよ、みんなが楽しんでいるのに水をさすみたいな態度はやはりよくない」と、言うと、
「ケーキとか食わせるんだもん、ケーキがいやだというとアロエヨーグルトを食えとかいって、おれ、きらいなんだよ!」 
ちょっと分かってきた。 
わたしは甘いものが大好きなお菓子フリークだが、そんなわたしに似ず、息子はお菓子が嫌いだ。ケーキも嫌いだ。自分の誕生日にもスポンジやクリームのあるケーキは食べない。唯一、アップルパイは食べるので、誕生日には私がアップルパイを焼く。しかし、基本的に普段は家にいくらお菓子が山積みになっていても手を出さない。ご飯はなんでもよく食べるのだが、お菓子は嗜好に合わないようだ。別にお菓子なんか食べなくてもかまわないので、うちではあえて食べろなどとは言わないが、学童ではそうはいかないらしい。
学童のおやつは市販の駄菓子系のお菓子で、しかもけっこうな量が出る。息子は早く帰宅するときはおやつを持ち帰るが、それを見ると、息子の嗜好には合わないお菓子ばかりで、そこらにほってある。実は私の嗜好にも合わないお菓子が多くて、私も食べないのだ。
  これが苦痛らしい。
子供はお菓子が大好き、などというのは嘘で、嫌いな子は嫌いなのだ。 
皆がうまいうまいと食べるので、息子は仕方なく食べていたらしい。 しかし、誕生会でケーキを強要されるのはつらいようだ。 
保育園ではおやつはすべて給食の人が作る軽食系で、パンだのおにぎりだのスープだのも出て、息子は喜んで食べていたのだが、小学校ではそうもいかない。
そういえば、同じ保育園出のお嬢さんで、「学童のおやつはおいしくない」と、学童をやめてしまった子がいたのを思い出す。 
その人をいい気分にさせるはずの嗜好品が、人によっては苦痛だ。 例えば、私はたばこが苦手で、たばこが大好きな人にそれを吸えと強要されるのはたまらない。そのかわり私は、コーヒーと、チョコレートが大好きだが、嫌いな人にそれを毎日食べろと強要するのは地獄だろう。 
楽しい時間のはずのおやつが、息子には苦痛なのだ。
  無理に食べなくてもいいと思うのだが、皆が喜んでいるところにひとり拒否するというのもつらいものがあるはずだ。 
来週、学童の先生と話しにいってみよう。
 
息子は保育園の頃から、そこで起こったことをほとんど話さない。保護者会などで聞くと、男の子を持ったお母さんはそういう子が多いという。一から十まで報告する子もいるらしいが、うちではそういえば娘もあまり保育園での話はしない。 
それはわたしもそうだった。わたしの場合は、母親が恐ろしくて口もききたくないという理由があったが、自分の世界のことは、根ほり葉ほり聞かれたくなんかなかった。 
自分の世界の話は、親にはしないものだ。
 だから、ほんとうに、一緒に暮らしていても、親が子供のことをすべて把握して理解するなんてできるはずもないのだ。いってくれないとわからないことも多い。日々の忙しさで、見逃してしまうことも多い。問題が起きてからやっと知る、という、ことばかりだ。 それが親の監督不行届き、と、言われることも多い。 
でも、自分のことを全て親に把握されていることが、子供にとってうれしいことだろうか?
 わたしの母は自信満々で今でも言う、
「子供の頃から育ててきたんだ、お前のことは全て分かっている」と。 歳を食ったわたしは、今はもう苦笑するしかないが、子供の時はこんなことを言われて、怒りと屈辱と嫌悪で胸が煮えくり返った。 
せめて、息子に言う。
「いやなことがあったら、お母さんに話してよ」と。
 でも、なかなか言わないものだろうなぁ。この先も、自分の胸のうちにおさめて、一人で抱える問題も多いだろう。 
わたしは言えない、言わない、 「お前のことをすべて分かっている」などと。 
でも、 「力になれることもあるから、吐き出せるときは吐き出して」と、思う。 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

inu



春の花に囲まれる。

 この頃、いろいろな人と会う予定が入る。
 直接仕事関係ではないのだが、こういう縁がなにかに結びつくのかもしれない。
 というか、なんでも続くときは続くなあ。
 人と会うのは嫌いではない。
 一対一は、とてもリラックスする。
 私は大勢の人のいるところが非常に苦手なのだが、トイ面で話すことにはなんのてらいもない。
 ゆっくり話をするのが好きだ。
 ゆっくりその人を知っていくのが好きだ。
動物日記アニマルな日々も、どうぞ。
携帯で小説が読めます!
http://bcafe.qw.to/
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

sora


昨日は、いろいろ物事が停滞中で、いらいらしてお菓子をたらふくやけ食いしてしまう。ポテチとギンビスアスパラとブドウパン。
 これじゃ1000円にも満たない、安上がりな私。
 やけ食いしても、脂肪しかつきませんて。

 現状がしんどいなら、未来日記でもつけようか。
 本をもっと出したい。
 小説をもっと書きたい。
 そう、願えばかなうこともあるさと思って、自分に呪文をかけるしかない。
 いま宙に浮いている小説も日の目を見させてやりたい。
 だから、本が出た。
 小説が書けた。
 日の目を見た。
 すべて、現在形になるように。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。